6368件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2021-03-24 令和 3年 2月第353回定例会(第10日 3月24日)

兵庫県庁に初めて勤務したのは平成10年4月、阪神淡路大震災から3年を経て、創造的復興に向けて歩みを進めているさなかでした。貝原知事、そして県政を継承された井戸知事のリーダーシップのもとで、生活復興産業復興に取り組むと同時に、厳しい財政状況下にあっても新たな施策に果敢に取り組んでいくための行財政構造改革推進方策の立案など、重要な仕事に携わり、貴重な経験をすることができました。  

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年農政環境常任委員会( 3月22日)

委員    丸  尾     牧    委員     岸  口  み の る       委員    上  野  英  一    委員     奥  谷  謙  一       委員    戸 井 田  ゆうすけ    委員     中  田  慎  也 会議概要  開   会(午前9時29分) ○(1 付託議案審査)  (1)令和3年度関係    第24号議案  使用料及び手数料徴収条例及び阪神

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年建設常任委員会( 3月22日)

委員    水  田  裕 一 郎    委員     坪  井  謙  治       委員    向  山  好  一    委員     内  藤  兵  衛       委員    北  浜  み ど り    委員     松  田  一  成 会議概要  開   会(午前9時28分) ○(1 付託議案審査)  (1)令和3年度関係    第24号議案 使用料及び手数料徴収条例及び阪神

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年健康福祉常任委員会( 3月22日)

委員    長  瀬  た け し    委員     門     隆  志       委員    き  だ     結    委員     岡     つ よ し       委員    石  川  憲  幸    委員     岸  本  かずなお 会議概要  開   会(午前9時30分) ○(1 付託議案審査)  (1)令和3年度関係    第24号議案 使用料及び手数料徴収条例及び阪神

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年総務常任委員会( 3月22日)

徳  安  淳  子        委員   い そ み  恵  子    委員     谷  井  い さ お        委員   大  谷  かんすけ    委員     吉  岡  た け し        委員   藤  田  孝  夫 会議概要  開   会(午前9時30分) ○(1 付託議案審査)  (1) 令和3年度関係    第 24号議案  使用料及び手数料徴収条例及び阪神

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年 2月第353回定例会(第9日 3月22日)

次に、第24号議案使用料及び手数料徴収条例及び阪神淡路大震災記念人防災未来センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」についてです。  本議案には、コンパクトシティ構想に基づく条例改正が含まれています。コンパクトシティ構想のもと、誘導地区を定め、病院や店舗などの日常生活に必要な施設を建設する際に容積率用途制限の緩和を可能にするものです。

兵庫県議会 2021-03-17 令和 3年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月17日)

阪神淡路大震災経験し、成熟社会課題にいち早く対応してきたのは兵庫である。ポストコロナ社会でも兵庫が先導的な役割を果たせるよう、その道筋を新たなビジョンの策定などを通じて示していきたいと考えている。よろしくお願いする。 ○(北上あきひと委員)  知事から、将来のひょうご像、目指すひょうご像についてご答弁をいただいた。阪神淡路大震災経験ということがある。

東京都議会 2021-03-11 2021-03-11 令和3年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文

255 ◯小磯委員 阪神淡路大震災では、建物等倒壊によりアスベストが飛散し、一カ月程度復旧作業に携わった方が、アスベスト関連疾患である中皮腫を発症して労災認定を受けました。短い期間であっても、大量にアスベストを吸引すると健康被害が発生をしているわけであります。  

岡山県議会 2021-03-11 03月11日-08号

初当選以来,先輩議員に,「蜂谷君,阪神淡路大震災で大切な人でも亡くなったのか」と言われながら,そうではないけれど,助かる命があるならば助けたいという信念に基づき,防災対策基本条例の制定や防災ヘリコプターの導入などの防災対策質問を重ね,その実現を果たしていましたが,正直なところ,当時,津波によるここまでの被害想定は私の頭の中には全くありませんでした。 

兵庫県議会 2021-03-10 令和 3年度予算特別委員会・速報版(第6日 3月10日)

私も阪神淡路大震災に遭ったが、毎年のように豪雨や台風、地震などによる大きな自然災害が各地で発生し、甚大な被害による復旧復興まで長期にわたる不自由な生活を送る実態がある。  建設業は、災害時では迅速な復旧復興の最前線で活躍する地域守り手であり、安全・安心の担い手として、また、ふだんは、住民生活の向上や地域経済の発展を支える地域インフラの整備・維持にと、重要で不可欠な役割を担っている。  

兵庫県議会 2021-03-09 令和 3年度予算特別委員会・速報版(第5日 3月 9日)

例えば一つの社会権規約では、阪神淡路大震災の後、日本審査された。私たち神戸阪神間の被災者避難所仮設住宅でしっかりとプライバシーや衛生面などが守られているか、そういったところまで居住の権利は守られているかということが審査された。その結果、日本政府にまだまだ不十分だという勧告も行われている。そういった身近な人権のことを国連人権機関は審議をされている。  

鹿児島県議会 2021-03-05 2021-03-05 令和3年第1回定例会(第7日目) 本文

阪神淡路大震災教訓を踏まえ、災害時に地域で活躍できる人材育成が目的でありますが、極めて大きな災害が続発していることを考えると、防災士の確保は極めて重要かと考えます。  防災士の人数が今年一月現在、全国で二十万三千七百四十二人となっておりますが、本県は千五百二十七人となっております。