23758件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

地方団体においては、理念なりあるいは方向なりについては大方賛意を表しつつも、国の過剰関与や補助の整理合理化につき具体的な指摘を欠く点を物足りないと見る向きがほとんどであるように思います。知事のこれに対するところの御見解をお尋ねいたします。  次に、県独自の行財政改革についてお尋ねをいたします。  

福井県議会 2019-10-04 2019.10.04 令和元年第408回定例会(第5号 閉会日) 本文

第56号議案福井県個人番号の利用に関する条例及び住民基本台帳法施行条例の一部改正は、私立高校授業料等減免補助交付事務や不妊治療、肝炎治療などの助成事務に、本人の同意なく行政がマイナンバーを活用することになり、反対です。  総務教育常任委員会でも指摘しましたが、今、県職員などへの事実上のマイナンバーカード取得押しつけなどが行われております。

青森県議会 2019-10-02 令和元年第299回定例会(第6号)  資料 開催日: 2019-10-02

─────────┐│ │      ││     歳   入     │     歳   出     ││ │      │├───────────────┼───────────────┤│ │      ││第5款 地方交付税      │第2款 総務費        ││ │      ││第9款            │ 第1項 総務管理費     ││ │      ││ 第2項 国庫補助中所管分

青森県議会 2019-09-26 令和元年第299回定例会(第3号)  本文 開催日: 2019-09-26

34 ◯商工労働部長(田中泰宏) 御質問五点のうち、まず、小規模事業者持続化補助の県内の活用状況についてお答えします。  国の助成制度である小規模事業者持続化補助は、小規模事業者がビジネスプランに基づいた経営を推進していくため、商工会商工会議所と一体となって行う販路開拓や生産性向上等の取り組みを支援するものです。  

青森県議会 2019-09-25 令和元年第299回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-09-25

また、国の補助事業では、地域に潜在するひきこもり当事者を早期に発見し自立支援を図ることを目的に、相談窓口や支援機関情報発信、支援拠点づくり、ひきこもりサポーターの派遣等を行うひきこもりサポート事業があり、実施主体である市町村に対しては、補助の活用について働きかけているところです。  

福井県議会 2019-09-25 2019.09.25 令和元年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文

安全環境部長  今ほど課長からお話しさせていただいたが、具体的に言うと産業部門も、どうしても県内は中小企業が多くあるので、大企業はそれこそ省エネ型の機械を導入すれば、そもそもの電気量が減るということでいいのだけれども、いろんな中小企業にお聞きすると、補助をもらっても、例えば補助裏を当てに新しい最新型で電気消費量の少ない機械をどんどん入れていくのは、なかなか難しいというお話も、県の環境基本計画を策定

福井県議会 2019-09-25 2019.09.25 令和元年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文

特に、老人ホームなどを建てる場合には、補助などがついてくるので、7月から8月に発注があって、3月までに完成させなさい。だけど、材料が入ってこない。特に、ハイテンションボルト、鉄骨、生コンなど、材料が足りない。人手もない。この中で、今言った働き方改革もしていかなければいけない。こういった現状についてはどうか、伺う。

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日総務企画県民委員会-09月24日-01号

Ⅰ、一般正味財産増減の部の1、経常増減の部の主な収入として、(1)経常収益の④受取補助等は、能登原子力センター管理費に対する県、志賀町からの補助等です。  主な費用としては、(2)経常費用の①事業費は、普及啓発事業等に要した費用です。  次に、55ページです。  平成30年度の収支としては、当期一般正味財産増減額が62万円余となっています。  次に、56ページです。  

石川県議会 2019-09-18 令和 元年 9月第 4回定例会−09月18日-04号

補助を一切使わず生活されているそうです。こういった林業を目指すべきだとも述べておられました。  自伐型林業を言葉で伝えるのはなかなか難しいのですが、大きな補助も要らない、日本地形気候風土に合わせたスタイルの林業であり、私もこれが次世代へとつないでいける持続可能な林業なのではないかと考えています。県は自伐型林業についてどのようにお考えか、お聞かせください。  

青森県議会 2019-09-18 令和元年第299回定例会(第1号)  本文 開催日: 2019-09-18

これは、国庫補助が三十五億九千百四十六万余円減少したこと等によるものであります。  県債につきましては、六百二十一億五千七百万円で、前年度と比較すると、九億二千二百七十九万余円、率にして一・四六%減少しております。これは、一般単独事業債が二十八億一千六百万円増加した一方で、臨時財政対策債が二十四億八千五百万円、災害復旧事業債が二十億六百万円減少したこと等によるものであります。  

石川県議会 2019-09-13 令和 元年 9月第 4回定例会−09月13日-03号

県では国の補助を活用し、市町と連携しながら海岸漂着物の回収、処分を行っているところでございます。その処理につきましては、海岸漂着物には塩分を含んださまざまなごみが混在しておりまして分別も難しいことなどから、昨年度回収した海岸漂着物のうち、リサイクルされた量は約一割にとどまっており、焼却が四割、埋立処分が半数の五割ということでございます。  

石川県議会 2019-08-27 令和 元年 8月27日総務企画県民委員会-08月27日-01号

宮崎高裕 文化振興課長  今ほどの3,300万円のうち、県の補助ベースで約2,000万円、その他、金沢市補助や受講料を合わせて3,300万円程度ということになっています。 ◆石坂修一 委員  この数字から言うと、地元の負担がほとんどという中で、例えばマスタークラスでは、本当の地元の方はわずかです。そうすると、受講生の中で県内在住の人と海外の人とで何か差つけているのでしょうか。

石川県議会 2019-08-26 令和 元年 8月26日環境農林建設委員会-08月26日-01号

それから、市町と連携して国の補助を活用した海岸漂着物の処理にも積極的に取り組んでいるところです。 ◆石田忠夫 委員  ここ最近は紙製だったり腐るようなストローだったりと、プラスチック製品を使わないという風潮に進んでいます。生活環境部としてもっと積極的に進める必要があるのではないかと思います。