39836件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月07日-01号

今回の補正予算は、本年度当初予算をほぼ年間予算として編成したこと並びに歳入予算のうち地方交付税等につき確実な収入の見通しをいまだ得るに至っていないこと等もありまして、時期的に今回措置する必要があるチッソ株式会社に対する県債発行による貸し付け及び今回の貸し付けに伴う利子の支払いに要する経費を計上いたしました。 

熊本県議会 2045-06-01 06月14日-04号

しかしながら、五十八年度以降も多額の経費を必要とするため、現在の厳しい財政環境の中では早期完成はなかなか困難と思われますが、今後とも本路線の重要性にかんがみ整備促進に努めてまいりたいと考えております。 次に、秋津川改修でございますが、秋津川改修は昭和四十四年度から小規模河川改修事業として進めております。

熊本県議会 2045-06-01 06月22日-07号

年度は当初予算に必要経費を計上し、調査をして生態をはっきりさせ対処していきたい旨の回答がありました。 次に、ビール麦について、収穫はあったが長雨のため品質が低下しているので、共済関係対象とするよう検討してもらいたい。また、甘夏ミカンの出荷計画問題、スイカ、メロン等出荷調整についても十分検討の上対応してもらいたい旨の要望がありました。 

兵庫県議会 2021-03-24 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第10日 3月24日)

戸籍システム改修経費がかかるとの懸念がありますが、1996年の法制審議会の答申を受けて、軽微な設定変更夫婦別姓も対応可能なシステムとなっています。選択的夫婦別姓は、選択の自由を認めるものであり、他者に迷惑をかけるものではありません。逆に国家権力選択の自由を認めないのは、私的自治の原則に反するものです。  

兵庫県議会 2021-03-23 令和 3年健康福祉常任委員会( 3月23日)

(主      な      発      言) ○(きだ 結委員)  最初に、通常分新型コロナウイルス感染症対策分について、地域子ども子育て支援事業感染拡大防止対策事業補助進捗率が1.7%ということで、これはいろんな課にまたがっていると思うが、改めてどこの事業保育所とか学童とか、それから何に対する経費であるとか、その内容を教えてほしい。

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第9日 3月22日)

投資的経費については、人口減少による税収減を考慮し、将来的には削減していく中で、防災減災の取組とともに2050年の脱炭素社会に向けて、ハード整備などに十分な配慮をいただきたいと思います。  新県庁舎は、壁面太陽光パネルを外し、省エネ40%のゼブ・オリエンテッドを目指していますが、壁面太陽光パネルを外す必要はなく、ゼブ、つまりエネルギーゼロ建築物を目指すべきです。新設の県施設も同様です。

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日商工観光公安委員会-03月18日-01号

これは引き続き行っていくと考えていますし、テレワークの意味は、合理化とともに働き方改革にも資するものではないかということで、働き方改革セミナーなどで普及啓発を進め、さらには、ハード面で一定の経費もかかるので、デジタル化設備導入支援していきたいと考えているところです。 ◆石坂修一 委員  ちょっと何点か、お聞きしたいと思います。  

兵庫県議会 2021-03-03 令和 3年文教常任委員会( 3月 3日)

○(ねりき恵子委員)  最後、意見表明だが、やはり指定管理制度ができたのは平成15年だが、その後、総務省からあまり経費節減ばかりに目が行かないようにということで、労働条件確保であるとか、特に教育委員会社会教育施設なので、社会教育という点で、しっかりと県民にそういった社会教育業務が行えるようにということが基本であると思うので、そういった点で私たちもいろいろと指標をもとにしながら審議していきたいと

兵庫県議会 2021-03-03 令和 3年健康福祉常任委員会( 3月 3日)

○(きだ 結委員)  なかなか厳しい見込みを持っているのが今分かったが、経営改善していくことと、コロナが続いている限りは、今のレベルでやっぱり空床補償というのはしっかりと措置していくのはぜひ求めてほしいと思うし、経営改善と言ったときに、決してやっぱり人件費削減とかで経費削減ということがないように、やはりモチベーションにも関わってくるので、ぜひお願いしておきたいと思う。  

兵庫県議会 2021-03-01 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第6日 3月 1日)

この研究に当たりましては、学校教育の一環という枠組みを維持しながら、1つとしては、部活動を実施する施設、また指導する人材の確保、2点目は、地域で行う場合に生じる経費負担在り方等につきまして、地域の実情や競技への特性を踏まえながら様々な観点から慎重に検討していくこととしております。  今後とも、教員の負担軽減を図りながら、部活動が持続可能な活動となりますよう、関係者とともに取り組んでまいります。

兵庫県議会 2021-02-26 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第5日 2月26日)

国・県関係の選挙では、投票所設置に係る経費については交付金が配分されており、財政面での制約は少ないようでありますが、過疎化が進む地域では、多数の投票所運営のための人的負担が大きく、また都市部であっても、地域とのつながりが希薄化している現代において、長時間の拘束となる立会人確保が難しい場合もあるとお聞きをしています。  

東京都議会 2021-02-25 2021-02-25 令和3年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

都は今年度商店街におけるキャッシュレス導入モデルを創出するため、機器の導入やコーディネーターの活用等に必要な経費の助成を行っているところでございます。  来年度は、キャッシュレスに加え、クーポンの発行セール情報の発信ができる商店街アプリの開発などの取り組みを支援し、他の商店街の参考となるモデル事例普及を図ってまいります。  

兵庫県議会 2021-02-25 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第4日 2月25日)

加えて、県民運動実施団体に対して、感染防止対策ICT機材の購入に要する経費を助成したほか、中間支援団体等と連携した資金調達などへの相談体制の強化やボランタリー基金を活用して、ICTを用いた高齢者の見守りなど、コロナ禍を契機に生まれた活動などへの支援にも取り組んでまいります。  

東京都議会 2021-02-24 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

特別区に対しては、新型コロナウイルス感染症対策経費に特別区財政調整交付金を活用するとともに、今年度から令和四年度までの三年間、投資的経費財政負担緩和として区市町村振興基金を無利子での貸し付けをしてまいります。  これからも、各区市町村が持続可能な財政運営を自律的に行えるよう、必要な支援や助言に努めてまいります。