運営者 Bitlet 姉妹サービス
265件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 千葉県議会 平成30年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2018.12.18 次に、議案第10号千葉県知事の権限に属する事務の処理の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定については、国の関係法令の改正を受けまして、指定障害福祉サービス事業者等の業務管理体制整備に係る届け出の受理など船橋、柏市に移譲される18の事務を条例から削除するものでございます。   もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第3日目) 本文 既に流山市、佐倉市など7市町が計画を公表し、現在、千葉市、船橋の2市が策定を進めており、県といたしましては、引き続き丁寧な情報提供や助言などの支援に努めてまいります。  私からは以上でございます。他の質問につきましては副知事及び担当部局長からお答えをいたします。 ◯議長(吉本 充君) 副知事高橋渡君。      もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第4日目) 本文 また、当該地区では、船橋が医療や健康をテーマとした新たなまちづくりとしてふなばしメディカルタウン構想を取りまとめ、土地区画整理事業が計画されているところです。 もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第6日目) 本文 本年度は歩道の連続性を確保することを最優先に、残る船橋側の区間の用地取得に取り組んでいるところでございます。引き続き地元の皆様の御理解と御協力をいただきながら、早期に歩道整備ができるよう努めてまいります。  私からは以上でございます。 ◯副議長(石毛之行君) 教育長澤川和宏君。      もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第5日目) 本文 県では現在、中核市である船橋及び柏市からの要請を受け、それぞれの市の職員を研修生として受け入れて人材育成の支援を行っているところでございますが、両市との間で定期的に開催している意見交換会で丁寧に議論を重ねながら、今後とも必要な支援策を検討してまいります。  私からは以上でございます。 ◯議長(吉本 充君) 商工労働部長吉田和彦君。      もっと読む
2018-06-01 千葉県議会 平成30年6月定例会(第5日目) 本文 船橋選出、立憲民主党の大崎雄介でございます。  一般質問も4日目の5番手ということで、皆さん多分、大分お疲れかと思います。また、執行部の皆様におかれましても、大変お疲れのことと御推察いたします。任期中最後の質問の機会となりました。今回もいつもと同様、子供たちに関すること、地元船橋に関することを中心に質問をしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。   もっと読む
2017-12-04 宮城県議会 平成29年 11月 定例会(第362回)-12月04日−03号 他県を見ますと千葉県船橋ですとか東京都新宿区などで行政によります規制区域内の秩序維持を目的とした新たな条例を制定して一定の成果を上げていると承知しております。 もっと読む
2017-12-01 千葉県議会 平成29年12月定例会(第4日目) 本文 地震被害想定は、千葉市と習志野市の境界付近を震源とするマグニチュード7.3の規模の千葉県北西部直下地震が将来発生すると想定したものですが、ここで想定される地震では、千葉市、習志野市、船橋、市川市などを中心とした県北西部で震度6強、県全体でも約40%が震度6弱の揺れに見舞われ、甚大な被害が発生するとしています。 もっと読む
2017-06-01 千葉県議会 平成29年6月定例会  予算委員会会議録 船橋も同様の制度を実施しており、貸付額返済免除利用者対象数が異なりますが、私の聞く船橋の制度は、県内保育士養成校及びその学生でも知らぬ者はおらず、養成校の先生方や学生の口から出る就職対象市町村は、第1が船橋だということであるそうであります。養成校の先生方も、養成校入学時点から卒業時には船橋に就職することが決まっている学生が集中していることを懸念されているところであります。   もっと読む
2017-02-22 千葉県議会 平成29年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2017.02.22 人口割で単純にその小学校に在籍する児童数と設置してるクラブ数を割り返して計算してみますと、少ない市町村としますと鎌ケ谷市、八千代市、船橋の順で少なくなっております。なお、鎌ケ谷市につきましては、実際には待機児童は発生していない状況でございます。  それから、2点目の障害児の受け入れ可能なクラブ数ということですけれども、現在、障害児を受け入れてる市町村でいきますと36市町となっております。 もっと読む
