運営者 Bitlet 姉妹サービス
287件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 介護保険サービスと保険外サービスとを組み合わせて利用できる選択的介護は、利用者の利便性が向上するとともに、事業者の収益性が向上し、ひいては介護職員の処遇改善に有効であるなどの利点がある一方、本来保険外サービスに盛り込むべきサービス内容が、要介護高齢者本人向けの介護保険サービスに紛れ込み、結果的に不適正な給付がふえるおそれや、要介護高齢者本人やその家族からのサービスの要求が多くなり、サービスを提供する訪問介護もっと読む
2018-12-17 福岡県議会 平成30年 総務企画地域振興委員会 本文 開催日: 2018-12-17 企業局職員が営利企業等の従事制限に違反し、福岡市にある訪問介護サービス事業所の訪問介護として、訪問介護サービスに従事し、平成二十六年二月から平成三十年三月までの間、月額約十六万円の報酬を得ておりました。この間の介護サービス提供記録には、実際に従事した時間と異なる虚偽の時間を記載していました。今月四日、企業管理者がこの職員に対しまして、懲戒免職処分を行いました。   もっと読む
2018-12-05 福岡県議会 平成30年12月定例会(第5日) 本文 正式の手続をとったものであれば、公務員の兼職が全面的に禁止されているわけではないでしょうが、この県職員のように訪問介護サービス事業所と契約し、訪問介護として訪問介護サービス事業に従事、その介護サービスの対象が実の母親などという事案が見逃されていたということは、まさに前代未聞の出来事ではないでしょうか。 もっと読む
2018-06-27 福井県議会 2018.06.27 平成30年第402回定例会(第3号 一般質問) 本文 また、健康分野においては8位になっておりますが、ホームヘルパーいわゆる訪問介護の数が45位と全国的に低水準になっております。訪問介護は自宅で介護を必要としている高齢者等のお宅を訪問し、衣服の着脱や入浴、排せつ、移動などの支援等を行います。 もっと読む
2018-03-22 富山県議会 2018.03.22 平成30年厚生環境委員会 また、民生委員、児童委員の方や訪問介護の方など、日ごろから高齢者や障害者の方々に対して支援を行っている皆様を対象に、高齢者・障害者消費生活見守り研修会を開催しており、地域で高齢者を見守る際に、日ごろから気をつけていただきたいポイントなどについて学んでいただき、地域や職場などにおける定期的な見守り活動の実践に役立てていただいているところでございます。   もっと読む
2018-03-19 東京都議会 2018-03-19 平成30年厚生委員会 本文 特に、居宅サービスである訪問介護事業所においては、訪問介護がタブレット端末などのICT機器を活用することで、利用者の状況や提供したサービスの記録を訪問先で入力することが可能となり、記録作成等の業務の効率化が図られます。  また、訪問先で入力した利用者のサービス提供内容をリアルタイムで事業所と共有することができ、申し送りや引き継ぎなどに活用することで、サービスの質の向上にもつながります。   もっと読む
2017-09-07 富山県議会 2017.09.07 平成29年厚生環境委員会 現在の介護職員処遇改善加算は、介護職員、介護従事者、訪問介護などの職員が対象とのことでありまして、それ以外の方は対象になっていないのが現状です。   もっと読む
2017-07-03 滋賀県議会 平成29年 6月定例会議(第2号~第8号)-07月03日-06号 最後、大きく3つ目が、公共の福祉を確保するためやむを得ない場合でありまして、これはスクールバス等みずからの施設への送迎や、訪問介護事業所の訪問介護等による自家用自動車の有償運送でございます。 もっと読む
2017-06-23 埼玉県議会 平成29年  6月 定例会-06月23日−02号 訪問介護、いわゆるホームヘルパーを含む介護職員の確保について伺います。  埼玉県の六十五歳以上の高齢者は、平成二十七年の百七十九万人から平成三十七年には百九十八万人に増加する見込みです。特に、後期高齢者は全国で最も高い増加率が見込まれています。埼玉県は七十五歳以上人口が二〇一〇年の五十八万九千人から二〇二五年には百十七万七千人と十五年で二倍になります。 もっと読む
2017-03-24 兵庫県議会 平成29年 2月第335回定例会(第10日 3月24日) 〔議事課長朗読〕   ………………………………………………  意見書案第53号 林業施策の推進を求める意見書  意見書案第54号 第一次産業への先端技術の導入、活用推進を求める意見書  意見書案第55号 訪問看護師や訪問介護等が安心してサービスの提供をできる環境づくりを求める意見書  意見書案第56号 無料公衆無線LAN(Wi−Fi)環境の整備促進を求める意見書  意見書案第57号 ふるさと納税の もっと読む
