運営者 Bitlet 姉妹サービス
264件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-05 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議-10月05日-05号 今後は、これまで木材がほとんど利用されていない都市部のマンションや商業施設など中高層建築等での需要が創出されることで国産材の需要拡大につながることが期待されております。  こうした中で、CLTはさまざまな樹種に対応できるメリットがある一方で、樹種ごとの特性を生かすという点ではまだ課題があります。 もっと読む
2018-09-14 東京都議会 2018-09-14 平成30年都市整備委員会 本文 そこで、もう一つ聞きたいんですけれども、地権者であっても、自営業者や一般民家、それから弱小地権者等々、ましてや賃貸者になると、超高層建築の再開発になると高額な管理費や修繕積立金などで、地域に住み続けられないという人が多いというのが、これまでの開発の中で見えてきた教訓だと思いますが、この地域では、この対策についてどのようになっているのでしょうか。 もっと読む
2018-06-26 長野県議会 平成30年 6月定例会本会議-06月26日-02号 CLTは、海外の動向を踏まえ、平成25年に建築基準が整備された新しい建築材料で、今まで国産材の利用が進んでいなかった都市部のマンションや商業施設など中高層建築等への活用が期待されております。  一方、CLT活用に向けては、現在、製品単価が高いことや、建築技術の普及、樹種では杉材のみの基準強度設定になっているなどの課題もあり、県内ではこれまで2施設で利用されたという状況でございます。 もっと読む
2018-06-12 石川県議会 平成30年 6月12日予算委員会-06月12日-01号 奥卯辰山健民公園の奥卯辰山のびのび交流館とんぼテラスでは、新たな建築資材や高層建築の構造材として期待されている、部長が今おっしゃいましたCLT――直交集成板が使われたところであります。近年、ホテル等の建築物の新設も非常に多いことからさらなる需要というものが期待されておりますが、本県の集成材やCLTの工場の現状、これがどうなっているのか、伺っておきたいと思います。 もっと読む
2017-11-28 東京都議会 2017-11-28 平成29年都市整備委員会 本文 ただでさえ周辺の超高層建築が急速に建設をされる中で、太陽の光が既に現在でも奪われているのに、さらにこのタワーマンションの建設によって、わずかに残った太陽の光が奪われるということは、これは大変重大な問題です。  先ほど日影の基準に合致していると、このようにいわれましたが、その基準はどのようにしてつくられたのかということは、多分、部長もご存じだと思います。 もっと読む
2017-09-29 滋賀県議会 平成29年 9月定例会議(第9号〜第14号)−09月29日-04号 そんな中で、南部を中心として高層建築が増加をし、消防ニーズに対応する高度な資機材の整備や、また専門的知識、技術を有する職員の配置、民間も含めて消防防災体制の強化が求められています。   もっと読む
2017-09-14 東京都議会 2017-09-14 平成29年都市整備委員会 本文 エレベーターの安全性向上や、天井等の落下防止対策、また、おめくりいただきまして、五五ページには建築物における液状化対策、超高層建築等における長周期地震動対策などについて記載してございます。  五五ページ下段をごらんください。第4節、避難場所、避難道路の指定について記載してございます。  おめくりいただきまして、五六ページをごらんください。第5節、復旧、復興対策の推進でございます。   もっと読む
2017-07-06 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成29年 第 3 回 定例会第 2 号 この議案は地方税法の一部が改正されたこと等に伴い、自動車取得税に係るエコカー減税の見直しを行うとともに、不動産取得税について、居住用超高層建築の税額算定方法の導入、及び保育の受け皿整備の促進のための措置に伴う課税標準の特例措置を拡充する等の必要があるため、条例を改正するものであります。   もっと読む
2017-07-06 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成29年 第 3 回 定例会第 2 号 この議案は地方税法の一部が改正されたこと等に伴い、自動車取得税に係るエコカー減税の見直しを行うとともに、不動産取得税について、居住用超高層建築の税額算定方法の導入、及び保育の受け皿整備の促進のための措置に伴う課税標準の特例措置を拡充する等の必要があるため、条例を改正するものであります。   もっと読む
2017-07-03 山口県議会 平成 29年 総務企画委員会-07月03日 議案第5号の山口県税賦課徴収条例の一部を改正する条例ということで、対象となる居住用超高層建築、タワーマンション。具体的にはどんな建物なんでしょうか。また、県内にこの対象があるのかどうか。 もっと読む
