182件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月11日-02号

お尋ねの中にもございましたように、わが国経済を取り巻く環境は非常に厳しいものがあり、中でも石油化学工業界におきましては、昭和五十五年度以降、内需の低迷に加え、原料価格の高騰、輸入製品増加等の悪条件が重なりましたため減収減益を招き、昭和五十六年度におきましては多くの企業が赤字決算を余儀なくされている現況のようであります。

茨城県議会 2019-05-27 令和元年産業の育成・振興に関する調査特別委員会  本文 開催日: 2019-05-27

笠間焼や結城紬などの伝統的工芸品を初めとする地場産業は,消費者のライフスタイルの変化や安価な輸入製品との競合などにより,厳しい状況にありますことから,これら地場産業振興には,販路開拓商品開発人材育成などを支援する必要があると考えております。  このため,県では,産地組合などが実施する新商品開発や新たな販路開拓などを支援するため,展示会試験販売等を実施しております。

香川県議会 2018-09-01 平成30年[9月定例会]総務委員会[総務部、危機管理総局、人事委員会、公安委員会] 本文

それから、この材料国内生産材料ではなく、海外からの輸入製品です。いっときは海外から輸入して、これを使った事例も数点見られ、10年ほど前までは国内生産も存在しました。しかし、裏面腐食等のクレームにより、この輸入業者は撤退しています。この材料断熱性能が悪いから裏面が湿気によって腐食するそうです。

北海道議会 2018-02-21 平成30年第1回定例会-02月21日-01号

次に、林業木材産業生産性向上などについてでありますが、本道では、道産木材自給率が約6割に達するなど、森林資源循環利用が進みつつある中、TPP11や日EUEPA協定の発効に伴い、安価な輸入製品流通により、木材生産加工はもとより、間伐など森林整備への影響も懸念されております。  

北海道議会 2018-02-06 平成30年第2回水産林務委員会会議録-02月06日-01号

◎(津坂水産林務部技監) 生産量の維持についてでありますが、国では、関税削減撤廃などにより安価な輸入製品流通し、国産品については、価格低下影響を受け生産額減少しますが、体質強化対策による生産コスト低減品質向上経営安定対策などの国内対策を講じることにより、国内生産量は維持できると見込んでいるところでございます。  

北海道議会 2017-09-05 平成29年第12回総合政策委員会会議録-09月05日-01号

安価な輸入製品流通拡大により、道産木材木製品価格低下し、木材関係業者のみならず、原料となる丸太価格低下し、素材生産業者森林所有者への影響も懸念されることから、対策といたしましては、道産木材競争力強化森林整備を低コストで効率的に進め、道産木材を安定供給するための施策の充実が必要と考えております。  

北海道議会 2017-07-03 平成29年第2回予算特別委員会第2分科会−07月03日-03号

また、EUからは、製材集成材、サケ・マス、ワインなど、多くの品目輸入されており、関税削減などが行われた場合、安価な輸入製品流通や、これに伴う市場価格低下などが懸念されます。  さらに、本道農林水産業は、加工流通など他産業と密接に結びつき、地域基幹産業となっておりますことから、農林水産業のみならず、関連産業地域経済社会にも大きな影響を及ぼすことが懸念されます。  

新潟県議会 2016-09-09 09月09日-一般質問-03号

次に、合板製材国際競争力強化に向けた取り組みについてでありますが、安価な輸入製品との競争に打ち勝つには、価格競争力の高い製品を安定的に供給することが必要であることから、木材生産加工において生産性を向上させ、コスト低減と計画的な生産体制整備を図る必要があります。 このため、県では、合板製材工場における木材加工施設整備を支援しているところです。 

北海道議会 2016-03-16 平成28年第1回予算特別委員会第3分科会−03月16日-02号

本道林業木材産業を取り巻く環境は、木造建築物のニーズや、木質バイオマスエネルギー利用など、道産木材に対する需要の高まりが見られる一方で、TPP協定大筋合意に伴い、今後の関税撤廃による、安価な輸入製品増加が懸念されているところでございます。  まず、近年の道産木材需給状況や、海外との木材の輸出入について、それぞれ、どのような特徴があるのか、伺います。

滋賀県議会 2016-02-10 平成28年 2月10日厚生・産業常任委員会−02月10日-01号

◎辻 生活衛生課食の安全推進室長  輸入製品につきましては、非常にたくさんのものが国内に入ってきているわけでございますので、全数を検査すれば食べるものがなくなってしまうという問題があるのですが、そういったところで、今、国が動いておりますのは、水際でやるより製造元できっちりとシステム化してつくっていただこうということで、HACCPシステム日本検疫官が例えば中国とかそういった外国に出かけていって製造現場

北海道議会 2015-11-04 平成27年第13回経済委員会会議録-11月04日-01号

「4 商工業関係」の「(1)加工食品」において想定される影響についてでありますが、関税撤廃される場合、輸入製品との競合により、道内食品製造業競争力低下が懸念されるが、一方、TPP参加国から輸入される原材料を用いて加工製造販売を行っている事業者については、関税撤廃に伴い、仕入れ調達品目コスト縮減原材料安定確保につながる可能性が考えられるところでございます。  

北海道議会 2015-11-04 平成27年第13回総合政策委員会会議録-11月04日-01号

このため、加工食品に対する関税撤廃される場合、輸入製品との競合により、道内食品製造業競争力低下が懸念されます。  一方、TPP参加国から輸入される原材料を用いて加工製造販売を行っている事業者につきましては、関税撤廃に伴い、仕入れ調達品目コスト縮減原材料安定確保につながる可能性が考えられます。  次に、10ページをごらんください。  

兵庫県議会 2015-03-06 平成27年度予算特別委員会(第6日 3月 6日)

県内の地場産業は、産業構造変化に伴い安価な輸入製品増加などにより、厳しい状況に置かれている業種が多い。同様の状況にある播州織も、私もこの部に来て初めて知ったのであるが、バーバリーとかダックスとか、本当に世界ブランドに採用されていること自体を、多分多くの人が知っていない。それだけ発信がされてない現実がある。