479件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮城県議会 2020-06-01 06月24日-04号

また、地縁血縁中心に形成されてきた地域地域伝統文化の継承や防犯・防災、子育て家庭のしつけなどに大きな役割を担ってまいりました。しかしながら、少子化未婚化が今後ますます進む中、単身世帯増加が今後の大きな地域課題になることは避けられそうもありません。そのような変容を踏まえた新たな地域づくりを本格化させなければなりません。そこで大きな役割を担うのは、NPO法人だと考えております。

富山県議会 2020-06-01 令和2年6月予算特別委員会

セミナーや相談マッチング、本当にマッチングに特に力を入れていただければ、私の地元でも、やっぱり民宿を廃業しようかと思っておられたところ、若い方が手を挙げられて、全く血縁関係もないんですけども、うまくいったということで、そのお店は本当に今はやっていまして、そういうことも本当にこれから大事なんじゃないかと思っておりますので、よろしくお願いします。  

滋賀県議会 2019-12-11 令和 元年11月定例会議(第16号~第22号)-12月11日-06号

もしきょうだいで合わないと、血縁者以外から移植をしないといけないので、一致する確率は数百から数万分の1の確率になります。きょうだいの少ない現状では、多くの場合、非血縁者に頼らなければ骨髄移植を受けることができないというのが現実であります。  日本で非血縁者間の骨髄移植を必要としている患者さんは、毎年、少なくとも2,000人を超えます。

福井県議会 2019-12-06 令和元年第409回定例会(第3号 一般質問) 本文 2019-12-06

例えば、「個々の観光素材関連性ストーリー性を持たせて観光客を周遊させ、長期滞在させる」、「観光地観光地宿泊施設をつなぐ二次交通の設置」、「夏休み、冬休み等を利用した福井での遊び体験プログラムを行い、都市圏以外に地縁血縁を持たない子どもに福井の海、山で自然の遊びを満喫してもらう」、「京都、金沢、大阪と競争するのではなく、そこを経験してさらに日本歴史、ロマンを体験したい外国人を取り込む。

愛知県議会 2019-10-03 令和元年農林水産委員会 本文 開催日: 2019-10-03

19 【家畜防疫対策室長】  畜産総合センターでは、系統豚維持を行っているが、系統豚自体血縁が近い豚なので、掛け合わせたときに斉一性が高い。系統豚維持は、血縁係数、近交係数が高いため、掛け合わせによっては、血縁が非常に高くなる。奇形や障害が出るため、掛け合わせ管理をしっかり行っており、これを民間高等学校で行うのは難しい。  

愛媛県議会 2019-09-24 令和元年第365回定例会(第5号 9月24日)

国は、この方針に基づき、地縁血縁による助け合いの機能が低下する中、複雑化した生活課題への対応のため、断らない相談支援などの包括支援や多様な地域活動普及促進について、新たな制度の創設の検討取り組みの強化を進めているところであります。  この方針をもとに設置されました地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会で新たな制度検討されております。

北海道議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会-09月20日-05号

しかしながら、せっかくの取り組みが十分に活用されているかという点においては、まだまだ不十分なのではないかと考えるところであり、また、血縁のない第三者への承継は簡単なものではなく、金融面のサポートやシステムづくりが必要であります。  地域から店舗や企業がなくなることは、まちそのものの存続問題につながります。

愛媛県議会 2019-09-18 令和元年第365回定例会(第2号 9月18日)

前回も申し上げましたとおり、現在の地域社会は、地縁血縁が薄れ、コミュニティも希薄になるなど、子供子育てを取り巻く環境は大きく変化をしてきております。解決すべき課題多様化、複雑化していることから、行政民間が補完、連携しながら、さまざまな角度から子供子育てを支える施策を充実させることがまさに急務となっているのです。  

神奈川県議会 2019-09-11 09月11日-02号

小さな子供に対する愛着形成は実子と実母、実父の関係だけでなく、例えば里親と里子の関係であっても、血縁のない親子であっても、同様に大切なことなのだろうと私は思います。  そこで、率直にお尋ねしますが、県の教育行政の中で、これからはストレートに愛着形成という言葉を使って、その大切さを県民に伝えていくべきかと思いますが、教育長のお考えはいかがでしょうか。  

千葉県議会 2019-09-03 令和元年9月定例会(第3日目) 本文

しかし、今までその誰かを血縁者に委ねるのが当然とされていましたが、長寿化に伴い、子供、兄弟も皆高齢になり、血縁者の縁も都市化過疎化が進むこの時代、薄くなる一方で、委ねることが難しくなっているのが実態だと思います。そのような中、行政血縁者にかわって終末期から死後の意思を伝達してくれる仕組みは市民にとっても心強いことです。  そこでお聞きします。  

埼玉県議会 2019-09-01 10月02日-05号

こうした中で、地縁血縁による助け合い機能が低下し、障害者高齢者支援のように従来の縦割り仕組みだけでは複合化、複雑化した生活課題への対応が困難になっております。八〇五〇問題は、こうした急激な少子高齢化の進行と地域家庭機能の低下が相まって引き起こされる最も深刻な課題の一つであると認識しており、橋詰議員問題意識に対し共有するところでございます。 

北海道議会 2019-07-05 令和元年第2回予算特別委員会第1分科会−07月05日-02号

白血病など血液疾患の治療におきましては、抗がん剤による化学療法中心ではありますが、骨髄移植など、造血幹細胞移植を必要とする場合には、HLAと言われる白血球の型が一致する必要があり、その適合確率は、血縁者でも4分の1、また、非血縁者では数万分の1と言われております。  

愛媛県議会 2019-07-02 令和元年第364回定例会(第8号 7月 2日)

また、地縁血縁のない愛媛県において、県議の先生方には、愛媛県の人や県政の歴史地域課題、ひいては地方議会政治とは何かということについて御教示賜り、時には地域のお祭りや行事に御一緒させていただくなど、公私にわたって鍛えていただいたことは、地方自治を任務とする自分を形づくっていただいたと思っております。本当にありがとうございました。  

滋賀県議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−06月24日-05号

家族農業には、地産地消の食料供給高齢者、女性の雇用の場の確保、地縁血縁相互扶助、兼業で安定した農業の経営、大規模農業より環境負荷が少ない優しい農業、社会的、文化的価値を保存する持続可能な地域社会をつくるというすぐれた機能を持っています。  こうした視点から、家族農業を本県の農業の政策の柱に位置づけ、滋賀の農業を考える必要があると考えますが、知事の所見を伺います。

愛媛県議会 2019-03-05 平成31年第362回定例会(第6号 3月 5日)

国は、1987年の法改正で、虐待や貧困などを理由に生みの親と一緒に暮らせない子供血縁のない夫婦が法的な親子になることができる特別養子縁組制度を創設いたしました。この制度は、子供生みの親、そして育ての親の三者の関係が円滑に進むことを目的として創設されたものであり、生みの親子供との関係が継続する普通養子縁組とは異なり、関係が断絶することに特徴があります。  

北海道議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会-02月25日-05号

また、今回の事例を契機に、日本骨髄バンクも、ドナー登録への協力を積極的に呼びかけておりますが、骨髄移植については、HLAと言われる白血球の型が一致する必要があり、血縁者であっても、その適合割合は4分の1で、非血縁者間では、数百から数万分の1の確立でしか一致しないと言われております。