11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大分県議会 2012-06-26 平成24年 第2回定例会(6月)-06月26日−02号

◎直野清光生活環境部長 日米共同訓練のスケジュールがどうなっておるかということでございますが、六月十五日に陸上幕僚監部広報室から訓練の大要が、報告がありました。期間は八月中旬から八月の下旬、訓練場所は日出生台演習場、訓練規模等については不明でありますが、実施部隊は、日本側は、第四十一普通科連隊の一個中隊基幹、それから米軍側は、第三海兵師団戦闘攻撃大隊の一個中隊基幹というふうになっております。  

滋賀県議会 2009-09-28 平成21年 9月定例会(第30号〜第35号)−09月28日-03号

9月18日、陸上幕僚監部広報室は、中部方面隊第3師団第7普通科連隊と米陸軍第42歩兵師団第1−69歩兵大隊が、高島市の饗庭野演習場で10月9日から18日まで日米合同演習を行うと発表しました。今回の饗庭野での日米合同演習は、昨年12月に続き、1986年以来10回目のものとなります。  自衛隊の昨今における演習の内容は、海外派兵型とも言うべき側面を大きく持ってきていることです。

新潟県議会 2006-10-03 平成18年  9月定例会 本会議-10月03日−一般質問−05号

次に、日米共同訓練の関係でございますが、陸上幕僚監部広報室から平成18年度米陸軍との実動訓練の概要につきまして、9月の半ばに私どもが報告受けております。その中には、アメリカ合衆国側につきましては、在日米軍オレゴン陸軍州兵第41歩兵旅団約240名ということで報告を受けております。  以上です。    

北海道議会 2004-03-05 平成16年第1回定例会−03月05日-04号

まず、イラクへ派遣された自衛隊員家族等に対する情報提供についてでございますが、イラクの情勢や派遣されている自衛隊員の活動状況などにつきましては、連日、報道機関に対しまして陸上幕僚監部広報室による情報提供が行われております。  このほか、派遣された隊員の属する主要な駐屯地ごとにテレビ電話設備を備え、留守家族と派遣された隊員との直接の連絡がとれる体制が整備されているところでございます。  

和歌山県議会 1995-02-01 平成7年2月 和歌山県議会定例会会議録 第2号(全文)

自衛隊陸上幕僚監部による「大震災地誌」は、昨年九月、ご指摘のように本県へも配付されてきているところでございます。これは京阪神地域を対象としたものでございまして、関係地方団体防災計画や地震研究資料を基本に、災害発生時に自衛隊災害派遣等を行う際の準備資料として作成されたものと聞いております。

滋賀県議会 1988-10-03 昭和63年 9月定例会(第18号~第22号)-10月03日-02号

7月22日付毎日新聞によりますと、防衛庁陸上幕僚監部は、21印饗庭野演習場と今津駐屯地で11月中旬から12月上旬までの約2週間、日米共同実動訓練を行うと発表しました。同新聞によりますと、陸上自衛隊から中部方面隊第3師団の2個普通科中隊基幹約500人と、沖縄に駐留する米海兵隊から第3海兵師団の1個歩兵大隊基幹約500人が参加し、攻撃を主体とした訓練を行うとあります。  

  • 1