運営者 Bitlet 姉妹サービス
33147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 〔議席表は別紙に掲載〕       ―――――――○――――――― △日程第一 各特別委員会の調査及び審査結果報告 ○議長(幸山繁信君) 次に日程に従いまして、日程第一、去る三月定例会において引き続き総合開発特別委員会に調査を付託いたしましたエネルギー開発に関する件、水資源開発に関する件、観光開発に関する件及び過疎対策に関する件並びに陳情書について、交通通信対策特別委員会に調査を付託いたしました熊本港建設 もっと読む
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 一つは、干がたの貝類及びノリ養殖漁業の開発、二つは、魚の放流、魚礁の設置、モ場の造成等の資源増殖対策でございます。  このうち干がた漁場の開発につきましては、干がたの主要魚種でございますアサリを対象に今後の振興策を具体化するため、二カ年にわたって三角町大岳の地先等で実験区を設定し、その成長率、生存率等について試験した結果、いずれも好結果を得られました。 もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 石炭の場合は外国から輸入しなければならないが、地熱は純国産で、しかも豊富な資源であります。このように貴重な資源をいつまでもほうっておくのはもったいないと思うのであります。エネルギー開発は県政の重要課題であります。知事は、地元小国町の意見も十分聞きながら、地域振興、電力自給率の低い本県のエネルギー確保対策という観点からも積極的に進めるべきだと思います。   もっと読む
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 第二の変化は、エネルギーと資源の制約が表面化してきたことであります。通産省の長期エネルギー需給見通しによりますと、昭和五十五年度のわが国における全エネルギーの石油依存率は六六・四%、石油の輸入率は九九・八%でございます。鉄鉱石、食糧など、その他の重立った資源についても、ほとんどが大きく輸入に依存をしております。 もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 県道五木宮原、宮原甲佐線は、国道三号線と国道二百十九号線を結び、国道間のバイパス的役割りを持つ約二十四キロメートルに及ぶ県南山岳地域の最も重要な幹線道路であり、単に沿線地域内の開発道路としての役割りのみにとどまらず、広く県南部、特に城南山岳地域の動脈であり、広域的な視野からも、新しい時代の流れに即応した自然林の活用、森林資源の開発、生活圏、経済圏の整備、また過疎対策等から見てきわめて重要な使命を持つ もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 これに対して、篠原氏は、強大な米国農業に比べ、だめな日本農業というような先入観はまことに危険で、二十一世紀はむしろ日本型農業であって、アメリカ型農業は長続きしない、すなわち米国農業は、水資源の制約と砂漠化への不安があり、進行する土壌汚染と浸食に対する対策がない、家族農場社会の崩壊が考えられる、大企業による攪乱が行われる。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 一方で、島しょ地域でありますが、豊かな海洋資源に恵まれ、自然環境に恵まれ、鯨が来たり、イルカが見えたりと、まさしく自然そのものであります。そして、島々がそれぞれ特色のある島でありまして、特産品、文化、それぞれ個性的な宝物を有していると考えております。   もっと読む
2019-03-14 滋賀県議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-04号 次に、農政水産部所管予算では、キャトル・ステーション運営費について、今年度オープンしたが、現状、子牛が目標の1割程度しかおらず、少ないのではないか、ついては、近江牛の地域内一括生産体制の強化に向けて、施設をフル稼働できるように取り組まれたい、アユ資源・漁獲情報発信高度化研究について、アユ資源の調査には、産卵調査、ヒウオ生息状況調査、魚探調査が挙げられるが、近年、調査ごとに結果が異なっているため、こうした もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 そこで、東京二〇二〇大会では、持続可能性に配慮した運営計画に基づいて、気候変動への影響の軽減や資源管理など、SDGs、多々項目ございますけれども、それらを重視しながら、持続可能な大会の実現を目指して、大会準備を着実に進めているところでございます。 もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 ◆杉本敏隆 委員  水産資源の回復について、最近の全体の漁獲量はどのように推移しているのですか。  それから、魚種ごとにどのような魚がふえているのか。あるいは、どういう魚が大幅に減っているのか。そういうデータはありますか。 ◎澤田 農政水産部技監  農林水産省の最新の漁獲統計が1カ月ほど前に出ました。これは平成29年1月から12月の漁獲統計です。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 また、選手村などにおける飲食の提供でございますが、都も検討に加わって策定いたしました東京二〇二〇大会の飲食戦略を踏まえて、組織委員会に対してプラスチック製のストローを使用しないであるとか、リユース食器や資源化が可能な素材の使用に最大限取り組むように求めてまいります。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日環境・農水常任委員会−03月12日-01号 より現場の方の救済になる、そして琵琶湖漁業の振興とアユ資源の復活で、琵琶湖の漁業者が救われたり、希望を持てるような制度を、新年度の中で、災害復旧は終わっていないという立場で御検討いただきたいと思うのですが、いかがですか。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会環境・農水分科会−03月08日-01号 これを実施するのに、かなり期間がかかっているけれども、水産資源の増殖と一体で進めるべきだと思うのです。後から水産関係の魚類の繁殖ふ化を進めるのではなく、今から一緒に、そういう事業をやるべきだと思うのですが、いかがですか。 ◎白井 琵琶湖政策課長  早崎内湖について、もちろん魚のすみかとして復活させるような取り組みを進めていくつもりです。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月07日-01号 ダムを一つの観光資源として、観光振興のパンフレットを地元の観光協会の方と一緒につくるなどして、観光につなげていくというものです。  2つ目のダムを活用した健康づくり事業につきましても、同じように政策課題で上げてきたものです。ダムを身近な散策のポイントとして、自然とダムを見ながら歩くことで、健康寿命の延伸を図るものです。   もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日環境・農水常任委員会−03月07日-01号 7 アユの資源と漁獲状況について (1)当局説明  澤田農政水産部技監 (2)質疑、意見等 ◆海東英和 委員  ことしは極端に雪が少なくて、琵琶湖の全循環もまだです。たくさん酸素を含んだ雪解け水が琵琶湖に流れ込んで、この琵琶湖の命が守られているという言い方を今までしてきているわけですが、それによる影響など、どのように予測されているのですか。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 残りの金額について、この85ページの資料の後段部分に書いているのですが、県内には県民の方にぜひとも健康推進のために利用していただきたい自然環境などの資源が多数あると思うのですけれども、そのあたりを業者に委託して調べていただいて、一括して情報発信をしていこうというものです。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会環境・農水分科会−03月07日-01号 ○杉本敏隆 副分科会長  もう1点は、162ページのアユ資源・漁獲情報発信高度化研究ですけれども、予算額が614万1,000円で少ないと思うのですけれども、アユ資源の調査は大体3つあると思うのです。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 ユニークな水産系の学科として、国の水産研究・教育機構や県立大学の海洋生物資源臨海研究センター、県栽培漁業センターなどとともに、水産学術産業拠点の一翼を担っていただきたい。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 ごみの減量や資源化については、近年、海洋プラスチックによる環境汚染等が国際的な課題となっていることから、来月8日に製造業者などの事業者向け研修会を開催し、プラスチックの減量化やリサイクルに関する先進的な事例や手法等を紹介し、事業活動における発生量の削減を促進していく。  また、来月28日、県庁ホールにおいて、「シニア用品リユース市」を初めて開催する。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 〔環境局長和賀井克夫君登壇〕 16 ◯環境局長(和賀井克夫君) プラスチック対策についてでございますが、廃棄物審議会の中間まとめでは、製造販売事業者がみずから使用済み製品を回収、リサイクルし、再生資源を自社製品に活用するなど、新たなビジネスモデル もっと読む