851件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮崎県議会 2023-09-13 09月13日-03号

国が定める「消防力整備指針」に基づき、各消防本部は、適正な施設人員配置をとらなくてはならないはずですが、各消防本部条例定数が長年変更されていないために増員ができず、災害対応緊急消防援助出動要請にも苦慮している状況だとお聞きします。 消防職員増員など消防体制の強化について、県の適切な指導・助言が必要と考えますが、危機管理統括監いかがでしょうか。

北海道議会 2020-03-19 令和2年第1回予算特別委員会第1分科会-03月19日-04号

◆(檜垣尚子委員) 大規模災害時の救出・救助活動においては、道外消防で構成する緊急消防援助活動は大変重要です。  しかしながら、道外のチームが、本道の厳しい寒さの中で、期待どおり活動をするためには、相当の訓練が必要と考えますが、道はどのように対応する考えなのか、伺います。

茨城県議会 2020-03-13 令和2年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2020-03-13

38年間,仕事をやってまいりまして,例えば消防安全課長のときは,常総の水害に遭いまして,限られた情報の中で消防広域応援である緊急消防援助出動要請して,丸2日間は一睡もできなかったというような厳しいときもありましたし,先ほど申し上げました市町村合併に当たりましては,ようやく合併協議会設置までこぎ着ける段階になって,一晩でそれが方向が変わってしまうというようなこともありました。  

大分県議会 2020-03-11 03月11日-08号

近年、全国各地地震豪雨による大規模災害が多く発生し、災害規模が拡大していることから、消防職員は都道府県の枠を越えて活動する緊急消防援助派遣など、より高度な消防活動への対応を求められています。 こうした中、県内消防職員平成15年の1,468人から平成30年には1,624人と15年間で156人増加していますが、平均年齢はここ10年で6歳下がり36歳となるなど、若年化が進んでいます。

三重県議会 2020-03-05 03月05日-07号

昨年10月26日から27日にかけて、県内令和年度緊急消防援助近畿ブロック合同訓練が実施されました。その中の一つに、伊賀広域防災拠点での緊急支援物資受入れ訓練三重トラック協会に御協力をいただいて行われました。その際に、訓練に参加された協会の方が、伊賀広域防災拠点について幾つか指摘されていたことがありました。  この航空写真を見ていただきたいと思います。

福島県議会 2020-03-03 03月03日-一般質問及び質疑(一般)-07号

また、大規模災害等においては、消防庁緊急消防援助派遣を要請するほか、必要に応じて自衛隊海上保安部出動を要請し、対応することとしております。 引き続き、関係機関と密接に連携し、本県の安全を空から守ってまいります。   (保健福祉部長戸田光昭登壇) ◎保健福祉部長戸田光昭君) お答えいたします。 

三重県議会 2020-02-25 02月25日-03号

年度は、近畿2府7県持ち回りの緊急消防援助近畿ブロック合同訓練、それから近畿府県合同防災訓練開催県ということで、先ほど議員のほうからおっしゃられましたけれども、その経費が加わっておりますので、来年度の当初予算は、その分がなくなるということになりますので、通常ベースに戻るということになります。  

福島県議会 2020-02-25 02月25日-一般質問及び質疑(代表)-03号

今後は、4月に運用開始となる緊急消防援助の土砂・風水害機動支援部隊に津波・大規模風水害対策車や高機能救命ボート等の配備を図り、各種訓練を実施するとともに、消防団員等を対象としたドローンの操作講習会を新たに開催し、災害現場における有効活用及び普及促進を図ることなどにより消防力向上に取り組んでまいります。   (企画調整部長佐竹 浩君登壇) ◎企画調整部長佐竹浩君) お答えいたします。 

神奈川県議会 2020-02-25 02月25日-06号

消防庁では阪神・淡路大震災を契機に緊急消防援助という枠組みを創設し、平成年度から、毎年、地域ブロック合同訓練を実施し、大規模災害活動時における緊急消防援助の技術の向上及び連携を図っております。本県でもおととしが開催会場であったと承知しております。  県では平成28年から、県と県内消防本部が一丸となって県内被災地応援する県内消防広域応援体制、かながわ消防をスタートさせました。  

佐賀県議会 2020-02-05 令和2年2月定例会(第5日) 本文

これは県内で大規模災害特殊災害などが発生した際に、他県から応援で駆けつける緊急消防援助の駐機場を含むものでございます。平成二十八年四月に発生した熊本地震の際は、最大十八機の緊急消防援助航空小隊が熊本県防災ヘリ拠点である熊本空港に集結し、そこを拠点として人命救助等活動に当たったところでございます。  

石川県議会 2020-01-31 令和 2年 1月31日災害・県土強靱化対策特別委員会−01月31日-01号

応援要請に係る対応手順確認については、関係機関が収集した被害状況に基づき、負傷者救助搬送等のため、自衛隊への災害派遣要請DMAT派遣要請消防庁への緊急消防援助派遣要請、他県を含めた消防防災ヘリコプター応援要請を行い、その対応手順確認することとしています。  

石川県議会 2020-01-17 令和 2年 1月17日総務企画県民委員会−01月17日-01号

応援要請に係る対応手順確認については、関係機関が収集した被害状況に基づき、負傷者救助搬送等のため、自衛隊への災害派遣要請DMAT派遣要請消防庁への緊急消防援助派遣要請、他県を含めた消防防災ヘリコプター応援要請を行いまして、その対応手順確認することとしています。  

岡山県議会 2019-12-11 12月11日-05号

昨年の西日本豪雨での岡山県における自衛隊警察緊急消防援助が協力した捜索活動においては,その部分が大変役立ったというお話も聞きました。今後,消防団員専門性をより高めるため,消防団自衛隊が連携した研修等を県が主催して実施することを検討していただきたいのですが,危機管理監にお伺いします。 災害時の自衛隊活動は,皆様も御存じのとおりで,敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。

長野県議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会危機管理建設委員会-12月09日-01号

自衛隊方々緊急消防援助皆様海上保安庁皆様方に、長野県も人命救助第一ということで大変お世話になりました。それから、自衛隊皆様方には11月いっぱいまで、昼夜兼行で、被災した泥の片つけから始まって、家財など被災したものを運んでいただいたりして、大変感謝申し上げます。これは、常日ごろの意思疎通がないと、なかなか難しいことです。

長野県議会 2019-12-03 令和 元年11月定例会本会議−12月03日-02号

これら早期からの警戒体制によりまして、自衛隊への災害派遣要請消防庁への緊急消防援助応援要請、また、今回初めてとなる海上保安庁への救援活動要請など、速やかな対応につながったことで、1,500人を超える方々を浸水した地域から救出することができたものというふうに考えております。  次に、住民に避難を促す周知方法の再考についての御質問でございます。