629件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-22 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号

〔議席表は別紙に掲載〕       ―――――――○――――――― △日程第一 各特別委員会の調査及び審査結果報告 ○議長(幸山繁信君) 次に日程に従いまして、日程第一、去る三月定例会において引き続き総合開発特別委員会に調査を付託いたしましたエネルギー開発に関する件、水資源開発に関する件、観光開発に関する件及び過疎対策に関する件並びに陳情書について、交通通信対策特別委員会に調査を付託いたしました熊本港建設

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

一つは、干がたの貝類及びノリ養殖漁業の開発、二つは、魚の放流、魚礁の設置、モ場の造成等の資源増殖対策でございます。  このうち干がた漁場の開発につきましては、干がたの主要魚種でございますアサリを対象に今後の振興策を具体化するため、二カ年にわたって三角町大岳の地先等で実験区を設定し、その成長率、生存率等について試験した結果、いずれも好結果を得られました。

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

石炭の場合は外国から輸入しなければならないが、地熱は純国産で、しかも豊富な資源であります。このように貴重な資源をいつまでもほうっておくのはもったいないと思うのであります。エネルギー開発は県政の重要課題であります。知事は、地元小国町の意見も十分聞きながら、地域振興、電力自給率の低い本県のエネルギー確保対策という観点からも積極的に進めるべきだと思います。  

熊本県議会 2045-06-14 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号

第二の変化は、エネルギー資源の制約が表面化してきたことであります。通産省の長期エネルギー需給見通しによりますと、昭和五十五年度のわが国における全エネルギー石油依存率は六六・四%、石油輸入率は九九・八%でございます。鉄鉱石食糧など、その他の重立った資源についても、ほとんどが大きく輸入に依存をしております。

熊本県議会 2045-06-12 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号

県道五木宮原、宮原甲佐線は、国道三号線と国道二百十九号線を結び、国道間のバイパス的役割りを持つ約二十四キロメートルに及ぶ県南山岳地域の最も重要な幹線道路であり、単に沿線地域内の開発道路としての役割りのみにとどまらず、広く県南部、特に城南山岳地域の動脈であり、広域的な視野からも、新しい時代の流れに即応した自然林の活用、森林資源の開発、生活圏経済圏の整備、また過疎対策等から見てきわめて重要な使命を持つ

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

これに対して、篠原氏は、強大な米国農業に比べ、だめな日本農業というような先入観はまことに危険で、二十一世紀はむしろ日本農業であって、アメリカ農業は長続きしない、すなわち米国農業は、水資源の制約と砂漠化への不安があり、進行する土壌汚染と浸食に対する対策がない、家族農場社会の崩壊が考えられる、大企業による攪乱が行われる。

熊本県議会 2018-12-10 平成30年11月 定例会-12月10日−05号

しかしながら、どうもそういった貴重な資源がうまく生かされていないような気がいたします。もっと情報の見せ方、発信の仕方など工夫して、熊本建築文化を国内外に宣伝し、観光資源として役立てたり、あるいは映画ドラマのロケ地になるように戦略的な広報をしたり、また、県民にも関心を持ってもらい、熊本の豊かさを実感して生活してもらうなど、幅広い取り組みを進めていくべきだと考えます。  

熊本県議会 2018-12-06 平成30年11月 定例会-12月06日−03号

また、近年では、水産資源の減少や世界的な水産物の需要の増加を背景に、養殖漁業の重要性が高まっております。  しかしながら、近年の燃油、餌料等の高騰、魚価の低迷に加え、赤潮被害の発生など、漁業経営は厳しい状況にあります。  このため、漁村集落では、過疎化や高齢化が進み、水産業のみならず、地域の活力も低下している状況です。  

熊本県議会 2018-12-05 平成30年11月 定例会-12月05日−02号

制限をかければ、その資源にどう付加価値をつけていくかが重要になってくるのだと思います。専ら、今回はインバウンドとのタイトルだったために、主に国際課さんとのやりとりだったんですが、磯田部長の思いを出し切れずに、私自身、反省をしております。  これまでも議論してきました、フリーWi-Fiや多言語対応、キャッシュレス決済の整備促進は今後もしっかり取り組むべき課題であると思います。

熊本県議会 2018-10-10 平成30年 9月 定例会-10月10日−07号

さらに、委員から、放流効果が出ているとの判断であれば、予算をふやし、放流量をふやすなどしていただきたい、また、放流とあわせて、海底環境づくりにもしっかり取り組んでいただきたいがどうかとの質疑があり、執行部から、環境整備も重要と考えており、漁場が整備された箇所を中心に放流している、また、資源管理の面も大事であり、栽培漁業効果が上がるよう、休漁等とあわせて取り組みたいとの答弁がありました。  

熊本県議会 2018-09-27 平成30年 9月 定例会-09月27日−06号

小規模事業者は、そもそも人材や資金といった経営資源に大きな制約があることに加え、その商圏及び取り扱う商品、サービスが限定されており、価格競争やリスク応力が弱いため、構造変化の影響を受けやすいものであります。加えて、経営者の高齢化が進んでおり、後継者不足等が経営の低迷や廃業に直結をいたしております。  

熊本県議会 2018-09-26 平成30年 9月 定例会-09月26日−05号

世界遺産が、人類共通の財産として資産の保全、保護を重視しているのに対し、日本遺産は、地域のすぐれた有形無形の文化遺産、宝を魅力的な観光資源として磨き上げ、活用するものであると認識しております。  この文化遺産の活用については、まだまだ道半ばという状況ではないでしょうか。  スクリーンをごらんいただきたいと思います。

熊本県議会 2018-06-18 平成30年 6月 定例会-06月18日−04号

南阿蘇鉄道は、沿線地域の生活交通手段として、さらには阿蘇の観光資源として欠かせない存在です。  県としましては、今後も地元との連携を一層密にし、できる限りの早期復旧と、将来にわたって持続可能な運営の確保ができるよう、全力で取り組んでまいります。   〔河津修司君登壇〕 ◆(河津修司君) 田嶋副知事から答弁をいただきました。  

熊本県議会 2018-06-14 平成30年 6月 定例会-06月14日−02号

このほかにも、県内には万田坑や三角西港といった世界遺産があり、また、人吉・球磨地域や菊池川流域といった日本遺産など、魅力的な観光資源が数多くあります。  これらを活用して、国内外からの観光客誘致などにつなげる取り組みを進めていく必要があるのではないでしょうか。  さらに、熊本が誇る豊かな農林水産物についても、世界に向けてPR、供給していくチャンスです。

熊本県議会 2018-03-08 平成30年 2月 定例会-03月08日−07号

現在、国のほうでは、2015年に設置されたスポーツ庁を中心に、スポーツ地域観光資源の一つと捉え、地域活性化を図る取り組みとして、スポーツツーリズムを推進しています。  このスポーツツーリズムとは、スポーツ地域観光資源として3つの要素から構成される視点で捉え、地域活性化を図る取り組みです。  その3つとは、まず1点目が、見るスポーツ、観戦するスポーツです。