運営者 Bitlet 姉妹サービス
11697件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 福祉会館前から市役所前に至る交通車線の拡幅工事の計画について説明がありましたほか、最近の県内における交通事故の多発にかんがみ、委員から、長距離輸送トラック運転者の労務管理について行政指導の徹底を図ること、またシートベルト着用励行者に対する表彰体制について、さらに自動二輪車の運転免許取得に係る年齢制限の引き上げについてなどの要望が出されたほか、熊本の空の玄関道と言われている熊本空港線の修景美化を図り、自転車道及 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 二〇四〇年代を目指した都市づくりのグランドデザインでは、移動の利便性について鉄道ネットワークを生かすとともに、バスやタクシー、デマンド交通、自転車などの交通モードを組み合わせまして、駅を中心とした誰もが移動しやすい交通環境を充実するとしております。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 さらに、歩道を走る自転車が歩行者の安全を脅かしているというケースも少なくありません。自転車の歩道走行の大きな原因は、自転車はもちろん、併走する車にも、道路は自転車と車がシェアするものだという意識がまだ欠如しているからだと考えます。つまり、サイクリスト、ドライバー、双方の意識変化がなければ、状況が変わることもありません。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 十 自転車走行空間の整備については、区市町村により差が出ないよう推進するとともに、関係各機関と検証し、設計段階から事故防止に取り組まれたい。  十一 ラムサール条約湿地の登録に当たり、葛西臨海水族園で得た知見をいかし、三枚洲に生息する貝類の研究を進め、海洋環境の保全に貢献されたい。  十二 葛西臨海公園において、江戸川区等の関係機関と連携した防災訓練を、引き続き実施されたい。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日環境農林建設委員会-12月19日-01号 (4)の情報発信の充実については、5月に東京で開催された国内最大級の自転車イベント「BICYCLE CITY EXPO 2018」にブース出展し、本県のサイクリングルートの魅力を発信したほか、7月には、大手サイクリング雑誌「CYCLE SPORTS」に旅行体験記を掲載しました。 もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 撤去後は、自転車の交通環境整備などを進めている」との答弁がありました。  委員からは、「道路の有効活用を図るため、必要性を検証していただきたい」との要望がありました。  これらの審査の結果、議案第八一号については、取り扱い意見として、「予算の目的に沿った効果的かつ効率的な執行がなされ、一定の成果があったものと認められる。 もっと読む
2018-12-17 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会−12月17日-11号 初めに、教育委員会関係については、第3期群馬県教育振興基本計画について、部活動の運営方針について、県立図書館の書籍の購入方法について、審判員の確保や育成について、大会の平日開催について、専門(実業)高校における進路指導について、県立高校の空調設備整備について、県立高校の学校運営費予算の推移について、自動販売機設置場所の貸付料収入について、母校応援ふるさと納税について、中高校生の自転車事故について、教職員 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 この間、和歌山県で国体のレガシーと一緒に観光課のほうにも行かせてもらって、和歌山県では「ほんまもん体験」ということで、いろいろな体験とあと「サイクリング王国わかやま」というのを去年から始めて、自転車を活用した交流人口の拡大とやっていたが、一つ思ったのが、その職員さんが「サイクリング王国わかやま」のことをすごく楽しそうに僕に説明してくれていたのである。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月12日-01号 ◎宮原渉 国際観光推進室長 今回の台湾での知事のトップセールスの関係でも、台湾国際教育旅行連盟の総会長さんと会ったり、世界的自転車メーカーのジャイアントグループの最高顧問とお会いしましたが、国や地域政府だけではなくて、実際に誘客してくれる主体となるところへ意欲的にアプローチして誘客を促進してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会公共交通・観光振興特別委員会−12月12日-01号 次に、県において自転車の利用促進に力を入れているが、自転車保険の加入促進についての取組状況はどうか。 ◎松岡 交通政策課長   本県では、平成26年に制定、施行された群馬県交通安全条例において、自転車損害賠償保険の加入を努力義務として規定しており、自転車マナーアップ強調月間などの機会に加入促進のPRを行っている。   もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 唯一、多摩地域で広域的に実施される自転車ロードレースは、東京、武蔵野の森公園をスタートし、都内八市を通り、富士スピードウェイにゴールします。八市の市長が、東京二〇二〇大会における自転車ロードレースについて共同声明を発表し、多摩地域全体の振興につながるよう各市で連携した取り組みを行うとしております。   もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年経済建設委員会 最後の質問になりますけれども、予算特別委員会で米原委員が質問された中に、自転車専用道の話があったものですから、いつかはこの質問をしようと思っていたので、質問させていただきます。  自転車の活用を推進するためには、自転車専用道の整備を積極的に進めていくべきと考えます。   もっと読む
2018-12-11 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月11日-03号 遊具につきましては、職員による日々の点検はもとより、毎年一回の専門機関による点検も受け、必要な修繕を行うなど安全対策に万全を期すとともに、家族連れに人気のある変形自転車につきましては毎年新しいものを追加購入しているところでございます。   もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月11日-01号 まず、今議会でですね、自転車利用条例、仮称でございますけれども、質問をされております。 もっと読む
2018-12-11 福井県議会 2018.12.11 平成30年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 また、先月11日には、自転車で道の駅をめぐるイベント「道の駅ライド」を開催し、道の駅の利用を促進した。その結果、11月末に締め切った第1回のスタンプラリーに234件の応募があり、延べ1,400人が道の駅を訪れた。引き続き、SNSやホームページ等でイベントや自慢の味覚など情報発信を行い、道の駅の利用拡大を図っていく。  次に、災害対策である。 もっと読む
2018-12-10 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月10日-01号 この取り組みでございますけれども、地球温暖化を防止するために、地球にやさしい通勤をしようということで、自転車ですとか、バス、電車、徒歩によるノーマイカー通勤ウィークを設定しまして、ノーマイカー通勤を進めるという取り組みを、現在、行っております。 もっと読む
2018-12-10 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月10日-01号 次に、どなたからも出るかと思いますが、自転車条例の関係でございます。今、私、自転車に乗っていないもので全然わかりませんが、小さいころの記憶ですと、昔は自転車には製造ナンバーがあって、現在でもついているのかどうか。私、小さいころ、自転車の盗難防止に入ればということで警察と安協が中心になって、希望した人には鑑札をくれて、それを自転車のハンドルの下のところへとめたという記憶があるわけでございます。 もっと読む
2018-12-07 群馬県議会 平成30年第3回定例会文教警察常任委員会(警察本部関係)−12月07日-01号 ◎星野 交通部長   ゾーン30とは、地域住民が日常生活に利用している一定の区域をゾーンとして、最高速度を時速30キロメートルに規制し、自動車の通行よりも歩行者や自転車の安全を優先させることにより、交通事故抑止を図るものである。 もっと読む
2018-12-07 群馬県議会 平成30年第3回定例会文教警察常任委員会(教育委員会関係)−12月07日-01号 最後に、中高生の自転車の安全対策についてお聞きしたい。中高校生の自転車事故については、5月〜7月に事故が多いと聞くがその理由について伺いたい。 ◎小林 健康体育課長   はっきりとした原因は不明であるが、生徒が新学年を迎え、慣れが発生する時期であり、そこから油断が生じ、安全確認等が疎かになることが原因の1つと推測している。 もっと読む
2018-12-07 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月07日-02号 昨年十二月、川崎市では女子大生がスマホを操作しながら電動アシストつき自転車を運転し、歩行中の女性に衝突して脳挫傷などにより死亡させる事故が発生しました。この女子大生は八月に執行猶予つきの有罪判決を言い渡されています。このようなスマホ等を操作しながら自転車を運転した人が歩行者を死傷させる事件が全国では四十五件も発生しており、到底看過できない状況になっております。 もっと読む