15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

滋賀県議会 2019-12-18 令和 元年12月18日地方創生・しがブランド推進対策特別委員会−12月18日-01号

この間、平成25年度には日本蕎麦協会主催全国そば優良生産表彰の団体の部で農林水産省生産局長賞を受賞したことが励みになりました。  報道関係では、NHK大津放送局、BSジャパンエフエム滋賀、中日新聞、毎日新聞、滋賀銀行の冊子、それから東京方面ではホテルのレストラン月刊誌に取り上げていただき後押しをしてもらいました。  

埼玉県議会 2017-09-01 10月02日-04号

さらに、越谷市の蕎麦商組合さんの協力で、十八か所の店舗子ども食堂が開設されました。このように、子ども食堂県内で次々と広がっています。八月末時点で七十六か所に上っていると聞いております。ネットワークづくりも進み、九月一日現在、十五市町三十七か所が活動されているとお聞きしました。ネットワーク化の大きな利点の一つに、食材の確保、食品製造業フードバンクとの提携強化が挙げられます。

福井県議会 2016-09-20 平成28年第393回定例会(第3号 一般質問) 本文 2016-09-20

この辛い大根で食べる坂井市流の「越前坂井辛み蕎麦をご当地グルメとして全国発信まちおこしにつなげようと、2011年に市民有志により結成されたのが「越前坂井辛み蕎麦であなたの蕎麦辛み隊」です。県内外でのイベント出展坂井市流の食べ方のそばを提供してくれる店舗推奨店としてPR活動を繰り広げています。  

秋田県議会 2013-09-24 09月24日-04号

次に、農家農業法人による六次産業化取り組みにつきましては、大館市の「有限会社ナチュラルファーマーズ」が大豆や枝豆を使った濃厚な豆腐の製造販売を開始するとともに、鹿角市の「農事組合法人したかわら」では手づくり蕎麦を提供する農家レストランに取り組むなど、経営の多角化の動きが各地で見られるようになっております。 

秋田県議会 2012-12-05 12月05日-11号

ことしは、モデルロケット発射体験地元蕎麦を試食するなど、子供たちや県民の皆さんとイベントを楽しませていただきました。 本県は厳しい経済雇用情勢の中にあって、環境・リサイクルや電子デバイス関連技術など、科学技術を生かした産業の創出に向け、さまざまな取り組みを行っておりますが、それを支える人材の育成が非常に重要であります。 

島根県議会 2012-10-05 平成24年度決算特別委員会(第3分科会) 本文 開催日: 2012-10-05

一部商品については継続的な受注を獲得しておりまして、例を挙げますと、北米や香港向けに「蕎麦輸出、しょうゆを使った調味料韓国向け輸出、あるいは津和野産のワサビのイギリス向け輸出などが継続的に進んでおります。  それから(イ)では、観光と連携した輸出促進取り組み、(ウ)新規販路開拓調査では、ロシア向けボタン取り組みなども実施したところです。

北海道議会 2011-03-03 平成23年第1回予算特別委員会−03月03日-03号

ところが、北海道のホームページでは、こちらにプリントしたものを持ってきましたけれども、「北海道的狩猟ライフのすすめ」というところをめくりますと、「蝦夷雷鳥蕎麦ということで、「蝦夷雷鳥はとても上品で良い出汁がでます。蕎麦やお雑煮、もち米と炊いてサムゲタン風にしてもおいしいです。」

福井県議会 2010-06-09 平成22年産業常任委員会 本文 2010-06-09

新宿区神楽坂に先月開店をした「九頭竜蕎麦という店があるが、本県食材をふんだんにメニューに取り入れてもらうなど、営業活動の成果もあらわれてきているところである。  今後は、県内民間企業の皆様から都市圏飲食店の情報を提供していただくなど、新たな販路開拓に積極的に努めていきたいと考えている。  次に、農産物等輸出については、新たに中国本土の上海での販路開拓を進めることとしている。

長野県議会 2007-03-07 平成19年 2月定例会土木住宅委員会-03月07日-01号

これは、個別名称を挙げていいかどうかなのですが、平安堂の北側に低層のスポーツ施設スポーツ屋さんですとか化粧品屋さんですとかお蕎麦屋さんですとか、そういったところまでの三角の部分がありますが、あの三角だけが再開発として取り残されている、従来、事業ができなかった土地でございます。

茨城県議会 2005-10-21 平成17年県出資団体等調査特別委員会  本文 開催日: 2005-10-21

次に,6)の「そば郷づくり事業」でございますが,県北地域日本一おいしい常陸秋そばでおもてなしを受けられる地域ということにするために,これまで財団が育成してまいりましたいばらき蕎麦の会の協力を得て,そば打ち講座を定期的に開催しております。また,日本一そばを楽しむ会というのを毎年一定の場所で開催しております。

島根県議会 2004-12-10 平成16年_農水商工委員会(12月10日)  本文

干いてだことのてて、蕎麦こぎゃんことする…、あれはつまらんわ。生がおいしいわけだ。その生を、ないようなものをあえて宣伝せでもええっていうわけだ、わしは。もっと生を、せっかくだから「十六島」という銘柄を使って、「島根米」で売るのと一緒で、やるんだったら、もっと日本海の海岸にコンクリートを塗ってあげて、どんどんどんどんたくさんとって…。量がなけな何にもならんだがな。

東京都議会 2003-02-24 2003-02-24 平成15年_予算特別委員会(第4号) 本文

三越本店とか早稲田大学大隈講堂とか、ずっとありまして、三十九番に藪蕎麦というのがあります。神田ですね、これ。天たねで一杯やって、そばを食って、四十三番の竹むらであんみつなんていうのが定番コースになっていますけれども、例えばこの中に立教大学の本館とか図書館というのが指定されています。  一昨年だったと思いますけれども、あの建物が耐震構造上よくないということで、耐震補強をしたらしいんですね。

  • 1