運営者 Bitlet 姉妹サービス
3636件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 4 議第45号 滋賀県医療法施行条例の一部を改正する条例案について (1)当局説明  小林医療政策課長 (2)質疑、意見等 ◆清水鉄次 委員  医師の地域・診療偏在解消等ということで、先ほど課長がおっしゃったのはこのことかなと期待もしておりますけれども、この組織の中に医師不足で困っている地域の方にも当然入れていただけると理解はしています。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 そのため、都は新たに、小児科と成人の診療の連携強化や相談支援体制の充実等を図るモデル事業を実施し、治療により生じる影響や生殖機能の温存の選択肢があることなど、患者が、必要な情報を十分に得た上で希望に沿った治療を選択できるよう支援してまいります。   もっと読む
2019-01-22 福岡県議会 平成31年 こども・子育て支援調査特別委員会 本文 開催日: 2019-01-22 これら子育て世代包括支援センターの設置促進や産婦人科以外の診療との連携強化を図るため、県におきまして、医師会、産婦人科医会、小児科医会、精神科病院協会、市町村等で構成する妊娠・出産包括支援体制整備検討会議を昨年度から設置しており、その連携体制の充実について検討を行っているところです。  説明は以上です。 もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年環境厚生委員会 本文 開催日: 2019-01-21 厚労省は、いまだに医師は基本的に足りている、問題なのは地域別診療別の偏在だと。  今、課長の答弁にも、この偏在をどう是正するかということになるんですが、問題はそこにあるんじゃないんですよ。そもそも基本的に不足しているんですよ。  OECDの加盟国平均人口10万人当たり310人。日本は200人。アメリカ240人、ドイツ340人、イタリア420人。   もっと読む
2018-12-18 千葉県議会 平成30年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2018.12.18 ただ、その一方で医学的観点では、執行部もここまでは言ってないようですけれども、文献、論文の分析や専門家の多角的な評価と検証の必要が、病院経営の観点では、県がんセンターの各診療の収益状況等を踏まえて当てはめた場合の具体的かつ詳細な分析や病院局全体の中で、その位置づけなど、いずれも専門的で技術的な判断をさらに掘り下げる必要がありますが、当方の限られた範囲内での調査、検証には限界があります。   もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 こうした認識のもと都立病院で女性専用外来を最初に設置した大塚病院におきまして、思春期から老年期まで女性の生涯にわたる健康を支えられるよう、関係する全ての診療と患者支援センターとの連携を一層強化し、女性に対する切れ目のない医療支援をよりきめ細かに提供するための具体的な検討を進めてまいります。       もっと読む
2018-12-10 群馬県議会 平成30年第3回定例会厚生文化常任委員会(こども未来部・健康福祉部・病院局関係)−12月10日-01号 県立病院医師の時間外勤務実績の1人当たり月平均は、おおむね20時間であるが、心臓血管センターの心臓血管外科の医師など一部の診療の職員は、労働基準法の36協定で定める時間外勤務の上限である45時間を超えている状況である。 ◆水野俊雄 委員   後日、各病院ごと診療科目ごとの時間外勤務の実績を教えていただきたい。例えば急性期医療を担っている心臓血管センターでは、何か取組を行っているか。 もっと読む
2018-12-06 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第1分科会−12月06日-02号 ◎(吉田医師確保担当課長) 医育大学における定員増についてでございますが、平成20年度から、国の緊急医師確保対策などにより、道内の医育大学で定員増が図られ、将来的に医師不足地域で勤務する医師を養成するためのいわゆる地域枠暫定定員が20名、医師不足の解消の方策として、定員を増員するための恒久的な定員が12名、診療間の医師偏在を是正するため、歯学部入学定員の削減を行う大学の特例として、歯学部振りかえ分 もっと読む
2018-12-05 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-12月05日-10号 ◎川原武男 健康福祉部長 議員御指摘のとおり、桐生厚生総合病院におきましては、一部診療で外来診療や入院受入の休止が続いている状況にございます。このため、病院では、これまで医師の勤務環境の改善を図るとともに、今年度から専任の医師確保対策の担当を配置し、県と連携しながら医師確保に取り組んでいるほか、県と病院長が一緒に県外の大学病院へ出向き、医師の派遣要請なども行っております。   もっと読む
