13376件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 ○議長(幸山繁信君) 次に日程に従いまして、日程第一、去る三月定例会において引き続き総合開発特別委員会に調査を付託いたしましたエネルギー開発に関する件、水資源開発に関する件、観光開発に関する件及び過疎対策に関する件並びに陳情書について、交通通信対策特別委員会に調査を付託いたしました熊本港建設に関する件、国鉄新幹線建設に関する件、国鉄地方新線建設並びに同地方線対策に関する件、国際空港に関する件、国内航空もっと読む
2019-03-22 沖縄県議会 公共交通ネットワーク特別委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 2 号 ○長濱為一交通政策課長 小規模離島の航空路線の再開ということで、この委員会でも何度かお話ししてございますように、関係者、県、市町村、それから航空事業者から成る協議会の下部の検討部会で検討を重ねているところでございます。その検討に加えて、粟国を初めとした路線の確保につきましては、実は幾つか航空事業者も関心を示しているところがございまして、調整等も行っているところではあります。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 五期にわたってオープンハウス型の説明会を開催したり、航空機のチェック体制の強化をし、そして航空会社への落下物防止対策基準の制定と、それに基づく対策の義務づけ、防音工事の助成制度、これら拡充などを進めてきています。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 未来を見据えても、航空機産業、ロボット、水素エネルギー、再生医療などの先端産業の国内市場規模は今後ますます大きく拡大することが見込まれている。県内には大型放射光施設SPring−8やX線自由電子レーザSACLA、また、今年8月で供用が終了するがスーパーコンピュータ、京など、世界をリードする科学技術基盤を有している。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 また、平成二十八年度から開始した情報セキュリティー及び航空分野の職業教育プログラムは、喫緊の課題に対応したものとして産業界から高く評価されているところでございます。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 ◯知  事  私も若いときに滋賀県の長浜で1年ほど住んだことがあるが、福井県では今後の県政を担う若手職員、今7名であるが、県外の大手商社、航空会社、シンクタンクといった民間企業に派遣している。全国規模の営業活動や国際会議の対応などを学ぶ研修も受けているところである。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 私は、事故時の対応、あるいは航空法等の国内法の不適用など、現在の日米地位協定のあり方について、疑問に思わざるを得ない状況があると認識しております。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 伊豆諸島と本土を短時間で移動できる航空路線は、島の住民の暮らしを支える生命線であり、航空路線を確実に維持していくことが重要です。  都は、島の住民向けに航空運賃の割引制度を実施していますが、空港のない利島、御蔵島の住民については、現在の制度では最寄りの空港を利用するときにしか割引対象になっていません。   もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 ふくいオープンイノベーション推進機構については、産学官金の連携による研究開発と販路開拓を進めており、特に炭素繊維分野では、福井県独自の技術を活用して地元企業の航空分野や自動車分野などへの進出を支援してきた。先月には、炭素繊維の部材を用いた次世代型の橋梁を工業技術センターにおいて披露したところであり、早期の事業化を目指して研究を進めている。   もっと読む
2019-02-16 福岡県議会 平成31年2月定例会(第16日) 本文 交流拡大に向けては、福岡とオーストラリアを結ぶ直行便も重要となってくるため、航空路線を所管する担当部局とも連携して進めてもらいたいとの要望が出されたところであります。   もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 小松空港の国際化については、議員各位の御尽力のもと、キャセイパシフィック航空が4月3日から10月26日の間、香港との間に週2便の定期便を就航することとなりました。就航に先立ち、石川県とともに香港を訪問し、現地の旅行会社に対し小松便への誘客を要請してまいります。これからも石川県との連携を強め、小松空港の利用促進を積極的に進めてまいります。   もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 新聞報道によれば、国土交通省大阪航空局は二月四日、二〇一八年の管内空港の利用状況速報値を発表し、北九州空港の旅客数は、過去最高の百七十四万九千九百六十二人となりました。前年比六・八%増で、離島を除き九州の空港では最も高い伸び率となったようです。特に昨年十月、台湾線が就航した国際線は一八・三%増の三十二万五千人となりました。 もっと読む
2019-02-08 福岡県議会 平成31年2月定例会(第8日) 本文 ハワイ線運休につきましては、新聞報道前日の一月十五日でございますけれども、旅行会社のほうから県に対しまして、デルタ航空側から突然運休の通告がなされた旨の情報提供がございました。その内容を直ちに私に報告があったところであります。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 しかし、県の地域防災計画では、民間航空機による大規模な航空事故によって多数の死傷者が発生した場合の県や市町村など地方自治体の対応については規定してあるものの、自衛隊機や米軍機の事故への対応については全く規定されていません。   もっと読む
2019-02-01 福岡県議会 平成31年2月定例会(第1日) 本文 このほか、将来の成長が見込まれるバイオ、ロボット、水素エネルギー、IoT、航空機といった先端成長産業の育成にも取り組んでまいりました。  農林水産業では、ブランド化、輸出促進、六次産業化を推進するとともに、担い手の確保、地産地消にも力を入れてまいりました。 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第6号) 本文 アメリカ軍機による低空飛行訓練について、国の責任で騒音測定器をふやすなど、必要な実態調査を行うとともに、訓練ルートや訓練が行われる時期について、速やかに情報提供を求める、日米地位協定を抜本的に見直し、航空法や環境法令など国内法をアメリカ軍機にも適用させることを求めています。  山梨県でも、北富士演習場でアメリカ軍の演習が行われ、オスプレイの飛行が県内でも目撃されています。 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第3号) 本文 特に、笛吹市出身で山梨学院大学の乙黒拓斗選手が、ハンガリーで開催されたレスリング世界選手権において、日本レスリング界史上、最年少で金メダル獲得という快挙を達成したほか、サッカー競技では、全国高校総体で山梨学院高校が四十三年ぶりに優勝を果たし、全国高校サッカー選手権でも、日本航空高校がベスト8に進出するなど、本県勢の活躍は目覚ましいものがありました。   もっと読む
2019-01-22 福岡県議会 平成31年 スポーツ振興・国際交流推進調査特別委員会 本文 開催日: 2019-01-22 航空路線の誘致とかにつきましては、先ほどもちょっと申しましたが、空港対策局のほうが所管をしておりまして、本委員会には空港対策局のほうが出席をしておりませんので、大変申しわけございませんが、中身についてこちらのほうでなかなかお答えすることが難しい状況にございます。 もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年総務企画危機管理委員会 本文 開催日: 2019-01-21 これを受けまして、青森海上保安部の上位機関であります第二管区海上保安本部では、直ちに航空機と巡視船を現場に向かわせ、同日午後、漂流していた木造船から2名を巡視船内に保護いたしました。   もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2019-01-21 5 ◯坂本エネルギー開発振興課長  本県には、ゾーニングマップで整理すべき防衛関係の海域・空域といたしまして、太平洋側には米軍と航空自衛隊が共用利用する三沢対地射爆撃場、陸上自衛隊六ヶ所対空射場、防衛装備庁下北試験場が存し、それぞれの施設にかかわる制限海域、制限空域が存在するほか、陸奥湾内には、今、御指摘がありましたむつ湾掃海訓練海域、さらに、日本海側には もっと読む