運営者 Bitlet 姉妹サービス
190件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-01 鳥取県議会 平成30年9月定例会(第9号) 本文 地方自治法では、一般職非常勤の存在をにおわせながら、地方公務員法では、一般職非常勤は想定されていないという任用根拠が曖昧な中、行政実例として多くの自治体がこの非常勤職員を採用してまいりました。平成17年から平成28年までの約10年間に、正規職員は約30万人減少、逆に非正規職員は20万人の増であります。平成28年4月1日現在では、合計64万人ほどとなっております。 もっと読む
2017-12-14 石川県議会 平成29年12月14日予算委員会−12月14日-01号 ◎坂井美紀夫 選挙管理委員会委員長  選挙管理委員会では、政治活動や選挙運動に関する各種問い合わせなどに対しまして、法解釈や過去の判例、国が示す行政実例等に基づき一般的な解釈を回答しているところでございます。   もっと読む
2017-12-06 長野県議会 平成29年11月定例会総務企画警察委員会-12月06日-01号 最後に、前回、私のほうで、監査委員による賠償責任の軽減の可否について、問い合わせたところ、行政実例による自治法の第243条の2の第8項の解釈に、行政実例とは相違があるという御発言があったわけですけれども。具体的に、その後、こういうようなものが違うというような実例がありましたら、お示しいただきたいと思います。 もっと読む
2017-10-11 沖縄県議会 米軍基地関係特別委員会記録 平成29年 第 5 回 定例会第 2 号 そういった中において、水産庁からの回答はとても真摯な対応だとは言えない状況であったということで、県としてはこれまでの行政実例に倣いまして、漁業権の一部放棄をもって漁業権は消滅するものではないと。したがいまして、岩礁破砕等許可手続を行う必要があるので、岩礁破砕許可の申請を行ってくださいと何度も沖縄防衛局に対して申し入れを行ったわけですが、聞き入れていただけなかったと。 もっと読む
2017-10-11 沖縄県議会 米軍基地関係特別委員会記録 平成29年 第 5 回 定例会第 2 号 そういった中において、水産庁からの回答はとても真摯な対応だとは言えない状況であったということで、県としてはこれまでの行政実例に倣いまして、漁業権の一部放棄をもって漁業権は消滅するものではないと。したがいまして、岩礁破砕等許可手続を行う必要があるので、岩礁破砕許可の申請を行ってくださいと何度も沖縄防衛局に対して申し入れを行ったわけですが、聞き入れていただけなかったと。 もっと読む
2017-10-04 長崎県議会 平成29年  県議会議員定数等調査特別委員会-10月04日−02号 これは公職選挙法の行政実例でございますが、特別の事情に関する行政実例をご紹介しております。市町村合併による人口の減少は直ちに特別の事情に該当しないと思うがどうかということで、お見込みのとおりで、編入合併したこと、ただその事実のみでは特別の事情に該当するかどうかを判断することはできないと。   もっと読む
2017-10-04 長野県議会 平成29年 9月定例会総務企画警察委員会−10月04日-01号 ◎林雅孝 監査委員事務局長 すみません、今委員が読まれたものの出典がわからないので、私どもも、例えば行政実例等で、今、おっしゃった見解が記載されているものは承知をしておりまして、これにつきましては、既に監査委員等にもお話をしてございます。ただ、行政実例等でございますので、一つの解釈だと理解をしております。 ◆下沢順一郎 委員 一つの解釈っておっしゃると、ほかに解釈があるということですよね。 もっと読む
2017-10-03 北海道議会 平成29年第3回予算特別委員会第2分科会−10月03日-04号 ◎(岸指導担当局長) 公会計化に関する国の考え方についてでございますが、国におきましては、昭和32年及び39年に当時の文部省が示した行政実例により、これまで、学校給食費を公会計にするか、私会計にするかは、設置者である市町村の裁量によるものとしてきたところでありましたが、昨年6月の、学校現場における業務適正化に向けた報告におきまして、学校現場の負担の軽減等の観点から、学校給食費などの徴収・管理業務については もっと読む
2017-09-29 長野県議会 平成29年 9月定例会本会議-09月29日-05号 住民監査請求に基づく監査に当たっては、今回の事案も含めて、本県の過去の監査事例や、それから他県における事例のほか、裁判例、それから行政実例等々について調査し、事案を検討する上で参考にしております。  そこで、この平成22年の住民監査請求につきましては、事務費が国庫補助金の交付目的に直接関係しない用途に使われたこと等により補助金の返還を求められた事案でございます。 もっと読む
