48165件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

―――――――○――――――― △日程第一 一般質問議長(幸山繁信君) 次に日程に従いまして、日程第一、昨日に引き続き一般質問を行います。阿曽田清君。   〔阿曽田清君登壇〕(拍手) ◆(阿曽田清君) おはようございます。自由民主党の阿曽田清でございます。六月定例県議会最後の一般質問の機会を与えてくださいました先輩並びに同僚議員に心から感謝を申し上げます。  

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

―――――――○――――――― △日程第一 一般質問副議長(井ノ上龍生君) 日程に従いまして日程第一、昨日に引き続き一般質問を行います。広瀬博美君。   〔広瀬博美君登壇〕(拍手) ◆(広瀬博美君) おはようございます。公明党の広瀬でございます。公明党代表しまして一般質問を行います。知事初め執行部の明快なる答弁を期待しまして早速質問に入らせていただきます。  

熊本県議会 2045-06-14 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号

―――――――○――――――― △日程第一 一般質問議長(幸山繁信君) 日程に従いまして日程第一、一昨日に引き続き一般質問を行います。林田幸治君。   〔林田幸治君登壇〕(拍手) ◆(林田幸治君) 日本社会党の林田でございます。通告に従いまして、日本社会党代表して一般質問を申し上げさせていただきます。  

熊本県議会 2045-06-12 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号

―――――――○――――――― △日程第一 一般質問議長(幸山繁信君) 日程に従いまして日程第一、一般質問を行います。発言の通告があっておりますので、これより順次質問します。  なお、質問時間は一人九十分以内の質疑応答でありますので、さよう御承知願います。岩永米人君。   〔岩永米人君登壇〕(拍手) ◆(岩永米人君) おはようございます。八代郡選出の岩永米人でございます。

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

―――――――○――――――― △日程第一 代表質問議長(幸山繁信君) 日程に従いまして日程第一、代表質問を行います。発言の通告があっておりますので、これより順次質問を許します。  なお、質問時間は一人九十分以内の質疑応答でありますので、さよう御承知願います。自由民主党代表永田悦雄君。   〔永田悦雄君登壇〕(拍手) ◆(永田悦雄君) おはようございます。自由民主党の永田悦雄でございます。

福井県議会 2019-07-25 2019.07.25 令和元年第407回定例会(第5号 閉会日) 本文

また、スケジュールありきではなく議論の進捗状況を見ながら成案化を図ってはどうか、    との質問に対し、「プロセスの中で将来像を共有することが大切であるので、案を作る作業    は早めに行うが、出来上がりについては時期にこだわることなく、毎議会、議論いただき、    方向性が出たところで取りまとめていきたい」との見解が示された。   

福井県議会 2019-07-25 2019.07.25 令和元年第407回定例会〔資料〕

┠───┼──┼──────┼────────┼───────────────┼──────────┨ ┃   │  │ 午前10時 │議会運営委員会 │               │          ┃ ┃   │  ├──────┼────────┼───────────────┤          ┃ ┃   │  │      │        │開会、会議録署名議員指名、  │代表質問通告締切

福井県議会 2019-07-25 2019.07.25 令和元年議会運営委員会 概要

長 南 英治            書  記 小林里代、渡邉慎二、廣部真寿美、加藤友章、                 三上道子 6 会議に付した事件  (1)本日の本会議の運営について  (2)付託案件の取扱いについて  (3)特別委員会の調査結果の報告について  (4)追加議案の提出について  (5)議員の派遣について  (6)委員会閉会中の継続審査について  (7)次回定例会からの一般質問

福井県議会 2019-07-25 2019.07.25 令和元年議会運営委員会 本文

次に、議題7「次回定例会からの一般質問の方法について」、議題8「福井県議会運営要綱等の改正について」を、あわせて議題とする。  まず、議長より発言したい旨の申し出があるので、発言願う。 ◯田中(宏)議長  報告する。  議会改革検討会議会長より、9月定例会から、一般質問質問方法を、これまでの一括質問・一括答弁に加え、分割質問・分割答弁方式を導入したいとの報告を受けた。  

青森県議会 2019-07-19 令和元年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2019-07-19

それでは、県内の若者の地元定着について御質問させていただきます。  今月初めに青森県基本計画「選ばれる青森への挑戦」、この政策の点検結果をまとめたアウトルックレポート2019が私たち議員に配付されました。その第1章の冒頭に書かれているのが今後の大きな課題であります。本県の最大の課題の一つが若者、女性の県外流出であります。

青森県議会 2019-07-19 令和元年建設委員会 本文 開催日: 2019-07-19

12 ◯安藤委員  私からは、最初の質問は、豪雨対策の取り組みについて伺います。  気象変動による異常な大雨が日本のどこでも起こり得る状況になっています。平成27年9月、関東東北豪雨で利根川水系、鬼怒川の堤防が決壊し、氾濫流による家屋の倒壊、流出や広範囲かつ長期の浸水が発生、これに住民避難のおくれも加わり、多数の孤立者が発生しました。

福井県議会 2019-07-19 2019.07.19 令和元年予算決算特別委員会 本文

人生で何度目の質問か忘れたけれども、また頑張って真面目に質問させていただきたいと思うので、ちょっと肩の力を抜いていただいて、スタートアップのときであるから、いろんな議論をできたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いする。  まず、知事への質問なのだけれども、知事の選挙中の政策集というものを拝見した。

福井県議会 2019-07-18 2019.07.18 令和元年予算決算特別委員会 本文

新知事就任後、初の本格的な論戦の6月議会も知事の提案理由説明に始まり、代表質問、一般質問、そして各常任委員会での審査を経て、今議会もいよいよ予特の2日間を残すこととなった。提案された補正予算を初め、県政課題について提言と質問をさせていただく。限られた時間であるので、簡潔で誠意のある答弁をお願いする。  初めに、ドクターヘリについてお伺いする。  

福井県議会 2019-07-12 2019.07.12 令和元年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文

先日の一般質問で、ドクターヘリの導入決定から運航開始までの期間について質問させていただいたのだが、そのときに石川県は決定後18カ月で導入したのに対し、福井県は24カ月という答弁だったと思う。6カ月の違いが出ているわけだが、なぜこんなに違うのか。 ◯地域医療課長  スケジュールに大きく違いが出るのは、実機を用いた訓練をいつやるかということが大きく影響してくる。石川県は9月末に運行開始できた。