6413件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

最近の児童生徒の落ちこぼれや、非行校内暴力が特に目立ち始めたこの数年、非行暴力は激化の一途をたどっております。総理府が昨年まとめた青少年白書によると、昭和五十五年の刑法犯少年補導は十五万九千二百四十人と戦後最高を記録、また校内暴力も前年比二九%増の千五百五十八件と急増しております。

熊本県議会 2045-06-12 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号

この目的がはっきり定まれば、目標を失って無気力になったり、あるいは非行に走ったりということがなくなってくるのではないかと思うのであります。  これが予防医学の大前提であろうと思うのであります。このことがあやふやですと、なぜ自分は勉学にいそしまなければならないのか、なぜ苦しい思いをして体を鍛練しなければならないのか、児童生徒にはさっぱりわからないのではないかと思うのであります。

福岡県議会 2019-06-30 令和元年6月定例会(第30日)〔資料〕

給与及び勤務条件の改善について   一 県立教育施設の充実について   一 学校週五日制の弾力的な実施について   一 生涯学習の充実について   一 保健体育スポーツの振興について   一 文化財保護について   一 私学振興について   一 青少年の健全育成について   一 学校地域社会における児童生徒の安全対策について  ◎ 警察委員会   一 暴力犯罪の取締りについて   一 少年非行防止及

石川県議会 2019-06-14 令和 元年 6月第 3回定例会-06月14日-03号

また、県教委ではネットトラブル未然防止指導資料としてDVDを作成しまして全公立中学校に配付しておりますほか、公立高校においては警察と連携し非行防止教室を開催をし、インターネットの適正利用を指導しているところでございます。加えて、保護者の理解と協力を得るため、家庭でのルールづくりの大切さを啓発するパンフレットを作成しまして、小中高校生の保護者全員に配付をしております。  

福岡県議会 2019-06-11 令和元年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-06-11

二の計画策定の目的についてですが、犯罪非行をした人が、社会において孤立することなく、再び社会を構成する一員となることを支援することによりまして、再犯を防止し、円滑に社会に復帰できるようにするとともに、こうした取組みを通じまして、誰もが安心して暮らせる社会の実現を目指すことを目的としております。  三の計画の位置付けについてでございます。

群馬県議会 2019-05-27 令和 元年 第2回 定例会-05月27日-04号

少年健全育成対策に係る現状でございますが、従前から青少年犯罪非行防止の観点からの取組を中心に行ってまいりました。今、議員からお話がありましたけれども、関係機関団体と連携した取組の結果、窃盗、暴行などの犯罪を犯す非行少年や、喫煙、深夜徘回などの不良行為少年ともに近年、本県におきましても全国的にも大幅な減少傾向にございます。

滋賀県議会 2019-05-24 令和 元年 5月24日土木交通・警察・企業常任委員会−05月24日-01号

◎寺師 少年課長  少年関係の非行防止について説明します。まず、平成30年中では、非行防止教室保育園、幼稚園小学校中学校、高校、その他で実施回数は437校で、延べ回数で448回実施しました。その中で、特に薬物乱用防止では、小学校が54校、55回、中学校は33校、33回、高校は14校、14回で、その他も含めまして平成30年では102校、104回、薬物乱用防止教室を実施をしました。  

福岡県議会 2019-05-02 令和元年5月臨時会(第2日)〔資料〕

給与及び勤務条件の改善について   一 県立教育施設の充実について   一 学校週五日制の弾力的な実施について   一 生涯学習の充実について   一 保健体育スポーツの振興について   一 文化財保護について   一 私学振興について   一 青少年の健全育成について   一 学校地域社会における児童生徒の安全対策について  ◎ 警察委員会   一 暴力犯罪の取締りについて   一 少年非行防止及

広島県議会 2019-05-01 令和元年5月臨時会[ 資料 ]

の経営状況調査の件 文 教 委 員 会  一 学校教育振興対策調査の件  二 生涯学習振興対策調査の件  三 文化財保護対策調査の件  四 学校体育振興対策調査の件  五 私立学校振興対策調査の件 警察・商工労働委員会  一 交通指導取締り及び交通安全施設整備対策調査の件  二 青少年非行防止及び各種犯罪の取締り対策調査の件  三 産業の振興対策調査の件  四 企業誘致及び観光振興対策調査の件

青森県議会 2019-03-13 平成31年環境厚生委員会 本文 開催日: 2019-03-13

里親には4つの類型がありまして、一定期間自分の家庭に迎え入れる「養育里親」、養育里親のうち虐待や非行などで専門的な援助を要する子どもを養育する「専門里親」、養子縁組により子どもの養親になることを希望する「養子縁組里親」、保護者死亡等により祖父母等の親族が子どもを養育する「親族里親」があります。  平成30年4月1日時点の本県の里親登録数は112世帯委託児童数は64人となっております。  

群馬県議会 2019-03-12 平成31年 第1回 定例会-03月12日-06号

次に、警察本部関係については、あおり運転対策について、非行未成年者について、「おぜのかみさま」の啓発について、児童虐待の対応について、運転免許証の写真の特例について、ラウンドアバウトについて、運転免許証の即日交付について。  これらの事項につきましても活発な議論が行われました。  以上申し上げて、委員長報告といたします。

東京都議会 2019-03-12 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号) 本文

特に昨今、虐待、非行など困難な事案が増加しております。それらに対応できる専門性と、そして保護者との関係なども考慮した施設等への広域的な入所調整ができる体制は不可欠でございますし、また、家庭復帰までの一貫した対応が求められるところでございます。  そこで、平成二十八年に児童福祉法が改正されました際、市と同様に特別区児童相談所を設置できるようになった旨のお話が今ございました。  

愛媛県議会 2019-03-08 平成31年スポーツ文教警察委員会( 3月 8日)

33番のスクールサポーター設置費は、少年非行防止及び立ち直り支援、学校における児童生徒の安全確保対策などを行うため、新居浜警察署、宇和島警察署及び警察本部に設置している4人のスクールサポーターの運用に要する経費でありまして、今年度と同額程度の1,016万2,000円を計上しております。  一番下の34番と次の669ページ、一番上の35番を御覧ください。  

愛媛県議会 2019-03-07 平成31年環境保健福祉委員会( 3月 7日)

5は、地方再犯防止推進計画の策定や国等と連携した地域の支援体制の構築など、犯罪非行をした人等の立ち直り支援による再犯防止に取り組むための経費でございます。  次に、消費生活センター費でございますが、これは、センターの維持管理に要する経費でございます。  次に、企画総務費でございますが、これは、県民生活課などの一般職員16人分の人件費でございます。  

鹿児島県議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年文教警察委員会 本文

次に、少年非行等についてであります。  七ページをごらんください。  刑法犯で検挙した少年は百五十三人で、罪種別では、万引き、オートバイ盗などの窃盗犯が全体の約七三%を占めております。  喫煙、深夜徘回等の不良行為補導された少年は千五百二十二人で、喫煙と深夜徘回での補導が全体の約八一%を占めております。  

千葉県議会 2019-03-05 平成31年_環境生活警察常任委員会(第1号) 本文 2019.03.05

少年ネット被害防止対策事業は、ネットいじめ、非行犯罪被害を防止するため、ネットパトロール等を実施するものです。  次に、169ページをお開きください。第14款第1項第1目文化会館運営費で、予算額は6億138万円でございます。これは県立文化会館4館の管理運営費等でございます。  次に、170ページをお開きください。