運営者 Bitlet 姉妹サービス
17677件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 ○議長(幸山繁信君) 次に日程に従いまして、日程第一、去る三月定例会において引き続き総合開発特別委員会に調査を付託いたしましたエネルギー開発に関する件、水資源開発に関する件、観光開発に関する件及び過疎対策に関する件並びに陳情書について、交通通信対策特別委員会に調査を付託いたしました熊本港建設に関する件、国鉄新幹線建設に関する件、国鉄地方新線建設並びに同地方線対策に関する件、国際空港に関する件、国内航空もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 特に、本県が消費地から遠隔地にある立地からして、輸送手段のウエートがきわめて高くなることに照らし、航空機、鉄道、自動車、船舶などの輸送手段のきめ細かい選択のもとで、輸送コストの低減と輸送の円滑化を図り、市場への安定供給を図ることがまたきわめて重要なことでもあります。それらに対する対策をあわせてお伺いいたす次第でございます。   もっと読む
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 国際線ビルの内容は、鉄筋コンクリート二階建て、延べ四千八百八十七平方メートル、税関、検疫、出入国管理のCIQ施設と日本航空が入居し、完成予定は来年三月二十五日の予定だというふうに聞いております。  そこで、今日までの熊本空港における国際線運航の経過を見ますときに、五十四年九月、日航と大韓航空による各週二便運航が国際線のスタートになるわけであります。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 五期にわたってオープンハウス型の説明会を開催したり、航空機のチェック体制の強化をし、そして航空会社への落下物防止対策基準の制定と、それに基づく対策の義務づけ、防音工事の助成制度、これら拡充などを進めてきています。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 また、平成二十八年度から開始した情報セキュリティー及び航空分野の職業教育プログラムは、喫緊の課題に対応したものとして産業界から高く評価されているところでございます。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 私は、事故時の対応、あるいは航空法等の国内法の不適用など、現在の日米地位協定のあり方について、疑問に思わざるを得ない状況があると認識しております。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 伊豆諸島と本土を短時間で移動できる航空路線は、島の住民の暮らしを支える生命線であり、航空路線を確実に維持していくことが重要です。  都は、島の住民向けに航空運賃の割引制度を実施していますが、空港のない利島、御蔵島の住民については、現在の制度では最寄りの空港を利用するときにしか割引対象になっていません。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 東京が国際的な都市間競争を勝ち抜くためには、羽田空港の機能強化やビジネス航空の受け入れ体制強化が必要不可欠であることはいうまでもありません。二〇二〇年までに都心上空ルートによる羽田空港の機能強化が実現できるよう、知事としてしっかり取り組むことを強く求めるとともに、ビジネス航空の受け入れ体制強化に向けてさまざまな機会を通じて国に働きかけていくことを求めます。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日総務企画県民委員会-12月19日-01号 今般、小松空港国際化推進議連の皆様を初め関係各位の御協力もあり、キャセイパシフィック航空が小松―香港間に就航する見通しとなりました。  来年4月3日から、いわゆる夏ダイヤ定期便という形で、水曜、土曜の週2便で運航する予定となっています。  使用機材はエアバスA330で、約300席となっています。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 そうした中、のと里山空港の開港15年目の利用者数が過去最高、搭乗率が開港1年目に次ぐ高い水準となったこと、そしてキャセイパシフィック航空の小松―香港便の定期便化によりまして今後香港から多くの誘客が見込めることは、交流人口の拡大に大きく資するものというふうに考えております。   もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 特に、子育て支援に力を入れたいとして、長年の県民の願いであった子供医療費の現物給付に踏み出すための乳幼児医療費助成在り方検討事業に五十八万二千円、離島を多く有する本県において、離島生徒大会参加費助成事業に千二百二十七万一千円、また、島民の航路・航空路運賃の引き下げについて、十一億五千三百三十万九千円が支出されていることについては評価するものです。   もっと読む
2018-12-17 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会−12月17日-11号 初めに、総務部関係については、防災航空体制のあり方検討委員会での検討状況について、公文書の管理状況について、再任用職員数が新規採用職員数に与える影響について、県の広聴・広報事業について、群馬県地域防災計画の修正について、女性消防吏員を増やす取組について、群馬県地震防災戦略の修正について。   もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 地位協定により米軍横田基地が航空機の管制業務を行う空域が存在するため、小松空港から羽田空港に向かう飛行機も非効率な飛行を強いられていることも含め、国内法を原則として米軍に適用させることなどを求めたこの提言に込められた思いを知事会副会長である谷本知事はどう受けとめているのでしょうか、見解をお伺いをいたします。   もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会総務企画警察委員会−12月12日-01号 現在の求めているトイレは、真空式というトイレでございまして、航空機とかでもよく使われている、そんなに水を使わないトイレに、現在の車両はなってきております。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会農政林務委員会-12月12日-01号 ◎高橋明彦 森林づくり推進課長 別添資料10「無人航空機(ドローン)の活用状況について」により説明した。 ◎巾崎史生 鳥獣対策・ジビエ振興室長 別添資料11「信州ジビエ振興対策の取組状況について」により説明した。 ○依田明善 委員長 委員の質疑等発言を許可した。なお、議論を深めるため、委員の発言に対し、ほかの委員から意見等がある場合についても、あわせて発言願った。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 戦後、GHQが日本の空の管制権を掌握して以来、日米地位協定に基づき、今も米軍の管理下に置かれていますが、民間航空機がこの空域を飛行する場合、米軍による航空管制を受けねばならず、大きく旋回するルートを通らねばなりません。  一九九二年に続き二〇〇八年、横田空域の一部が返還が決まり、飛行ルートの改善により、燃料削減などの経済効果は年間で九十八億円に上り、CO2の削減効果も明らかにされました。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会危機管理建設委員会-12月12日-01号 ◎吉原英樹 消防課長 別添資料3「消防防災航空体制の更なる安全対策(追加対策)の推進について」により説明した。 ◎高見沢靖 危機管理防災課長 別添資料4「平成30年度長野県総合防災訓練の実施結果(概要)について」及び別添資料5「御嶽山火山マイスターの活動について」により説明した。 ○小池清 委員長 委員の質疑等発言を許可した。 ◆高橋宏 委員 それでは、まず、けさの新聞を見て驚きました。 もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回新幹線・総合交通体系対策特別委員会会議録−12月12日-01号 総合政策部交通企画監 黒田敏之   総合政策部      豊島厚二   空港戦略推進監   総合政策部次長    山本文彦   空港運営戦略推進室長 高野瑞洋   空港運営戦略推進室  藥袋浩之   次長   交通政策局長     柏木文彦   交通政策局次長    宇野稔弘   交通政策局      遊佐貴志   交通・物流連携   担当局長   交通政策局      田中 勝   新幹線推進室長   航空局長 もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月11日-01号 加えまして、航空機や食品、医療などにつきましては、ヨーロッパやアジア諸国など、中国以外のサプライチェーンへのアプローチも進めまして、販路開拓にも力を入れておるところでございます。加えまして、信用保証協会とも連携しながら金融支援などの体制も整えております。 もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年農林水産委員会 それから、航空輸送の場合、今ほどおっしゃったように、原則出発時間の4時間前までに産地証明書が添付された荷物を空港に搬入しまして、輸出のための各種手続を行い、最終的には出発2時間前までに搭載手続を済ませることになっております。   もっと読む