運営者 Bitlet 姉妹サービス
28307件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 第三点の体力向上のことに絡みましての体育教員の問題でございますが、小学校に体育の専科教員を配置いたしますことにつきましては、教職員の定数が公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律等で定められておりまして、特別な別枠の配置は困難でございますが、体育指導の中心となる教員の配置につきましては十分意を用いてまいりたいと考えております。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 また、中小規模事業所に対します地球温暖化対策報告書制度におきましても、再エネ電力などの調達状況等を報告する義務を新たに設けます。  今後、こうした制度等において得られました再エネ導入量や、これによるCO2削減効果などを取りまとめまして、公表していくことを検討してまいります。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 330 ◯大松委員 今、全国で義務教育年齢にある外国籍児童は約十二万人、そして、そのうち就学しているかどうか状況がわからない児童が一万八千人いるといわれていまして、文科省は四月にも各自治体に要請をして、その実態調査に着手をすると聞いております。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 内部統制体制の構築というのは、会社法第二条第六号に定める、大会社でない監理団体は適用対象外であって、体制整備の法的義務はないんですけれども、司法による判例の積み重ねから、取締役の善管注意義務の一つとして、内部統制体制構築義務があるというのが今明らかになっております。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日県民生活・土木交通常任委員会−03月12日-01号 その中で、対象の建物が現在49棟あり、該当する建築物につきましては、耐震診断を義務化しております。これは法律に基づく義務となります。  耐震診断にかかる経費を法令に基づいて公費で負担しており、次のステップとして、耐震改修に向けての設計、それから改修工事の補助をするものです。  ちなみに、平成30年度におきましては、耐震診断の補助が5棟、設計の補助が1棟、改修工事の補助がゼロでした。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日県民生活・土木交通常任委員会−03月08日-01号 第4条で文書の作成義務を定めており、実施機関における経緯も含めて、意思決定に至る過程や事務、事業の実績を合理的に跡づけ、または検証することができるように、しっかりと文書を作成するということですので、会議の議事録等は作成することとなります。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 資料の20ページを参考に見ていただきますと、大宿泊室の区分の中に児童等の考え方を示しておりまして、小学校、中学校、義務教育学校もしくは中等教育学校の児童もしくは生徒またはこれらに準ずる者です。説明が不十分でした。 (3)採決  議第40号 賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決した。        議第41号 賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決した。         もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 また、義務教育課程の総合的学習の時間などでもこの公共交通の利用促進、理解というものを学ぶ、そういう時間が成果を上げているというところもあって、これはやはり公共交通については幼少時から切れ目のない教育、啓発というものが重要であるということがあるのかなと思う。  もちろん県でも交通渋滞というのは恒常的に見られる。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 当事者要望を踏まえ、より現実的な努力義務規定と今後の検討の附則をつけていただいたことを評価いたします。初めて一般客室の規定にまで踏み込み、ユニバーサルデザインを浸透させるきっかけとなります。今後、他自治体に誇れる条例になるよう、さらに検証を続けていただきたいと要望いたします。  車椅子の種類は多様で、自走式、介助式、また手動、電動があります。 もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 概要 大会推進課長、施設調整課長、競技式典課長、           障害者スポーツ大会課長           (会計局)           会計管理者、審査指導課長、会計課長、工事検査課長           (教育委員会)           教育長、教育振興監、学校教育幹、企画幹(競技力向上)、           教育政策課長、学校振興課長、高校教育課長、           課長(高校学力向上)、義務教育課長 もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 そこで示されている車椅子使用者用客室のみならず、全ての一般客室を対象にバリアフリーの考え方を取り入れ、義務化を目指す都の積極的な取り組みを評価します。  