9648件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月14日-04号

婦人問題について国際的な動きを見てみますと、一九七九年の国際連合総会におきまして、婦人に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約が採択され、翌一九八〇年のコペンハーゲンにおける婦人問題世界会議においては、日本を含め七十九カ国がこれに署名しましたが、昨年九月には中国など二十一カ国が批准しまして、この条約発効しております。

兵庫県議会 2021-03-01 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第6日 3月 1日)

これに先立って、瀬戸内海再生議員連盟総会をオンラインですが開催し、後押しをしていただきました。案には、本県考え方施策が反映された栄養塩管理制度が創設されることになります。瀬戸内海の各海域で関係府県栄養塩管理取組計画を定めることにより拡大することになります。大いに期待しています。また、栄養塩供給を行う工場の排水規制緩和などの特例制度が法案に盛り込まれています。

東京都議会 2021-02-25 2021-02-25 令和3年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

アドバイザーは、共用スペース充電設備を設置できる最適な箇所や、既存の電源を活用した効率的な施工方法等技術的情報を提供するとともに、管理組合総会議決に向けた調整の進め方などの助言を行ってございます。  都は、これらの取り組みを通じて、集合住宅における充電インフラの導入をきめ細かく支援することで、さらなる普及を促進してまいります。    

東京都議会 2021-02-24 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

そのためには、家族農業が果たしている環境、文化などの役割を評価し、国連総会日本を含む全会一致で可決され、二〇一九年からスタートした国連家族農業の十年に沿う取り組みが必要です。  この十年を通じて、加盟国は、SDGsを踏まえて家族農業持続可能性を促進することが求められています。知事は、国連家族農業の十年の意義をどう認識していますか。  

群馬県議会 2020-12-15 令和 2年 第3回 定例会−12月15日-12号

続いて、「台湾世界保健機関WHO)へのオブザーバー参加を求める意見書」の発議についてですが、これは、本県にとって重要な関係にある台湾が、WHO年次総会オブザーバーとして参加が認められていないことに対し、台湾WHO参加支持を表明している関係各国地域と連携し、オブザーバー参加の実現に向けて、これまで以上に取組を強化するよう、国に強く要望するものであり、採決の結果、全会一致をもって本委員会から

富山県議会 2020-12-11 令和2年経済産業委員会 開催日: 2020-12-11

先日の山村振興議員連盟総会におきまして、米原議員より部長に質問というか、要望がありました。非常に手狭ではないかという質問でありました。もっと大規模というか、圃場も大きな圃場にして、立派なものをつくったらいいのではないかという問いもありました。それ以外にこの拠点施設を設ける考えがないのか。

島根県議会 2020-12-11 令和2年_中山間地域・離島振興特別委員会(12月11日)  本文

自民党過疎特総会でございますけども、本日開催されまして、今後の過疎対策施策大綱案(仮称)が示される予定でございます。総会で示される内容の概要と、それに基づき県が試算を行った結果を御報告いたします。  1ポツに新しい過疎法のポイントにつきまして主なものを挙げております。1)の過疎人口要件でございます。

北海道議会 2020-12-10 令和2年第16回環境生活委員会会議録-12月10日-01号

そうした中、本年1月に開催した総会において、自治体や経済界等に加え新たに東京2020大会パートナー企業など146の企業団体に参画、御出席いただき、東京2020大会札幌開催における競技応援開催支援に一体的に取り組んで行くとともに、札幌冬季オリパラ招致取組などについても情報共有を行うなど、オール北海道での連携促進が図られたものと認識しているところです。

福島県議会 2020-12-10 12月10日-一般質問及び質疑(一般)-05号

このような中、去る11月10日に開催されたふくしまグリーン復興推進協議会の設立総会において、環境省に対し、只見柳津県立自然公園国定公園編入県計画案の申出がなされました。この国定公園編入只見川周辺地域活性化交流人口の拡大など大きな効果につながるものと期待しているところです。 そこで、県は国定公園編入を見据え、只見柳津県立自然公園利活用にどのように取り組んでいくのかお尋ねいたします。 

滋賀県議会 2020-12-09 令和 2年11月定例会議(第17号〜第23号)−12月09日-05号

県のイメージキャラクター、うぉーたんが本年1月31日に県庁で開催された第72回全国植樹祭第4回実行委員会総会PR大使に任命されました。知事から任命証書を受け、また、この任命式には、甲賀全国植樹祭PR大使で信楽のタヌキのキャラクター、ぽんぽこちゃんと、甲賀忍者キャラクター、にんじゃえもんにも応援に駆けつけてくれました。

兵庫県議会 2020-12-09 令和 2年総務常任委員会(12月 9日)

核兵器禁止条約については、2017年7月に国連総会で賛成多数にて採択され、本年10月に発効に必要な50ヵ国の批准に達したため、来年1月には発効予定となっている。先月には、長崎市長広島市長が外務省を訪れ、当条約を批准するよう政府に求める要望を提出したところである。  唯一の被爆国で、核兵器保有国と非保有国との橋渡しを標榜する我が国として、核兵器全面禁止廃絶責務を果たす必要がある。  

兵庫県議会 2020-12-09 令和 2年警察常任委員会(12月 9日)

なぜそうするのかというと、これは株主代表訴訟対策、あるいは株主総会対策で、保険会社自分たちで決めきれない高額賠償を、裁判官で決めてもらってその額を払う。意識的に訴訟するようにもっていって、その額を全額払う。判決が出たら全額支払わなければならないので、例えば保険会社が2,000万円と思っていても、裁判で極端な話2億円と言われれば、保険会社は2億円払わなければならない。