36560件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山県議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第23日・6月26日) 本文

総務省発表の労働力調査によると、三百八十四万人の約七割が正規と比べ賃金の低い不安定雇用の非正規労働者であることも見過ごすことはできません。  この数値から見えてくるものは、高齢者が年金だけでは暮らせずに生活不安から働いたり、学生が本来学業に専念したいのに学費やお小遣いを稼ぐために働いたり、正規になりたいのに不安定雇用で働いたりする人がふえたということです。

兵庫県議会 2019-06-25 令和元年 6月第344回定例会・速報版(第6日 6月25日)

若年者の非正規雇用の増大による所得の悪化、高齢者世帯の生活悪化を背景に、また単身世帯など、民間住宅では、なかなか入居が困難な方の住宅として、県営住宅の役割と必要性は、ますます高まっており、建替を契機に戸数を削減することは賛同できません。  以上、私の討論を終わります。 ○議長(長岡壯壽)  以上で、通告に基づく討論は終わりましたので、これをもって討論を終局いたします。  

愛知県議会 2019-06-25 令和元年経済労働委員会 名簿 開催日: 2019-06-25

企業次長、技術監、管理部長、水道部長、企業立地部長、関係各課長等 <付託案件等>  ○ 議  案    第93号   令和元年度愛知県用地造成事業会計補正予算(第1号)  (結 果)    全員一致をもって原案を可決すべきものと決した議案     第93号  ○ 閉会中継続調査申出案件   1 中小企業の振興、次世代産業の育成及び産業交流の促進について   2 労働者福祉の向上、職業能力開発の推進及び雇用対策

兵庫県議会 2019-06-24 令和元年建設常任委員会( 6月24日)

若年者の雇用の悪化や高齢者世帯の生活悪化を背景に、また単身世帯の増加など、民間住宅では入居困難な方の住宅として、県営住宅の役割と必要性はますます高まっており、建替を契機に減らすことについて反対である。 ○(北上あきひと委員)  第63号議案についてである。近隣の住民の皆さんからアスベストや粉塵等の被害について懸念の声が寄せられていると聞いているが、その対応策について聞きたい。

茨城県議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日: 2019-06-24

次に,審査の過程におきまして論議されました主な事項を申し上げますと,水戸浄水場のメガソーラー導入の経緯と費用,地域振興事業における格納庫の利用促進,霞ヶ浦導水の完成による渇水への影響,茨城県企業公社と茨城県開発公社の合併における相乗効果,県有財産処分による地元雇用の創出,国道354号土浦バイパスの整備状況と今後の見通し,常磐道におけるスマートインターチェンジ設置の検討,生活道路における安全の確保,幹線道路

石川県議会 2019-06-20 令和 元年 6月20日予算委員会−06月20日-01号

今後もこのことを一つの糧としてリスクを今以上恐れず、しっかりと取り組んでほしいと、こう思うわけでありますが、これまでに誘致した企業の数、そしてまたこれについては地域の雇用についてもかなり大きなインパクトを与えているんではないかなと、こう思うわけでありますので、先ほど企業の数と、それから雇用数、これわかったら教えていただきたいと思います。

富山県議会 2019-06-19 令和元年 産業建設常任委員会 会期中(第1日・6月19日)本文

喜久蔵 議員  ─────────────────────────────────── △説明のための出席者                  上下水道事業管理者 福 田   司             【産業観光部】                         部長 井 上 敏 秀                 副部長兼産業振興課長 粟生田 晃 一                     雇用支援課長

富山県議会 2019-06-19 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・6月19日)本文

91 福祉部参事兼介護保険課長 介護保険料につきましては、平成三十年度の滞納繰越分、これはあくまで決算見込みですが約二千八百万円の状況、その収納率向上に向けてに当たりましては、非常勤特別職として収納推進員を二名雇用して丁寧に対応しているといった状況がありますので、それについては今後も引き続き、介護保険料を納めていただくに当たっては丁寧に説明をさせていただいて

富山県議会 2019-06-19 令和元年 総務財政常任委員会 会期中(第1日・6月19日)本文

こちらが懸念材料としては上げられておりますが、一方で、こちらも国と同じなんですが、雇用情勢ですとか、あるいは所得環境の改善、こういったところが消費の持ち直しに影響を与えているというところもありまして、県のほうも、県内全体としては緩やかな回復傾向を維持していると示されております。  なお、その雇用に関係していえば、三月の有効求人倍率が一・三倍で、ほぼ前月と横ばいの数字となっています。

富山県議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第15日・6月18日) 本文

外国人英語指導助手、AET一人当たりの雇用する費用について、またJET、あるいはKETを招致して、AETを活用する場合の財政措置について御答弁をいただきました。  AET一人当たり雇用する費用、このJET、KETの場合ですけれども、報酬、渡航費、旅費、保険料を含めて約五百三十万円という御答弁でございました。

石川県議会 2019-06-18 令和 元年 6月第 3回定例会-06月18日-04号

昨年、行政の障害者雇用の水増しが発覚して以来、障害者雇用というと何人雇用したのかという法定雇用率の達成ばかりに目が向いており、本来、障害者雇用に求められる、障害の種別に関係なく障害のある方がやりがいと誇りを持って就労し、自立した生活を送ることができる、そんな多様な雇用のあり方をつくり上げていくという観点が忘れられているのではないか、そう思うときがございます。  

富山県議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第14日・6月17日) 本文

このまま消費税率引き上げが実施されれば、地域経済をさらに疲弊させ、中小企業や小規模事業者の経営を脅かし、雇用不安を招くなど国民生活への影響ははかりしれません。私たち日本共産党は、こうした消費税増税、今からでもきっぱりと中止をするべきだと考えております。

富山県議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

また、どのようなケースでスクールロイヤーを活用するのか、いつどのような形で相談活動を行うのか、雇用の形態をどうするのか等、しっかりとした制度をまず構築する必要がございます。教育の質を向上させ、子供たちが安心して学校生活を送れるように、また、教員の負担軽減のために今後必要となる制度であると考えますので、制度の導入に向けて検討してまいります。  以上でございます。   

富山県議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第10日・6月13日) 本文

主な事業所としましては、就労を希望する障害者に必要な訓練等を行う就労移行支援事業所、一般企業等で雇用されることが困難な障害者に働く場の提供や就労に必要な知識や能力の向上のための訓練を行う就労継続支援事業所、常に介護が必要な障害者に施設で主に昼間、入浴、排せつ、食事の介助や創作的活動、生産的活動の機会の提供を行う生活介護事業所などの通所施設がございます。  

石川県議会 2019-06-12 令和 元年 6月第 3回定例会−06月12日-02号

最初に、障害者雇用に関してお尋ねします。  かねてより行政側の障害者雇用の水増し問題が指摘され、昨年度、国も地方も障害者の職員募集が行われました。本県においても、単年度嘱託雇用とはいえ、年齢制限を設けず県職員として募集が行われ、一定の成果があったものと思われます。

東京都議会 2019-06-11 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第10号)(速報版) 本文

都では、正規雇用を目指すミドル層に対する就労支援の一つである東京しごと塾など、受講者の半数以上が新たに職につくという実績を上げた事業もあります。  今後は、こうした事業を拡充し、当事者の実情に寄り添いながら、福祉的なアプローチとも連携して、就労において困難を抱える方に向けた就労支援を行っていくべきと考えますが、知事の見解を伺います。  受動喫煙対策について伺います。