47263件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 まず委員側から、落葉果樹の行政指導について、専門の普及員が少なく技術体制が低下しているように見受けられるので、技術体制を強化し、体質改善を図るよう要望がありました。これに対し、執行部から、これまで米麦担当の普及員を、畜産、果樹、野菜の方へ回すことでやってきた。数字的には五十名程度ずつ確保しているが、落葉果樹について不足しているのは事実である。 もっと読む
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 増税なき行政改革、第二臨調の方針に対し、政府との意見が食い違いを見せる中、財政問題にすべてが集まっていますが、行革の本当の目的は、ただ単に財政のつじつまを合わせるということでなく、日本国の国の歩みを変えることだとするなら、いよいよその大問題は国民的課題として取り組むことになるわけで、いよいよこれからが本番であると言えましょう。 もっと読む
2019-04-26 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成31年 第 3 回 臨時会第 1 号 又吉清義委員 ○又吉清義委員 2年間延長されるということで、非常に県民にとっても行政にとってもいいことだと思うんですが、これが今延長されることにより、お互い税金ですね、どれくらい負担が軽くなっているのか、その辺などもう少し詳しく説明してもらえますか。 ○小渡貞子税務課長 これまでの課税免除の実績ということでよろしいですか。  最新のものですと、平成29年度の実績になっております。 もっと読む
2019-03-22 沖縄県議会 子どもの未来応援特別委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 2 号 これをまともにマニュアルした場合、行政に対して何らかの混乱が出ないかという懸念も、いいことではあるのですが、職員の実務の仕事がふえないかという形も伺いたいと思います。部長、お聞かせください。○仲村未央委員長 喜舎場健太子ども未来政策課長。○喜舎場健太子ども未来政策課長 お答えします。 もっと読む
2019-03-19 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 5 号 ○池田竹州知事公室長 消防行政につきましては、もともと消防組織法におきまして市町村が担うと法律で規定されております。都道府県のほうは、それを補完するという形でいわゆる消防防災ヘリを、政令市があるところは政令市がそこを担っているところが多いのですけれども、というような位置づけで、消防力の強化という観点で消防防災ヘリを導入しているというような状況にございます。 もっと読む
2019-03-18 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 4 号 ○茂太強行政管理課長 我々は平成30年3月に行政運営プログラムを策定しております。 もっと読む
2019-03-18 沖縄県議会 経済労働委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 4 号 行政がしっかり対応できるものをやっていかないと、文化観光スポーツ部の特区というのは別次元の話だと思うんですけど、この辺は商工労働部としてどのように考えているのか。本当に身近に来る、もう猫の手もかりたいような業界がいっぱいある中で、これに対してどのように対応しようとしているのか、ちょっと、もしお考えがあれば教えてください。 もっと読む
2019-03-15 滋賀県議会 平成31年 3月15日厚生・産業常任委員会−03月15日-01号 ◆生田邦夫 委員  行政の側から見れば、少しも矛盾していないと言われるけれども、私はこれをワンストップとは言いません。これは縦割りで、明らかにワンストップにはなっていないと指摘をしておきます。 (3)採決  全員一致で原案のとおり可決すべきものと決した。 4 閉会中の継続調査事件について    別紙のとおり議長に申し出ることになった。 5 委員長報告について    委員長に一任された。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 確定申告の締め切りがあしたになったんですけれども、見える化改革の事業ユニットの中に税務行政というものがあります。ユニット番号17番、中身はIoTであったりとか、AI、最先端の科学技術を積極的に活用していくということであります。  税務行政においても、ICTは取り入れつつあります。ネットバンキングによる電子納税。 もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) だからこそ住民に身近な行政は、地域をよく知る地方に委ね、地域が個性や強みを生かす地方分権型の国づくりへの転換していかねばならない。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 外堀の水質改善策が進まない背景には、こうした複数の行政機関が入り乱れ、実行管理ができていないといったようなことが主な要因であるというふうに思います。   もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 委員が御指摘いただいた下流府県との関係ですけれども、利活用の関係者として、利水者、住民行政を検討してきました。その典型的な例が下流府県の利水者ですが、現在、利水については、既に一応一定の理由があります。一つは、河川法に基づく河川占用料ですが、これは公共の水道などについては基本的に徴収されないルールがそもそもあります。 もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日行財政・働き方改革特別委員会−03月13日-01号 2019「実施計画」(案)について (1)当局説明  村井行政経営企画室長、谷口総務部管理監 (2)質疑、意見等 ◆竹村健 委員  子メーターの件が話題になっていますが、行政経営と関係のない話ではないと思います。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 行政の継続性を考えるのであれば、それを一旦とめる理由をしっかりと明快に示して、理解をしていく中で、さらに新しい次のところに進んでいくということが、私は行政の継続性であるのではないかなというふうに思います。  そして、もう一つは、安全性を確認したといいましたけれども、結局、結果的には、安全は、前と全然変わっていない。 もっと読む
2019-03-12 群馬県議会 平成31年 第1回 定例会-03月12日-06号 勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例 第20号議案 職員の自己啓発等休業に関する条例の一部を改正する条例 第21号議案 消費税法及び地方税法の改正に伴う関係条例の整備に関する条例 第22号議案 群馬会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例 第23号議案 工業標準化法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例 第39号議案 包括外部監査契約の締結について 第64号議案 群馬県行政手続 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号 そういうところはそういうところの役割もあるし、行政はそういったところではできないところを支援するなど、目的をかえるべきではないかと思うのですが、その点は一応意見として申しますけれども、検討していただきたいと思います。  保証料をこれ以上下げられないということは、経費も要るので理解はするのですが、これも少し壁になっていることも一つの理由かと思います。答弁は結構です。2番目は解釈の違いです。 もっと読む
2019-03-12 群馬県議会 平成31年 第1回 定例会-03月12日-付録 31・3・12│31・3・12│ │       │定について           │     │     │     │賛成反対 │多数可決 │ │       │                │     │     │     │討論   │共反対  │ ├───────┼────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤ │第37号議案  │独立行政法人水資源機構法第 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会文教・警察分科会−03月08日-01号 その中で、年齢別の人口や面積、あるいは高齢者の方が通われる施設、商業施設、道路整備状況等、必要な情報を踏まえて、優先順位をつけ、各警察署、それから市町、行政機関等と協議し、各警察署が12カ所ありますので、県下各1カ所ずつ、県下全体で12カ所の思いやりゾーンを選定することになっております。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 私ども行政でそういうプラットホームを立ち上げたいと思っていますが、民間主導でプラットホームをうまく回していただけるように、これから関係団体も含めて検討してまいりたいと考えているところです。現在は、私ども行政で立ち上げの部分はやっていきたいということです。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号 5つの戦略と申しますのが、1つ目が地域産業、2つ目が安全・安心、3つ目が働き方・行政サービス、4つ目が人材、5つ目がICTの基盤の確立です。 もっと読む