15975件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月15日-05号

ただ、いままで申し上げたように、干拓地特有経営的な経過内容を十分御賢察いただき、農業経営維持し、希望をつなげるよう資金対策について今後さらに特段の御配慮をお願いする次第でございます。 続いて、干拓地排水対策について質問をいたします。 御承知のように、背後地流域開発が進み、干拓地への雨水の流入量の増加によって、干拓地周辺排水能力は減退し、排水条件はますます悪化している現状にあります。

熊本県議会 2045-06-01 06月11日-02号

私自身、農業として、また土地改良区の責任者をしておりますだけに、痛いほどその気持ちはわかるのでございます。国、県の指導により基盤整備に取り組み、水田利用再編対策に取り組んでこられた農家後継者は、豊かで開けゆく熊本平野の将来を見詰めながら精いっぱいの努力を続けており、積極的に手を差し伸べてやることがわれわれに課せられた大きな使命であり責任でもございます。 

大分県議会 2021-03-26 03月26日-09号

国による輸入促進TPP11発動によっても多くの農業農業をやめてしまっているのが実態です。 さらに、県として輸出促進をうたっていますが、県農業を支える規模にはなり得ないのは明らかです。種子法の廃止や種苗法の改定によって多国籍バイオアグリ企業へ市場を明け渡し、小規模農業の離農が今後促進される危険性があります。TPP11やアメリカとの二国間協議等によって県農林水産業に大きな打撃を与えています。

滋賀県議会 2021-03-19 令和 3年 2月定例会議(第24号〜第32号)−03月19日-09号

ネットゼロを実現できるのか、到達点を見据え、根拠を持って政策立案されたい、土木交通・警察・企業分科会では、留守番電話を活用した特殊詐欺被害防止について、固定電話による特殊詐欺被害が6割占める中、留守番電話機能を活用した新たな事業によって、より効果的な被害防止に取り組まれたい、環境・農水分科会では、農業技術振興センター試験研究調査指導費について、国や民間企業等と連携した研究に力を入れ、研究成果については農業

愛媛県議会 2021-03-19 令和 3年第373回定例会(第8号 3月19日)

このような中、県独自の取組として、国の支援対象とならない50歳代のシニアを認定農業育成するため、新たに研修経費等を助成するとともに、県外からの就農相談件数が前年比2.5倍に増加していることから、オンライン相談に加え、コロナの収束を見据え、現地での農業体験受入れ準備を進めている。  

滋賀県議会 2021-03-17 令和 3年予算特別委員会−03月17日-06号

次に、農政水産部所管予算では、獣害対策推進プロジェクト事業費について、野生獣による農作物被害対策としては、集落における獣害対策のリーダーの育成が重要であり、その育成においては、有識者の意見等も取り入れて進めていただきたい、農業技術振興センター試験研究調査指導費について、国や民間企業等と連携した研究に力を入れ、研究成果については、農業所得向上につながるよう、しっかりと戦略を立てて進めていただきたい

岡山県議会 2021-03-11 03月11日-08号

次に,普及指導員についてでありますが,都道府県は,農業改良助長法に基づき,普及指導員を置き,農業の高度かつ多様なニーズや地域課題へ効果的に対応できるよう必要な人員を確保すること,また,その活動の体制や成果について,外部委員による評価を実施し,その結果を次年度以降の活動に生かすこととされております。 

大分県議会 2021-03-10 03月10日-07号

さらに、稲作農家が不慣れな園芸品目に取り組む場合の技術支援として、ベテラン農業技術を習得する研修制度を設けます。 こうした取組を進めるにあたり、営農指導をしっかり行っていく必要がありますが、これについては本来は農協の業務であることから、その役割を早期に発揮するようにぜひ指導していきたいと思っています。 

東京都議会 2021-03-09 2021-03-09 令和3年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文

176 ◯三宅委員 東京の農業が継続的に発展し、農地維持につなげていくためには、その担い手である農業役割も重要です。  しかし、都内の状況を見ると、農家数はこの十年でおよそ二割減少するなど、担い手不足は深刻であり、さらに、農業の半数以上が六十五歳を超えるなど、高齢化も進展しています。  

熊本県議会 2021-03-09 03月09日-06号

このような状況においては、新型コロナウイルス感染症影響が長期化する可能性も考慮し、農業の方々が、その中で生き抜いていくための知恵や工夫、リスクへの備えが必要になってくると考えます。 そこで、今後の県内農業経営安定を図るため、ウィズコロナを見据えた今後の農産物販売戦略リスク管理について、県としてどのように捉えており、どう取組を進めていくのか、農林水産部長にお尋ねをいたします。  

茨城県議会 2021-03-09 令和3年第1回定例会(第6号) 本文 開催日: 2021-03-09

本県は、農業産出額全国第3位の農業県でありながら、販売農家1戸当たり生産農業所得は11位にとどまっており、収益性向上と投資による事業発展の追求という農業成長産業化に必要な取り組みが県内農業に十分浸透していない結果、後継者確保にも不足を来していると受けとめております。  

愛媛県議会 2021-03-08 令和 3年第373回定例会(第6号 3月 8日)

農地の保全と生産基盤の充実に向け、農地の集約・集積化に取り組むとともに、担い手確保育成を図るため、認定農業などの中核的経営体育成を進めるほか、県農林水産研究所では、新たな需要の創出に向けた優良新品種の研究開発を進めており、最近では、良食味高温耐性に優れた本県オリジナルブランド米ひめの凜が大変好評だと聞いております。  

奈良県議会 2021-03-08 03月08日-05号

県としても、昨年のトビイロウンカの被害を受け、農業の集まる場での農業共済制度情報提供や、市町村に対しての農業への周知依頼などを行ってまいりました。4月には令和3年産の米の共済制度加入受付が始まりますので、実施主体である奈良県農業共済組合市町村関係団体等と連携し、一層の加入促進に努めてまいります。 ご質問ありがとうございました。 ○副議長(乾浩之) 松本県土マネジメント部長

岡山県議会 2021-03-05 03月05日-05号

河川には,ダム,排水機場,水門,井堰など多くの施設や農業などの関係者も多く存在します。全体調整が大変重要になってきますが,現在の協議会での成果と今後の取組について土木部長にお伺いします。 改修工事が終わった後には,維持管理が重要となります。予算の制約がある中でしっかりと管理していくことは大変だと思います。