23825件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-22 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号

トラック運転者の労務管理について行政指導の徹底を図ること、またシートベルト着用励行者に対する表彰体制について、さらに自動二輪車の運転免許取得に係る年齢制限の引き上げについてなどの要望が出されたほか、熊本の空の玄関道と言われている熊本空港線の修景美化を図り、自転車道及び歩道を設置することについて、また、車からたばこや空きかんなどを投げ捨てるいわゆる不法投棄に対する取り締まりを十分に実施することなど、道路環境

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

企業局では、いままで確かに有料道路工業用水をつくって赤字を出してきました。その関係で、知事もまた赤字になるのではないかという不安感があると思います。しかし、いままでの調査結果から見ても、地熱発電所の場合、失敗は少ない事業だと思います。すでにアメリカイタリアニュージーランド等で商業地熱発電としてりっぱに成功しています。

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

用地交渉の難航が原因であるとするならば、高速道路のように県が用地交渉に対応するといった強力な推進体制はとれないものか。土木部長の御所見をお伺いいたします。   〔土木部長梅野倫之君登壇〕 ◎土木部長(梅野倫之君) お答えいたします。  熊本平野総合開発の促進、特に加勢川の排水対策でございますが、加勢川昭和四十三年から河川改修に取り組んでおります。現在まで約五十四億円を投資しております。

福岡県議会 2019-07-08 令和元年 農林水産委員会 本文 開催日: 2019-07-08

七月の豪雨災害により一部アクセス道路が長期にわたり不通となり、利用者数は前年度より減少していましたが、イベントは提案どおり実施をされ、施設の利用促進とサービス向上に努めていました。点検結果につきましては、以上の内容を総合的に判断した結果、おおむね提案内容どおりの管理運営がなされていたことから、評価をBとしています。  九ページをお願いいたします。次に、福岡県立夜須高原記念の森です。

福岡県議会 2019-07-05 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-05

288 ◯一色教育義務教育課長 平成二十四年の四月、五月に、京都府亀岡市千葉県館山市、愛知県岡崎市及び小牧市において連続して発生した登校中の事故を受け、保護者道路管理者、地元警察署と合同で、全ての公立小学校の通学路の安全点検を行うよう市町村教育委員会に依頼し、通学路の変更等、教育委員会が行う対策平成二十七年度までに終了しているところでございます。

福岡県議会 2019-07-03 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-03

二項道路橋りょう費でございます。その主なものといたしましては、三百四ページの三目道路新設改良費の右側説明欄の一番下、道路改良費でございます。これは道路の改良等を行うものでございます。合計は、三百七ページになりますが、六百五十三億八千四百万円余をお願いしております。  続きまして、三項河川海岸費でございます。

滋賀県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−07月02日-07号

(近江八幡竜王線)         223 補助道路整備事業(山東一色線)         224 補助道路整備事業(大津守山近江八幡線)         225 補助道路整備事業(伊香立浜大津線)         226 補助道路整備事業(小佐治甲南線)         227 補助道路整備事業(赤野井守山線)         228 補助道路整備事業(日野徳原線)         229 補助道路整備事業

福岡県議会 2019-06-30 令和元年6月定例会(第30日)〔資料〕

四、付議事件    1 福岡空港北九州空港との一体的運用と機能強化に関する諸調査    2 北九州下関道路その他経済産業等の基盤となる高速交通網等の整備に関する諸調査    3 公共交通等、県民生活の基盤となる移動手段の確保等に関する諸調査 五、期  間    付議事件の調査終了までとする。

福岡県議会 2019-06-30 令和元年6月定例会(第30日) 本文

公共事業については、小石原川ダム開発や工業団地開発を引き続き推進する予算が計上され、必要性、採算性が明確でない下関北九州道路にほぼ例年どおりの調査費を計上しています。一方で、災害関連や国の国土強靱化緊急対策関連の事業を除くと、おくれている河川整備や土砂対策の県単独の予算は例年並みで、計画自体進んでいません。不要不急の開発よりも、緊急度の高い生活密着型、防災公共事業の優先的推進を強く求めます。  

福岡県議会 2019-06-28 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-06-28

国におきましては、自動運転の実用化を見据えて、道路交通に関する条約でありますジュネーブ条約国際的な議論が行われておりまして、並行して国内法制度の見直しの検討が進められております。本年五月二十八日には、自動運転中の運転者の義務に関して、一定の条件下において携帯電話使用禁止の規定を除外する道路交通法の一部を改正する法律成立いたしております。

鹿児島県議会 2019-06-28 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7日目) 本文

警察本部関係では、通学路等の交通安全対策に関し、平成二十四年の京都府交通事故後に行われた緊急合同点検での具体的な取り組み内容と、今回の滋賀県交通事故を踏まえた取り組みについて質問があり、「緊急合同点検では、信号機及び横断歩道の新設や移設、道路標示の摩耗の補修、速度規制の変更、信号秒数の見直し、交通指導取り締まり及び街頭監視活動の強化を行い、平成三十年三月までに、県警察として対応すべき三百二十九カ

滋賀県議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日土木交通・警察・企業常任委員会-06月27日-01号

2 議第138号 滋賀県道路法に基づく県道の構造に関する技術基準を定める条例の一部を改正する条例案について (1)当局説明  中辻道路課長 (2)質疑、意見等 ◆大橋通伸 委員  今、説明いただいた最後のペーパーの2枚の写真ですが、これはどこの写真ですか。 ◎中辻 道路課長  県内ではなく県外です。 ◆大橋通伸 委員  実現可能性調査は、これから始めるのですか。

滋賀県議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日教育・文化スポーツ常任委員会−06月26日-01号

◆九里学 委員  関連して、この地は、きのう佐藤議員が言っていた、非常に大変な事故があった道路の前で、我々も何回も施設に行かせていただいて、駐車場を前の商業施設なりにお借りすると、道をぐるっと回らなくてはいけないのです。この条例案にどうこうではないけれど、まさにあの地は県民が交通安全を非常に注視している場所でもあります。

滋賀県議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日土木交通・警察・企業常任委員会−06月26日-01号

5年間で500基を削減する目標がどういうものか、警察庁からの通知を見せてもらうと、住民の皆さんや地域自治体道路管理者からの要望があることが信号機設置の前提条件になっていますが、住民の皆さんが要望したものが、削減するときには、そういった声を聞かずに削減、撤去されてしまうことは、あってはならない気がします。