2017-09-22 長崎県議会 平成29年  県議会議員定数等調査特別委員会-09月22日−01号 これは、公職選挙法の行政実例集を参考という形で付けております。先ほどの第8項に規定する人口比例に関する行政実例を、ここに2つ紹介をしております。  記載しております1つ目の「◯選挙区別定数の配当について」の問1でございますが、まず、県の総人口を議員定数で割って議員一人当たりの人口を算出します。 もっと読む
2017-09-21 秋田県議会 平成29年 第2回定例会 第3日 県選挙管理委員会としましては、選挙人名簿への登録状況について個別に調査は行っておりませんが、これまでも市町村選挙管理委員会に対し、関係法令や行政実例などに従って、選挙人名簿の適切な調製に努めるよう注意を喚起してきたところであります。   もっと読む
2017-09-07 富山県議会 2017.09.07 平成29年教育警務委員会 これは行政実例でもよくある話ですが、失職というのは何らかの処分性を持ったものでなくて、失効した時点で当然に職を失うという整理になっています。  そうはいっても平成21年に改正法が施行され、10年の有効期限があるものですから、初回ですし、何らかの経過措置や救済措置がないのか国にも確認したのですが、この法律はそこは何もないのです。   もっと読む
2017-03-24 沖縄県議会 米軍基地関係特別委員会記録 平成29年 第 1 回 定例会第 3 号 したがいまして、その技術的助言についてはこれまでの政府見解、国会答弁等も含めて判断されて、全国の知事宛てに発出されているものでございますので、その方針を踏まえて行政実例としてこれまで運用してきているということでございます。 もっと読む
2017-03-13 山口県議会 平成 29年 商工観光委員会-03月13日 今のようにパソコンもスマホもないわけですから、何か調べるときには、常に本を見て、解説書を見て、法律集を見て、行政実例を見て調べて、そして必要なところを手作業でコピーをして、それを資料に張って、そして協議をすると、こういうふうな今では考えられないような仕事をしていたわけですけれども、そういったことが大変、今となっては懐かしく、またそうした仕事ができたことは自分の財産になったと思います。   もっと読む
2017-03-09 沖縄県議会 土木環境委員会記録 平成29年 第 1 回 定例会第 2 号 そういう流れの中で、まさに行政実例に従って、法の手順に従って承認をしたということが書かれています。今、言うような、長きにわたる運用実績とか、四十数年にわたる県庁の行政の実例、そういった許認可行政の中で、承認を与えた事業で事前協議をすっ飛ばしたり、事前協議がなされないまま本体工事に入ったというような実例はありますか。 もっと読む
2017-03-09 沖縄県議会 土木環境委員会記録 平成29年 第 1 回 定例会第 2 号 そういう流れの中で、まさに行政実例に従って、法の手順に従って承認をしたということが書かれています。今、言うような、長きにわたる運用実績とか、四十数年にわたる県庁の行政の実例、そういった許認可行政の中で、承認を与えた事業で事前協議をすっ飛ばしたり、事前協議がなされないまま本体工事に入ったというような実例はありますか。 もっと読む
2016-12-15 宮城県議会 平成28年 11月 定例会(第358回)-12月15日−07号 地方自治法第九十六条一項十二号では訴えの提起は議会において議決しなければならないと定め、控訴する行為は全てが議決の対象となると行政実例でも示されています。今回、県は地方自治法第百七十九条第一項の規定に基づき専決処分を行ったとしています。 もっと読む
2016-12-12 東京都議会 2016-12-12 平成28年厚生委員会 本文 ただ、質疑の冒頭申し上げたとおり、議員提出条例の崇高性は私も十分承知をいたしておりますが、この間、冒頭に申し上げましたとおり、行政実例、これも目配りをしないといけないというふうに思いますので、ぜひそういうときには、そういう取り組みをなされるのがよろしいんではないかと、年寄りの老婆心ながら申し上げるところでございます。   もっと読む
2016-12-01 徳島県議会 平成28年11月定例会-12月01日−02号 また、今年度の市町村新規採用職員研修では、ふるさと納税をテーマに行政実例研修を実施し、鳴門市や吉野川市の取り組み事例を通じて地方創生の原動力となる地域の魅力や特産品、情報発信などを学び、考える機会を設けたところでございます。   もっと読む
2016-09-29 山口県議会 平成 28年 9月定例会-09月29日−05号 また、処分の説明に当たりお示しした国の見解は、埋立免許権者が審査した結果、正当な事由が認められる段階に至った場合には許可という選択肢しかないという趣旨の行政実例を引用しているものです。  いずれにしても、このたびの処分は、公有水面埋立法に基づき厳正に対処したものであり、取り消すことは考えていません。 ○副議長(塩満久雄君) 池田総務部長。      もっと読む