116件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2020-08-19 令和 2年文教常任委員会( 8月19日)

しかしながら、阪神阪神北については適地が難しく、スムーズに流れていないかもしれない。今後とも状況を伝え、連携を図りながら、協力・支援をお願いする。  ② 進路状況について、今年度は特に新型コロナの影響で全体が遅れている。5月頃に全県の特別支援学校の今年度版進路指導計画を改めて作成し、学校に提示した。

兵庫県議会 2020-08-19 令和 2年農政環境常任委員会( 8月19日)

楽農生活室長有方千裕)  ① 地域別で見ると、阪神地域で一番実績が伸び悩んでいる。原因は、身近な生産地がないことであると分析している。こうした地域では、指摘のとおり、地域県内の課題として広く捉えながら流通させることも検討したい。 ○(岸口みのる委員)  ① 目標設定値の根拠は何か。

兵庫県議会 2020-02-13 令和 2年総務常任委員会( 2月13日)

次に、阪神県民センター阪神北県民局統合方針についてである。パブリックコメント実施結果において、健康福祉事務所区分に、感染症に対する意見がある。健康福祉事務所で窓口対応していることは承知している。統廃合に関しては、危機管理も含めての結論だと思うが、その時とは状況が違う部分も出てきている。

兵庫県議会 2015-12-16 平成27年総務常任委員会(12月16日)

(主      な      発      言) ○(谷井いさお委員)  ① 西宮市甲子園浜にある阪神広域防災拠点については、仮に津波が到来した場合に本当に機能するのかという声を聞くこともあるが、対策はどのように講じられているのかお聞かせ願いたい。  ② 先日の一般質問において、松田議員が県警の救助活動等に係るドローンの活用について質問したが、防災機関としての活用をどのように認識しているのか。

兵庫県議会 2015-12-08 平成27年12月第329回定例会(第4日12月 8日)

例えば、ものづくり企業に対する積極的な支援としては、平成19年度から阪神県民センター阪神リーディングテクノロジー実用化支援事業として支援している例があります。このような事業県下の各県民センター県民局でももっと積極的に地域に隠れている特許や技術を掘り起こし、地域中小企業活性化に役立てる事業実施をすることを提案いたします。  

兵庫県議会 2015-12-07 平成27年12月第329回定例会(第3日12月 7日)

しかし、圏域ごとに見た場合、全国平均を上回っているのは神戸圏域阪神圏域のみであり、その他の8地域全国平均を下回っています。中でも西播磨圏域は、人口10万人当たりで見たときに、全圏域で最も医師数が少なくなっており、多くの方が中播磨地域への通院や入院を余儀なくされているところであります。  

兵庫県議会 2015-10-30 平成27年建設常任委員会(10月30日)

○(上田良介委員)  阪神地域が47.9%、全県平均では35.6%に対して、私の地元但馬地域は4.3%であり、余りの低さに驚いているが、部長はこれをどう感じているのか。 ○県土整備部長(田中 稔)  この指標は毎年出しているが但馬地域は常に低い。このため、現在、県として北近畿豊岡自動車道山陰近畿自動車道整備促進に取り組んでおり、但馬の率が他地域に劣らないように努めていきたいと考えている。

兵庫県議会 2015-10-30 平成27年健康福祉常任委員会(10月30日)

○(しの木和良委員)  阪神地域高度医療機関が充実しているが、阪神北地域にはいざという時に、ドクターヘリが必要と言う方もいる。防災ヘリドクターヘリとしての運用で県下全域をカバーしていることを記載していただきたい。 ○医務課長松原昭雄)  防災ヘリ3機で運用しているので、2重線で囲むなど、記載方法を変更したい。 ○(高橋みつひろ委員)  医師派遣等推進事業実施についてお伺いする。

兵庫県議会 2015-10-06 平成27年 9月第328回定例会(第5日10月 6日)

例えば、私の地元阪神圏域は、県下でも特に特養ホームなどが不足し、2025年の高齢者人口も増加の見込みです。にもかかわらず、慢性期病床は、現行から約15%ないし30%も減らすべきという推計になっています。病院にも介護施設にも入れず、行き場を失う高齢者が大量に出てくるのではないでしょうか。

兵庫県議会 2015-10-05 平成27年 9月第328回定例会(第4日10月 5日)

そういった中、昨年4月には、政令市、中核市を所管する神戸阪神播磨の3県民局総合事務所機能を維持しつつ、大胆なスリム化を図るとのことで、県民センターに改組されました。  13年間続きました10県民局体制から7県民局・3県民センターに再編をされましてから2年目を迎えております。

兵庫県議会 2015-10-01 平成27年 9月第328回定例会(第2日10月 1日)

これら指標を先ほどの兵庫県の各地域で見てみると、2040年介護ベッド準備率は、東播磨圏域マイナス83%、阪神圏域中播磨圏域マイナス58%など、どの地域マイナスとなっており、準備をしなければならないという状況になっております。  私は、これらの指標は非常に参考になると考えておりますが、兵庫県においても将来的な医療介護における需要と供給を分析して施策を講じていると考えます。  

兵庫県議会 2015-07-16 平成27年総務常任委員会( 7月16日)

阪神の主な検討例として、地域企業と一体となった若者・子育て世代定着支援も掲げている一方で、例えばワーク・ライフ・バランスのような部分も含めて、「育メン」に関連する施策も必要だと思うが、そのあたりの検討はされたのか。 ○地域創生課長橋本正人)  委員指摘のとおり、第2子以降の出産については、夫が協力してくれるかどうかがネックになっている。

兵庫県議会 2015-03-10 平成27年度予算特別委員会(第8日 3月10日)

この道路の用地補償交渉が行われて、平成23年2月14日付の阪神県民局長名で、土地公に出した先行取得依頼では、用地取得1.7ヘクタール、それから区分地条件用地0.18ヘクタール、合わせて1.9ヘクタールとなっている。そして20本の土地売買契約書、それから18本の物件移転補償契約書を交わしている。三菱との契約書は、平成23年3月3日付である。菱彩テクニカとは、平成23年6月2日付である。

兵庫県議会 2015-03-06 平成27年度予算特別委員会(第6日 3月 6日)

阪神県民センター管内西宮市では、もてなしの仕組みづくりを強化し、集客力の向上とまちにぎわいづくりを進めるため、2011年に西宮まちたび博プレみやを開催し、翌年から西宮まちたび博を本格実施している。一過性ではなく、今年度は2014年10月から2015年3月までの6ヵ月、市内全域で延べ160回のプログラムを実施している。

兵庫県議会 2015-03-05 平成27年度予算特別委員会(第5日 3月 5日)

私の地域阪神地域では、高齢者1,000人当たりのベットの数が12.9床と県内でも最も少ないところであるが、来年度からの老人福祉計画案でも計画的に増床を図っていくとなっているが、全体的にも不足は明らかである。  そこで、お尋ねするが、報酬引き下げにより、特養ホームなど施設整備にブレーキがかからないのかどうか、かからないようにする対策はどう考えているのか、そこをお聞かせいただきたい。

兵庫県議会 2015-03-04 平成27年度予算特別委員会(第4日 3月 4日)

そのため、余計開門率との問題もあり、阪神北地域、あるいは阪神地区でもそちらの方に流れていく。こういう現象が起こっているということになる。  ちなみに中退者も、私学公立中退者を合わせると約2,000人。県外に出ていってる差も約2,000人、計県民子供たちとして4,000人が県内公立私学に行っていないというふうに数学的な話としてはなり得る。