26743件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

愛知県議会 2019-06-26 令和元年総務企画委員会 本文 開催日: 2019-06-26

国土交通省では、衝突被害軽減ブレーキの国内基準を定め、このブレーキの新車への義務付けについて、本年内をめどに結論を得るとしている。東京都で補助制度創設が検討されている後付けの安全運転支援装置については、その開発を促進するとともに、性能認定制度を創設し、来年度からの実施を検討するとしている。  

茨城県議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日: 2019-06-24

それは中高一貫教育校をふやすことについてでありますが,私は,そのこと自体に反対ではありませんが,これまで本県で実践されている中高一貫教育の検証を基礎として,それぞれの地域特性や教育の機会均等の保障などを慎重に検討し,県議会や義務教育を担っている市町村や私立学校などの教育関係者,そして保護者や子どもたちなどを含めた十分な協議の上で,順次整備していくべきものと思います。  

茨城県議会 2019-06-21 令和元年産業の育成・振興に関する調査特別委員会 名簿 開催日: 2019-06-21

              教育長               柴 原 宏 一               教育企画監             木 内 規 雄               参事兼生涯学習課長         田 口 克 弥               高校教育改革・中高一貫校開設チームリーダー                                 柳 橋 常 喜               参事兼義務教育課長

石川県議会 2019-06-20 令和 元年 6月20日予算委員会−06月20日-01号

これは義務ではありませんが、高齢運転者標識を今後さらに周知を図っていただいて装着を促進すべきと考えますが、御所見をお聞かせください。 ◎河原淳平 警察本部長  高齢運転者標識の表示の効果につきましては、委員御指摘のとおりでありまして、警察では更新時講習等の機会を利用してその周知と取りつけの促進を図っておるところでございます。  

富山県議会 2019-06-19 令和元年 文化教育常任委員会 会期中(第1日・6月19日)本文

本件につきましては、平成二十七年四月に市内中学校に入学した元生徒及びその親権者である父母が、元生徒が不登校になったことは中学校でのいじめが原因であり、この学校における対応に、いじめ防止対策推進法に規定する速やかな措置を講じることなどの義務違反があったため、その義務違反が国家賠償法上の違法に当たるとして、本市に損害賠償を請求したものです。  

富山県議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第15日・6月18日) 本文

その他の方法により不在者投票の公正な実施の確保に努めなければならないとする努力義務規定が設けられました。  他市の指定施設では、不適正な事務や規定に反した取り扱いが行われた事例もあり、公正確保の取り組みは、選挙管理委員会にとって重要な課題の一つとなっております。  選挙管理委員会としましても、外部立会人制度の重要性や必要性は十分認識しているところでございます。

石川県議会 2019-06-18 令和 元年 6月第 3回定例会-06月18日-04号

定数改善については、この間も教育の基本にかかわる問題についてはまさに国が取り組まなければいけない問題である旨の答弁があり、基本方針でも国による教職員の定数改善が必要不可欠であり、引き続き国に対して改善を強く求めていくとされていますが、義務教育について学校等の設置管理、教職員の服務監督、教育の実施を担う各市町教育委員会から教職員の多忙化改善に向け、国による定数措置がない中であっても本県単独予算での措置

富山県議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第14日・6月17日) 本文

厚労省は、介護職員らが在宅を訪問して行う訪問介護のうち、掃除や調理といった直接体に触れない生活援助について、一日に複数回の算定でできる現在の体系は必要以上のサービス提供を招きやすいとして、多数回利用を問題視して、一定回数以上のケアプランへの位置づけは市への届け出義務があると聞いておりますが、二回目の一点目といたしまして、サービス利用の抑制にこれがつながらないのか伺います。  

富山県議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

プラスチックの資源循環を総合的に推進するために、環境省が策定したプラスチック資源循環戦略は、プラスチックの使用を削減するための取り組みの一つとして、レジ袋の無料配布を禁止とする有料化の義務を初めとする施策が挙げられており、消費者のライフスタイル変革を促し、国民的理解を醸成するよう記されております。  

