2553件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

耕地面積の大きい府県は関東以北でありまして、西日本においては第一位であります。また、主要農産物の生産量についてみますと、イグサ、スイカ、露路メロン、甘夏ミカンの全国第一位を初め、たばこ、肉用牛の第四位、その他ミカン、クリ、トマト、茶、乳用牛、豚、繭など十位内にランクされております。  

福岡県議会 2019-07-08 令和元年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2019-07-08

施設指定管理者には、平成二十六年四月から五年間、株式会社西日本新聞イベントサービスを指定しております。  八ページをお願いいたします。2)の施設利用及びサービス向上につきましては、伝統芸能はもとより、ジャズコンサート、吟詠大会などに利用され、利用者数は前年度を若干下回る三万四千人余、公演回数は前年度を上回る九十二件、施設稼働率は七六・四%で前年度を下回っております。

福岡県議会 2019-07-05 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-05

この大学で二〇一六年度以降、小学校中学校免許が同時に取りにくいカリキュラム変更が行われており、西日本新聞の一面で、小中教員免許同時取得だめとの見出しで、学生が困っている状況の報道がありました。記事には、教員養成課程を持つ国公立大学は計四十四校、文部科学省の担当者は、福教大のような取り組みは聞いたことがないと記述されております。

福岡県議会 2019-07-03 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-03

さて、今年の三月十五日の西日本新聞に、資生堂の久留米工場では、これから段階的にではありますけども、千人規模の雇用を考えているということが報道をなされたわけであります。一社で千人というのは、非常にこの時代には大きな規模の雇用でありまして、大変うれしいと同時に驚いているのが現実であります。県内地域にそのような雇用の場が創設されることは、本当に福岡県としてもありがたいことだろうと思います。

福岡県議会 2019-06-28 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-06-28

しかしながら、今回質問するに当たりまして、実は本日の西日本新聞で、大分県日田市の住民説明会の中で、全体としては鉄道での復旧を求める声が大きいということですけども、一部住民、特に県境の川の改修とかをやっていかなければ、もとの自分たちが住んでいたところに戻れない方々からBRTでの復旧を求める声も出ていると聞いております。しかしながら、福岡県側の要望、地元の声は鉄道での復旧であります。  

千葉県議会 2019-06-24 令和元年_農林水産常任委員会(第1号) 本文 2019.06.24

これを見ますと、昨年の西日本豪雨の教訓を踏まえ、国が防災重点ため池の選定の考え方を見直し、新たな基準に基づいて、この5月末時点の選定結果を取りまとめたというものになっております。県内には約1,200余りのため池があり、その中には、古くは江戸時代から存在しているものもあります。また、近年のゲリラ豪雨などの気象状況なども考え合わせると、ため池の安全管理には万全を期する必要があるものと考えます。  

千葉県議会 2019-06-20 令和元年_総務防災常任委員会(第1号) 本文 2019.06.20

実際に東日本大震災熊本地震、また、西日本豪雨の際にも、そのときはフィンランド製の液体ミルクが救援物資として被災地に届けられて、その利便性が広く知られたところであります。政府もその利便性に着目しておりまして、内閣府におきましても、自治体に向けた男女共同参画の視点からの防災復興の取組指針を19年度に改定する方針となっています。

鹿児島県議会 2019-06-18 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

七月豪雨では、西日本から東日本にかけての広い範囲で記録的な大雨となり、特に西日本を中心に多くの地域河川の氾濫、浸水被害、土砂災害が発生し、死者は二百人以上に上り平成最悪の水害とまで言われました。  また、台風二十一号では、大阪湾などで記録的な高潮となり、関西空港の滑走路やターミナルビルが浸水し、連絡橋にはタンカーが衝突して五千人を超える人が空港に取り残される事態となりました。  

千葉県議会 2019-06-07 令和元年6月定例会(第7日目) 本文

しかし、昨年9月の北海道胆振東部地震西日本豪雨災害、3年前の九州熊本地震など、ふだん普通に使えた電力設備が全く機能せず、さらに被害が長期間にわたることも想定され、病院など医療はもとより、携帯電話の充電すらままならなくなり、通信機能も麻痺したブラックアウトとなったことは記憶に新しいと思います。

群馬県議会 2019-06-06 令和 元年第2回定例会防災・減災対策特別委員会-06月06日-01号

◆伊藤祐司 委員   西日本豪雨では、想定以上の雨が降り、満水になってしまったダムからの放流により、急激な河川の氾濫を引き起こし、住民が避難する時間的余裕を奪ってしまったことが指摘されているが、群馬の県営ダムにおける洪水調節はどのように行っているか。 ◎平形 水害対策室長   県が管理する7ダムはいずれも自然調節であり、洪水時にゲート操作は行っていない。

千葉県議会 2019-06-02 令和元年6月定例会(第2日目) 本文

昨年7月のいわゆる西日本豪雨から間もなく1年になろうとしています。この豪雨の際には、気象状況等の悪化に伴い、自治体から避難勧告が発令されるなど避難を促す情報が出されたものの、自分のところはまだ大丈夫だろうといった思い込みが働いたのか、避難をせずに自宅にとどまるなど、多くの方が亡くなる痛ましい結果となりました。こうした事態を踏まえ、国は本年3月、避難勧告等に関するガイドラインを改定したとのことです。

鹿児島県議会 2019-03-15 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文

国内では、熊本地震西日本豪雨災害北海道胆振東部地震など、本県を含む全国各地で大規模な自然災害が相次ぎ、迅速な対応が求められてきました。  本県におきましては、平成二十八年から新たに三反園知事が就任され、県民が主役の県政を実現したい、県民の生活を少しでもよくしたいとの思いで、知事と語ろう車座対話などを通して県民と対話を行いながら、県政のさまざまな課題に取り組まれているところであります。  

群馬県議会 2019-03-12 平成31年 第1回 定例会-03月12日-06号

西日本豪雨の教訓から、国の政策的誘導に沿って、土砂災害対策河川整備関係予算を増やすのは当然のことですが、7つの交通軸やコンベンション施設など、不要不急の開発予算まで大幅に増やしました。財源のかなりの部分を県債に求めたため、来年度末の県債残高は1兆2,700億円近くになります。プライマリーバランスもマイナスに転落です。そうまでして、なぜ大型開発に固執するのでしょうか。

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算特別委員会総務・政策・企業分科会−03月08日-01号

◆今江政彦 委員  防災危機管理局の関係で、平成30年度はもう御承知かと思いますが、滋賀県でも台風21号で大変な被害がありましたし、西日本豪雨や北海道では地震によるブラックアウトもありました。大変大きな課題があって、恐らく県の職員もいろいろな支援で参加されたと思いますし、我々や県民もいろいろとボランティアをしていただきました。