2017-03-16 福岡県議会 平成29年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2017-03-16 109 ◯大田高齢者地域包括ケア推進課長 市町村は、地域包括ケアシステムを構築するために、在宅医療と介護との連携を進めなければなりませんけれども、とびうめネットの多職種連携システムを活用することにより、医師や歯科医師、訪問看護師、介護支援専門員、訪問介護等、多職種によるネットワークが強化され、支援が必要な高齢者の情報を関係者が画像と文字データによりリアルタイム もっと読む
2017-03-08 兵庫県議会 平成29年度予算特別委員会(第5日 3月 8日) また、人材確保については、介護職員の初任者研修の受講料、あるいは新任訪問看護師の養成研修費等の助成により、訪問介護・訪問看護師の拡大を図るとともに、新たに看護職、介護職の安全確保・離職防止を図るため、複数名訪問加算について県独自で助成を行っていく。   もっと読む
2017-03-02 高知県議会 平成29年  2月 定例会(第339回)-03月02日−04号 特に訪問介護、いわゆる介護ヘルパーの業務については、要介護者ができるだけ自宅で日常生活を行えるよう、入浴、排せつ、食事などの介助などを行うため、訪問介護が1人で利用者のお宅を訪問し、サービスを行っているものです。しかしながら、その業務はいわゆる3Kとも言われ、そうした労働環境が人材不足を招いている大きな要因ともなっているのは御承知のとおりであります。   もっと読む
2017-01-31 福岡県議会 平成29年 生涯健康安心社会調査特別委員会 本文 開催日: 2017-01-31 さらに、認知症の早期発見、早期対応、適切な医療・介護サービスの提供を図るため、かかりつけ医、病院の医療従事者、訪問介護、介護支援専門員を対象とする認知症対応力向上研修を実施しており、今年度から新たに、歯科医師、薬剤師、看護師を対象とした研修を実施いたしております。 もっと読む
2016-12-13 福岡県議会 平成28年12月定例会(第13日) 本文 ある在宅介護事業者の話では、要支援者二十三名を正規の訪問介護三名が生活支援をしてきました。改悪で毎月六十万円の赤宇が出て、これ以上事業の継続ができないと言われました。また百床の特別養護老人ホームでは、介護報酬の最大六・三%の引き下げで年間千七百万円の減収となり、このままだと施設改築のめどが立たないと困惑していました。 もっと読む
2016-12-09 東京都議会 2016-12-09 平成28年文教委員会 本文 一、介護職としての勤務経験を有する方、二、介護福祉士資格を有する方または取得見込みの方、三、介護職員初任者研修、実務者研修、介護職員基礎研修、訪問介護(ホームヘルパー)養成研修一級または二級課程等の介護関連研修を修了した方または修了見込みの方、四、社会福祉士、介護支援専門員等の福祉系資格を有する方(または取得見込みの方)のうち、介護の実務経験等(実習含む)を有する方、五、特別支援学校教諭免許を有する もっと読む
2016-12-09 福岡県議会 平成28年12月定例会(第9日) 本文 高齢者の方々の生活の支援の面でございますが、市町村の地域包括支援センターが実施をしております日常生活の相談、訪問介護によります通院時の付き添いや買い物代行のほか、地域の商店街の皆さんがやっておられます出張販売の取り組み、これらを支援しているところでございます。   もっと読む
2016-12-06 山口県議会 平成 28年11月定例会-12月06日−03号 また、朝夕のピーク時等に訪問対応できる職員を確保するため、訪問介護を養成するための研修受講料の助成や、訪問看護を希望する看護職員を対象とした研修などを実施してまいります。  県としては、今後とも市町や関係団体等と連携し、地域包括ケアシステムの構築に向けて、定期巡回・随時対応サービスを初めとする在宅介護サービスの充実に取り組んでまいります。   もっと読む
2016-12-02 滋賀県議会 平成28年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月02日-02号 例えば、介護者との接触の機会の多い市町の地域包括支援センター職員や介護支援専門員、訪問介護等が、支援を必要とする高齢者だけでなく、介護者や家族の状況にも目を配り、その家族の状況に応じた適切な支援へつなげる取り組みが重要であります。   もっと読む
2016-10-07 栃木県議会 平成28年10月予算特別委員会(平成28年度)-10月07日-01号 さらに意欲のある方には、より専門性の高い訪問介護の資格取得を支援することにより、介護職員の確保にもつながっていくものと考えております。  元気な高齢者等が介護アシスタントとして就労し、介護福祉士等の専門職との分業化が図られますことで勤務環境の改善や職場への定着が促進されるものと考えているところでございます。   もっと読む