2017-06-26 愛媛県議会 平成29年総務企画国体委員会( 6月26日) 6ページから8ページにかけての第19条は、居住用超高層建築、いわゆるタワーマンションでございますけれども、に係る不動産取得税につきまして、区分所有者ごとの税額を算出する際に、実際の取引価格の傾向を踏まえて補正を行うものでございます。   もっと読む
2017-06-22 秋田県議会 平成29年 第1回定例会《6月議会》 総務企画委員会 第2日 今回の改正で居住用超高層建築の高い階は高く、低い階は安くなりますが、それは不動産取得税独自のものを出すということなのでしょうか。それとも固定資産税評価額からそのように変わっていくのでしょうか。 ○税務課長(伊東弘毅)  固定資産税についても同様の取り扱いとなります。 ○鈴木委員(分科員)(鈴木健太)  登録免許税、贈与税、相続税なども全部連動して変わっていくのですか。 もっと読む
2017-06-15 広島県議会 2017-06-15 平成29年農林水産委員会 本文 2 ◯答弁(林業課長) 県産材消費拡大支援事業の、高層建築等の木材設計の助成についてお答えします。この事業は、住宅以外の建築物について、広島県産材を積極的に使用し、木造で設計する場合に、その金額の一部を助成することにより、大規模建築物の木造、木質化を促進するという制度であります。 もっと読む
2017-06-15 茨城県議会 平成29年総務企画常任委員会  本文 開催日:2017.06.15 次に,居住用超高層建築,いわゆるタワーマンションの専有部分の取得に係る課税標準額の算定につきまして,取引価格の傾向を踏まえ,高層階ほど増額,低層階ほど減額するように見直すものでございます。  次に,(2)の自動車取得税についてでございます。 もっと読む
2017-06-06 栃木県議会 平成29年 6月県政経営委員会(平成29年度)-06月06日-01号 1の改正の趣旨ですが、地方税法の一部改正に伴い、居住用超高層建築、いわゆるタワーマンションの取得に係る不動産取得税の税額の算定方法を見直すこと等のため、所要の改正をしようとするものです。  対象となる居住用超高層建築とは、資料の米印に記載がありますように、高さが60メートルを超える建築物のうち、複数の階に住戸が所在しているものです。 もっと読む
2017-05-26 栃木県議会 平成29年度栃木県議会第344回通常会議−05月26日-01号 第3号議案は、地方税法の一部改正に伴い、居住用超高層建築の取得に係る不動産取得税の税額の算定方法を見直すこと等のため、栃木県県税条例の一部を改正するものであります。  第4号議案は、独立行政法人日本学生支援機構法の一部改正に伴い、栃木県高等学校等修学資金貸与条例の一部を改正するものであります。   もっと読む
2017-05-19 栃木県議会 平成29年 5月議会運営委員会(平成29年度)−05月19日-01号 第3号議案、栃木県県税条例でありますが、地方税法の一部改正に伴いまして、居住用超高層建築、高さ60メートルを超えるいわゆるタワーマンションでありますが、これに係る不動産取得税の税額の算定方法を見直すこと等のため、改正をしようとするものであります。  2ページをお願いいたします。   もっと読む
2017-03-15 北海道議会 平成29年第1回予算特別委員会第2分科会−03月15日-02号 これまでは、低層公共建築物での木造化が対象でしたが、高層建築での地域材の利用の可能性が格段に高まります。  道では、木造道営住宅の整備などを進めているということですが、今後、公共建築物における地域材の利用にどのように取り組んでいくのか、お伺いいたします。 ○(笠井龍司副委員長) 建設部建築企画監須田敏則君。 もっと読む
2017-03-14 東京都議会 2017-03-14 平成29年予算特別委員会(第2号) 本文 175 公立学校教育費における公費負担と私費負担の推移(過去3年間) 176 都内小・中学校及び都立高校、特別支援学校における図書購入費の推移(過去10年間) 177 都立及び区市町村立学校における児童・生徒からのLBGTに係る相談等の件数・内容 178 ゾーン30の整備地区の一覧(区部・市町村別) 179 主な消防力現有数の年度別推移(過去5年間) 180 特別区消防団分団本部施設の現況 181 高層建築 もっと読む
2017-03-07 岡山県議会 平成29年 2月定例会-03月07日−06号 「世界の木造最前線」というもので,これには何が書いてあるかというと,CLTで18階の高層建築ができているということ,CLTでですよ。こういう画期的な中身になっているんですが,きょうは午前中は県北の美作材のお話もありましたけれど,私はこのCLT,これはどちらかといえば真庭だと思っておりますが,県南から北のほうの応援をさせていただきたい,別に頼まれてはいませんけれど,そう思っているんです。   もっと読む