2017-02-02 愛媛県議会 平成29年県議会議員定数等調査特別委員会( 2月 2日) ○(政務調査室長) 千葉県船橋は人口62万3,000人で定数は7人でございます。 ○(石川稔委員) 少しこの数字も驚いたんですけれども、休憩時間の間に、面積はどんなんかなと思って調べてみましたら、船橋が85.62平方kmなんですよね。面積だけのことでいえば、例えば松山・上浮穴選挙区でいったら、松山が429です。それだけで5倍近くになりますね。 もっと読む
2016-10-20 栃木県議会 平成28年10月経済企業委員会(平成28年度)−10月20日-01号 札幌市、船橋における物産展の開催等を行ったほか、幕張メッセで行われましたFOODEX JAPAN2016への出展支援を行ったところです。  続きまして、11ページをお願いいたします。  「とちぎのいいもの」販売推進事業費です。これは、東京事務所のとちぎのいいもの販売推進本部によります県産品の販路開拓・拡大に向けた取り組み、それから観光誘客の推進に要した経費でございます。 もっと読む
2016-06-01 千葉県議会 平成28年6月定例会(第2日目) 本文 千葉市や船橋などでは、保育所の定員にはあきがあるにもかかわらず、保育士が足りないために、やむなく児童の受け入れを制限しているという事態が起きているとのことです。したがって、待機児童解消のためには、施設整備と同時に、そこに働く保育士の確保をしっかり図っていくことが、特に待機児童の多い都市部を中心として重要な課題となっております。   もっと読む
2016-03-09 岐阜県議会 平成28年  2月 定例会(第1回)-03月09日−02号 昨年七月には、千葉県船橋にあるふなばしアンデルセン公園が、外国人観光客の多くが利用するインターネットサイトで国内の人気テーマパークとして東京ディズニーリゾートに次いで第三位に選定されたことが話題となっております。この公園は、外国人居住者が多い地域にあり、利用者も多いことが高評価につながったようでございますが、日本一楽しい普通の公園として地域住民にも支持されています。 もっと読む
2015-12-09 東京都議会 2015-12-09 平成27年第4回定例会(第17号) 本文 既に、市内のコンビニほぼ全てにAEDを設置している船橋の実績を見ますと、AED利用時間の約半数が夜間や早朝であり、コンビニにAEDを設置した効果があらわれております。   もっと読む
2015-12-03 秋田県議会 平成27年 第3回定例会 第9日 このような動きはJAにも広がっており、JAあきた北央が、昨年、JAちば東葛と協定を締結し、船橋の直売所で農産物の販売を行っているほか、JA秋田おばこでも、先月、JAいちかわと協定を結び、農産物の相互販売や農業振興を進めることにしております。 もっと読む
2015-12-01 千葉県議会 平成27年12月定例会 発議案 こうした中、県は、同様の気象条件等による浸水被害の再発防止に向け、千葉市、船橋及び市原市並びに学識経験者を交えた検討会を開催し、平成27年度中に一定の結論を得ることとしている。  千葉港において県港湾課が管理する水門は17基、そのうち13基がJアラートと連動して自動閉鎖される仕組みとなっているが、全国に設置されたJアラートと連動した水門の状況は明らかになっていない。   もっと読む
2015-10-26 栃木県議会 平成27年10月経済企業委員会(平成27年度)-10月26日-01号 札幌市、船橋での観光物産展の開催、千葉の幕張メッセでのFOODEX JAPAN2015への出展などを行ったところでございます。  次に、「とちぎのいいもの」販売推進事業費でございます。これは、東京事務所のとちぎのいいもの販売推進本部による首都圏に向けた販路開拓・拡大に向けた取り組みや本県への観光誘客の推進に要した経費でございます。 もっと読む
2015-10-13 滋賀県議会 平成27年 9月定例会議(第9号〜第15号)−10月13日-07号 特別区の文京区で世帯の25%以上、政令市の大阪市で15%、中核市の千葉県船橋で20%などと見込まれています。平均1割なら540万世帯、2割なら1,080万世帯に届かないという、制度の前提を揺るがす事態であります。  第二に、マイナンバーの最大の問題は、歯どめのない情報漏えいという問題であります。   もっと読む
2015-06-30 千葉県議会 平成27年_県土整備常任委員会(第1号) 本文 2015.06.30 船橋山野町27番地、株式会社横河ブリッジ取締役社長玉井尚治です。なお、先ほど議案訂正の御承認を受けましたように、株式会社横河ブリッジ取締役社長の氏名については、玉井尚治から藤井久司に訂正させていただきます。  契約金額につきましては、これまで2回変更しており、1回目の変更は、労務単価の特例措置によるもので、2回目の変更は、平成26年2月の労務単価改定に伴うインフレスライドによるものです。 もっと読む