964件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

愛媛県議会 2019-06-18 令和元年第364回定例会(第3号 6月18日)

しかしながら、G20大阪サミットやその関係閣僚会合をめぐっては、我が国に対する国際テロの脅威が現実のものとなっている中での開催となるほか、会合には中国、韓国、ロシアなどの政府関係者が参加することから、領土問題歴史認識問題を捉え、これらの国を批判している団体等が抗議活動を活発化させることが懸念されます。  

北海道議会 2019-03-05 平成31年第4回北方領土対策特別委員会会議録-03月05日-01号

次に「「北方領土の日」における取組」では、大谷議長、本委員会から千葉委員長を初め、委員の皆様に御参加いただいた北方領土フェスティバルや根室管内住民大会、各振興局での街頭啓発やパネル展など、全道一斉に北方領土問題訴えたところでありまして、東京都で行われた北方領土返還要求全国大会には、池端副委員長に御参加いただいたところでございます。  

長野県議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会文教企業委員会-03月01日-01号

◎佐倉俊 参事兼教学指導課長 学校における領土問題の扱いについてのお尋ねかと思います。  今、御指摘いただきましたように、領土問題については、小・中学校社会科の授業高等学校では地理公民の授業歴史的な経緯も踏まえて教えているところでございます。このことについては、学習指導要領において教えることと定められております。

群馬県議会 2019-02-25 平成31年 第1回 定例会-02月25日-03号

このような各学校におけます領土に関する学習を通して、次代を担う子どもたちが歴史的事実や国際法に照らし合わせ、自ら深く領土問題を考えられるよう指導しているところであります。 ◆金子渡 議員 領土問題といいますと、とかくいろんな意見が出るところでありますけれども、この北方領土については違います。

北海道議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会-02月22日-04号

次に、ロシアとの領土問題についてです。  安倍首相は、日ロの領土問題について、日ソ共同宣言基礎として平和条約交渉を加速させるとし、知事も期待を表明していますが、これまでの政府の姿勢である四島返還にも反し、最大で歯舞、色丹の二島で決着、いや、二島返還もおぼつかないとの懸念が広がっています。  

北海道議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会−02月15日-目次

受け入れについて      ア 受け入れ見通しと体制整備について      イ 外国語対応について      ウ 雇用環境労働条件の維持向上について     (2) 消費税増税への対応について     (3) 道産食品輸出について     (4) 道立高等技術専門学院について    8.観光施策について     (1) IRについて     (2) バックカントリースキーについて    9.北方領土問題

北海道議会 2019-02-14 平成31年第3回北方領土対策特別委員会会議録-02月14日-01号

◆(田中委員) 若者を中心に、より理解を広げていかなければならない北方領土問題でございますが、現在、高校生は弁論大会、中学生は平成28年から作文コンテストが実施されております。  そこで、平成28年から実施されている中学生作文コンテストの3年間の応募状況について、まずお伺いいたします。 ○(千葉委員長) 北方領土対策課長中島竜雄君。

北海道議会 2019-02-06 平成31年第2回北方領土対策特別委員会会議録-02月06日-01号

「3.プログラム」にあるとおり、セミナーでは、道から領土問題の概要について説明を行った上で、元島民の語り部から、島での体験や領土返還の思いなどを講演していただくとともに、北海道博物館による四島との歴史文化交流に係る報告のほか、北海道国際交流・協力総合センターの客員研究員から、これまでの日ロ両国間交渉の解説を中心とした領土問題の現状について、講演いただいたところでございます。  

北海道議会 2018-12-10 平成30年第4回予算特別委員会第1分科会-12月10日-04号

安倍総理は、先月、シンガポールで行われた日ロ首脳会議の後、私とプーチン大統領のリーダーシップのもと、戦後、残されてきた懸案、平和条約交渉を仕上げていく決意だと述べられ、北方領土問題の早期解決に強い意欲を示されました。  また、今月1日には、アルゼンチンで、再度、首脳会議が行われ、北方領土問題を含む日ロ平和条約締結交渉を、外相をトップとする新たな枠組みで行うことが合意されました。  

栃木県議会 2018-12-05 平成30年度栃木県議会第353回通常会議-12月05日-04号

国と独立行政法人北方領土問題対策協会が中心となって、日本人と北方領土に在住するロシア人が交流する、パスポートもビザも不要である交流が平成4年から精力的に実施され、日本ロシアの相互理解に大きく役立っています。私は、ことしの7月、この交流に1週間参加して、国後島択捉島を訪問し、ロシアの方々と交流の場を持ってきました。

北海道議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会-12月04日-04号

初めに、ロシアとの領土問題に関し、まず、領土問題に対する知事の歴史認識についてです。  1855年、日魯通好条約で、択捉島国後島の南千島は日本領、得撫島から占守島までの北千島はロシア領とし、樺太については、両国間の境界を決めないとされました。  そして、1875年、千島樺太交換条約平和的な外交交渉によって、樺太全島をロシア領とするかわりに、北千島も日本領土としました。