4547件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2021-03-02 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第7日 3月 2日)

県では、河川対策アクションプログラム地域総合治水推進計画に位置づけ、事前防災対策を重点的に進めようとしていますが、頻発する豪雨災害の中で、武庫川水系河川整備計画で位置づけられる河川整備堤防補強貯留施設や遊水地の整備、水田や森林の保護・涵養などの総合的な治水対策前倒し実施が求められているのではないでしょうか。  

兵庫県議会 2021-02-26 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第5日 2月26日)

近年、豪雨災害が毎年のように起こり、人口が集中している宝塚市の中心部において、いざ護岸が崩壊すれば沿川の土地がえぐり取られる甚大な被害が予想されます。令和元年東日本台風と名付けられた一昨年の台風19号に伴う大雨で、長野県の千曲川護岸をえぐり、佐久市の戸建て住宅が流された映像はまだ鮮明に覚えています。  

兵庫県議会 2021-02-25 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第4日 2月25日)

県外では熊本県が全県的に採用し、さきの豪雨災害の折にも運用されました。また、神奈川県川崎市では、複合災害時の複雑な避難所運営業務について、災害対応経験の若い職員であっても、BOSSのフローチャートに沿って指揮命令できることが実証実験で確認され、今後、導入される予定となっています。  

愛媛県議会 2021-02-05 令和 3年総務企画委員会( 2月 5日)

○(行政管理室長) 今回の入札契約制度抜本的改革につきましては、昨日、県建設業審議会に諮問をいたしまして、答申をいただいたところで、今朝の愛媛新聞等に載っておりましたが、今回の改正は、西日本豪雨災害対応時に、災害対応が可能な建設業者が不足をし、早期の復旧復興に支障を来すといった事態に直面したことや、最近の県発注工事入札状況を見たときに、入札不調というのは、割合としてそんなに多くはないんですが

石川県議会 2021-01-29 令和 3年 1月29日災害・県土強靱化対策特別委員会-01月29日-01号

定例会でも質問がありましたように、近年、大規模災害、火災、あるいは豪雨災害等が発生していることに鑑み、そのような災害対応するためには、より高度な災害対応力が必要になると考えています。そのために、例えば教育施設としてどのような機能が必要かについては、各消防本部意見交換などを行いながら、一生懸命勉強しているところです。

岡山県議会 2020-12-22 12月22日-08号

また,補正予算は,平成30年7月豪雨災害関係で,被災者生活とくらしの再建,社会福祉施設等復旧防災減災国土強靱化推進のための公共事業新型コロナウイルス感染症影響により収入減少があった世帯への特別貸付けなどに要する経費について,所要の補正措置が講じられたものであります。 次に,決算状況についてであります。 

徳島県議会 2020-12-18 12月18日-04号

一方、近年、全国各地集中豪雨や猛烈な台風等が頻発しており、本年も、7月豪雨災害や一連の台風災害等により全国各地で大規模山地災害等が発生し、尊い命を奪うとともに、家屋・公共施設等への甚大な被害をもたらしている。 こうした激甚な山地災害等へ的確に対応し、住民の安全・安心な暮らしを実現するため、森林整備治山対策による「緑の国土強靭化」を強力に推進していく必要がある。 

兵庫県議会 2020-12-16 令和 2年総務常任委員会(12月16日)

担当者からそのことの答えがなかったのが残念であるが、皆さんが本当にこの間、高潮被害台風被害、様々な豪雨災害そして今回のコロナ関係で大変な思いで頑張っていただいている中で、そこから生まれてきた教訓をしっかりとガイドラインとして市町に示しているということで、誇りを持っていただきたいと思う。  

高知県議会 2020-12-16 12月16日-03号

建設業は、豪雨災害などへの対応インフラ整備を進めるために必要不可欠な存在であるとともに、各地域で持続的に発展していくことが地域の雇用を守り、県経済の下支えになると考えております。このため、県といたしましても建設業皆様を支えていけるよう、建設業活性化プランを策定し、工事平準化人材確保ICT施工への支援などに取り組んでまいりました。 

茨城県議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 開催日: 2020-12-15

県民暮らしに目を向ければ,昨年度は,消費税の増税に加えて,東日本台風による甚大な豪雨災害その救済もままならないうちに,年度末には新型コロナウイルス感染症拡大が始まりました。  そうしたときに,県が,常陸大宮保健所鉾田保健所,常総保健所を廃止したことは重大問題です。12カ所あった県保健所の役割を最大限発揮できるよう,それぞれに専任の保健所長を配置して,保健師を拡充することが必要でした。  

石川県議会 2020-12-15 令和 2年12月15日予算委員会−12月15日-01号

本県では昨年の11月、台風19号による長野県内豪雨災害では、県内災害ボランティア皆様は県が用意をしたバスに乗り込み、支援に当たったと伺っております。このようなコロナ禍災害ボランティアが活躍するにはコロナ検査も必要になると考えますが、その際は県としてPCR検査費用を助成するなどの対応ができないか、お伺いをしておきます。

岡山県議会 2020-12-11 12月11日-06号

もう少し大きな話ですが,効率的な資源配分ということを考えると,めったに使わないとか利用頻度が低いところにリソースをかけないというのは,普通のことだと思うんですけれども,西日本豪雨災害とか今回の感染症のような,100年に一回ぐらいしか起きないけれども,起きてしまうと物すごく甚大な被害が出てしまうこともあります。 

大分県議会 2020-12-11 12月11日-06号

今年私どもは、かつて経験したことのない7月の豪雨災害を体験しました。本当に広瀬知事をはじめ、職員皆さん方、連日一生懸命取り組んでいただいて、地域皆さん方、また県民、安全・安心の生活が現在営まれています。 これから広瀬県政が進める災害対策、またコロナ対応、さらに人口減少対策少子高齢化と課題は山積していますが、力強く広瀬県政を支えて推進していきたいと思います。 

滋賀県議会 2020-12-10 令和 2年11月定例会議(第17号〜第23号)−12月10日-06号

昨年は、長野県の千曲川が氾濫するなど台風19号による被害が、一昨年は、岡山県倉敷市真備町をはじめ西日本各地豪雨災害に見舞われるなど、毎年国内で大きな水害が発生しております。  県内におきましても、平成25年9月の台風18号は県内各地浸水被害を生じさせました。その後も、気候変動影響か、降雨量の増加や大型台風県内通過が増えたように感じます。