2018-12-04 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月04日−03号 次に、小児科医師数等、小児医療を担う医療従事者の確保の面では、開業医がその診療に関係なく小児の初期救急医療を担えるよう、小児科以外の医師に対する研修の実施などが必要ではないでしょうか。   もっと読む
2018-12-04 栃木県議会 平成30年度栃木県議会第353回通常会議-12月04日-03号 ちなみに、この「Health Management for Female Athletes―女性アスリートのための月経対策ハンドブック―」という本ですが、(本を示す)これは東大医学部附属病院女性診療・産科の医師が執筆している本でございますが、これによりますと、ちょっと難しいのですが、コルチゾールというホルモンの血中濃度や月経を引き起こすために重要なホルモンであるエストロゲンなどの分泌量を検査すれば もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第8日目) 本文 ただし、医学的観点では、文献、論文の分析や専門家の多角的な検証などが、病院経営の観点では、県がんセンターの各診療の収益状況等を踏まえた具体的で詳細な分析などが、専門的、技術的な判断ができる有識者を交えて、さらに掘り下げて行う必要があるとも指摘し、当方の限られた範囲内の調査の限界を認めたところです。執行部も、ここまでの調査、検討は行っておりません。 もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第6日目) 本文 てんかん診療拠点機関の指定条件等についての御質問でございますが、てんかん診療拠点機関の指定条件につきましては、国の要綱におきまして、まず、てんかん専門医が1名以上配置されていること、脳波検査やMRIが整備されているほか、発作時ビデオ脳波モニタリングによる診断が行えること、さらに、てんかんの外科治療のほか、複数の診療による治療を行えること、以上が求められております。 もっと読む
2018-11-30 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号 また、そのためには、合併症妊娠や胎児・新生児異常などに対する高度な医療の提供はもとより、産科領域以外の脳血管疾患や心疾患、外傷、敗血症、精神疾患等の疾患を有する母体にも対応できるよう、多様な診療との連携体制が必要であるなどの御意見をいただいております。 もっと読む
2018-11-30 北海道議会 平成30年第4回定例会−11月30日-02号 このため、道では、関係学会と連携し、道内3医育大学の医学生や初期臨床研修医を対象として研修会を開催し、総合診療への理解の促進に努めますとともに、北海道専門研修ガイドブックを作成し、専門研修プログラムについて、道内外に広く周知を図ってきたところでございます。   もっと読む
2018-11-30 福井県議会 2018.11.30 平成30年第404回定例会(第2号 代表質問) 本文 その上で、医師の診療ごとや地域ごとの偏在については、一部の地域の人口減少等にもつながりかねない問題ですので、早急に解決を図るよう強く要望しておきます。  そこで診療ごと、地域ごとの傾向を含め、県内における医師不足の現状について所見を伺うとともに、今後の医師確保の見通しについて伺います。  次に、救急医療体制について伺います。   もっと読む
2018-11-05 茨城県議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.11.05 また,9月に「最優先で医師確保に取り組む医療機関・診療について」を公表し,鹿行地域におきましては,神栖済生会病院の整形外科を選定したところであり,今後,病院と連携して医科大学への働きかけ等を行い,2年以内の医師確保を目指してまいります。   もっと読む
2018-11-01 香川県議会 平成30年11月定例会(第5日) 本文 今後、中央病院では、九月に設置したハイケアユニットの運用による収益増や、各診療の患者数に合わせた病床数の見直しによる収益増を見込んでいる。また、丸亀病院では、新たに派遣された常勤医師による入院・外来患者の増加のほか、訪問看護・訪問診療のニーズへの積極的な対応や関係機関と連携した入院患者の確保に取り組む。 もっと読む
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年経済企業委員会(10月31日) 次に、イの医師確保、診療の維持についての意見でございますが、医師確保、診療の維持のため、関係大学医学部への働きかけや処遇の改善、臨床研修病院としての魅力向上による若手医師の確保など、取り組みを進めているところでございます。   もっと読む
2018-10-29 茨城県議会 平成30年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2018.10.29 先月12日,救急医療や周産期医療などの政策医療を確保する観点から,最優先で医師確保に取り組む医療機関・診療を公表し,県内5つの医療機関,4つの診療の合計15人の医師確保に早急に対応していくことといたしました。今後とも各医療機関と緊密に連携を図り,2年以内に医師を確保できるよう全力で取り組み,医療提供体制の充実強化を進めてまいります。   もっと読む