一方で、一部の方からは、浴室の出入り口幅が狭いため、より使いやすい基準を定めるべきとのご意見をいただいており、私たちも一般客室について、浴室等の出入り口幅を国の望ましい基準である七十五センチメートル以上を、努力義務として定めることを求めました。 もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 派遣者を選考するため、一次選考は書面選考を行い、4名の審査員、例えばJAXAの方であるとか、義務教育課の方、もちろん国際経済課もかかわって選考し、20名強に絞った。二次選考は12月に行い、この中から20人を直接面接し、10名を選んだところである。10名の今回の派遣の成果は、ISTSの場で発表する機会を設けて、広く青少年に普及していきたいと考えている。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 文教委員会 本文 開催日: 2019-02-18 本条例の趣旨でございますが、今後の社会の変化を見据え、新たな教育課題に適切かつ迅速に対応していく必要があることから、県立学校にかかわる事項を審議対象としております福岡県県立学校教育振興計画審議会及び社会教育に関する諸計画の立案等を担っております社会教育委員の会議を統合再編し、これまで審議する場がなかった義務教育に関する内容を含めた学校教育及び社会教育に関する事項などについて調査審議する、福岡県教育振興審議会 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 総務企画地域振興委員会 本文 開催日: 2019-02-18 九款一項国庫負担金は、一ページおめくりいただきまして、四十六ページ一番上の四目一節義務教育費国庫負担金の二十億四千九百万円余の減などによりまして、計欄のとおり、二十四億九千五百万円余の減額補正をお願いしております。それから、その下のページでございます、二項国庫補助金でございます。 もっと読む
2019-02-16 福岡県議会 平成31年2月定例会(第16日)〔資料〕 (性暴力根絶等に関する教育活動) 第十一条 性暴力を根絶し、被害者も加害者も出さない社会、性暴力を許さず、被害者には寄り添う心を共有する社会をつく  るため、学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第一条に規定する小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等  教育学校及び特別支援学校のうち公立の学校の長は、その児童又は生徒に対し、発達の段階に応じた性暴力の根絶及び性  暴力の被害者の支援に関する総合的 もっと読む
2019-02-16 福岡県議会 平成31年2月定例会(第16日) 本文 第十七条は、性犯罪を犯して刑期を満了した者に対し、再犯防止及び社会復帰の支援を目的としてその者の氏名、住所、性別、生年月日、連絡先、罪名、刑期満了日の提出義務、届け出義務を課しており、第十八条では該当する者が申し出たときに知事が再犯を防止するための専門的な指導プログラムまたは治療を受けることを支援すると規定しています。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 言いかえれば、議会で議論されたこと、とりわけ知事の発言や方針を県民にお伝えする義務を負っているとも言えます。  小川知事は、今回の議案説明で、多くの時間を割いて四年間の実績をとうとうと述べられました。しかし、次の四年間どのような気持ちで県政を担い、次に何を目指すのかには触れませんでした。各政党や団体との調整、ありていに言えば、根回しに時間を費やし、そのタイミングを逸したのかもしれません。 もっと読む
2019-02-09 福岡県議会 平成31年2月定例会(第9日) 本文 私には小学生の三人の子供がおり、みやま市で子育て中ですけれども、県下どの地域に生まれても、義務教育段階で子供たちの将来の可能性を最大限に広げることができれば、地域の魅力は向上し、定住人口の確保を初めとする地方創生につながるし、またその逆もしかりと実感しております。   もっと読む
2019-02-08 福岡県議会 平成31年2月定例会(第8日) 本文 今回の水道法の改正によりまして、都道府県に広域連携推進の努力義務というのが明確化されたところでございます。今後、より一層水道の広域連携を推進していくため、田川地区をモデルケースといたしまして、広域連携の動きが他の地域にも広がっていくよう、水道事業者に対し助言や指導や調整というものを積極的に行ってまいります。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 私立学校については、公立の義務教育諸学校等の教職員の給与等に関する特別措置法、いわゆる給特法が適用されず、一般企業と同様、労働基準監督署による労働条件の確保や改善指導の対象となっています。 もっと読む