東京都議会 2019-06-14 2019-06-14 令和元年厚生委員会 本文

15 ◯成田保健政策部長 これまで健康増進法により、多数の者が利用する施設におきましては、受動喫煙の防止措置を講じる努力義務が設けられ、一定の成果を上げてまいりましたが、依然として多くの人々がこうした施設において受動喫煙を経験しているという状況がございました。  

富山県議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第10日・6月13日) 本文

SDGs、持続可能な開発目標を掲げられる食品ロス廃棄の半減と未使用食品の福祉的活用で、もったいないをありがとうに変えるため、川越市でも努力義務はありますが、できるところから積極的に推進していただきたいと思います。  そこで、一回目の質問です。  一点目に、食品ロスの削減について市はどのように考えているのかお伺いいたします。  

石川県議会 2019-06-12 令和 元年 6月第 3回定例会−06月12日-02号

二〇一八年通常国会では、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律、いわゆる働き方改革関連法が成立し、労働法において残業させることのできる労働時間の上限が設けられ、また使用者には労働時間の把握義務に加えて、勤務間インターバル規制の努力義務についても法律上明記されるなど、長時間労働の是正改善が図られたのであります。

富山県議会 2019-06-12 令和元年第3回定例会(第9日・6月12日) 本文

まずもってこの計画、先ほど申し上げましたとおり、作成し、国の認定を申請できるとされており、「できる」でございますから、策定は義務ではないものではありますが、認定を受けると、受けられるメリットや今後想定される補助金の対象などを勘案することはもとより、歴史や文化、文化財をまちの魅力として多くの観光客にもいらしていただいている現在の川越におきまして、その根幹をなすとも言えるこの計画は、ぜひとも策定していただきたいと

東京都議会 2019-06-12 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第11号)(速報版) 本文

見逃せないのは、その約半数は、一時不停止や交差点安全進行義務違反など、自転車側に交通違反があったという点です。自動車の運転免許を持たない方は、交通規則を学ぶ機会が少なく、意図せずに違反をし、事故に遭ってしまうケースもあります。  そこで、五月に設置された自転車の安全で適正な利用に関する検討会議において、免許を持たない方などへの安全対策強化を検討していくべきです。都の見解を求めます。  

東京都議会 2019-06-11 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第10号)(速報版) 本文

都は、近年の事故等の状況を踏まえ、五月にさらなる自転車の安全で適正な利用の促進に向け、専門家会議を設置したところであり、会議では専門家から、ルール、マナーの一層の周知徹底などとともに、保険加入の義務化についても意見が出されております。  今後は、専門家会議での加入義務化に関する議論やご指摘の点も踏まえながら、都としての対応を早期に検討してまいります。    

富山県議会 2019-06-07 令和元年第3回定例会(第4日・6月7日) 本文

次に、グリーン化特例の軽課における適用期間後についてでございますが、当該軽減措置につきましては、令和三年度以後において新規登録された三輪以上の軽自動車のうち、電気自動車等以外の軽自動車を新規登録した場合については軽減措置は適用されないこととなるため、当該納税義務者にかかる税負担は緩和されないこととなります。  

千葉県議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 発議案取扱状況

     │決議│ │   │議について                   │       │       │        │     │    │    │           │     │  │ ├───┼────────────────────────┼───────┼───────┼────────┼─────┼────┼────┼───────────┼─────┼──┤ │   │義務教育費国庫負担制度

千葉県議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 発議案

令和  年  月  日                      千葉県議会 発議案第3号  義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書について   上記議案を別紙のとおり千葉県議会会議規則第14条の規定により提出します。   

石川県議会 2019-05-29 令和 元年 5月29日厚生文教委員会-05月29日-01号

一方で、委員御指摘のとおり、ことしの4月1日からは時間外労働の上限規制あるいは年次有給休暇取得の義務化といった改正労働基準法が施行されたところであり、県立中央病院や高松病院においても、職員に対してこれまで以上に有給休暇を取得しやすい、そうした環境整備に取り組んでいく必要があると考えているところです。