22277件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 これに対し、委員側から、行財政改革を進める上で特に大切なことは、組織の活性化を図る中で、全職員が正しい県民奉仕の精神、自覚など意識の高揚、改革が最も重要視されなければならない。また意識の改革を実行する上で職員の信賞必罰の確立を図るべきであるとの強い要望がなされました。   もっと読む
2019-03-19 兵庫県議会 平成31年警察常任委員会( 3月19日) ○刑事部長(細田 正)  ① 障害者に対しての捜査は、親族その他関係者から詳細な聴取や専門家による精神鑑定を行い、障害適格の把握に努めている。また、知的機能が通常より劣ると認められる場合には、取調べによる暗示が起きやすいということもあったり、内向的・非社交的な性格で強く言われると反論できない方もいる。取調べに迎合しないよう努めている。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 現在、週二十時間未満の就労は障害者雇用率の算定に含まれず、特に精神障害や知的障害のある方々の就労を阻む壁になっております。  都においては、現在就労支援のあり方に関する有識者会議が開かれていますが、この会議で議論の対象となっている就労困難者に含まれるシングルマザーやひきこもり、高齢者や難病患者といった方々にも短時間勤務は有効であると考えます。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) このたびのがん対策推進条例第24条には、県は、県民ががんに罹患した場合に身体的、精神的又は経済的な負担が生じることを踏まえ、がん患者等のこれらの負担の軽減に資する質の高い商品及びサービスの開発及び提供が促進されるよう必要な支援に取り組むものとするとある。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 DV相談の対応に当たっては、父親が母親へ暴力を振るっていた、そのおびえる日々を過ごし精神的に苦痛を受ける、いわゆる面前DVの被害を受けている子供からもし相談があったとしたら、ウィメンズプラザは区市町村や警察など、関係機関と迅速に連携をし、きめ細かな対応をすると確認をしています。   もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日行財政・働き方改革特別委員会−03月13日-01号 その上で、今回行政経営方針をつくっているさなかに起こった事案であり、この方針の中にコンプライアンスの精神みたいなものを加筆する必要はないのですか。 ◎森中 総務部管理監  行政経営方針実施計画において、持続可能な滋賀を支える県庁の中に、リスクに適切に対応するための内部統制体制の整備があります。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 258 ◯中井教育長 都教育委員会は、学校問題解決サポートセンターにおいて、弁護士や臨床心理士、精神科医などを講師として、管理職や教職員を対象とした初期対応に関する講演会を実施し、問題発生時の関係機関との迅速な連携などについて周知を図り、学校の組織的な対応力を向上させる取り組みを進めてまいりました。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 この中で、現在、仕事をしていない人の数、休職中の人数、その休職中の人が外傷あるいは内的な病気というか、精神的ではない病気、それから精神的な病気で休んでいる人の人数を後でいいので出してください。委員長、資料の提出をお願いします。  部長にお聞きしますが、先ほど岩佐副分科会長が言われたのですけれども、商工観光労働部の中で、なぜ職員給与が上に書いていて、事業費が下に書いているのですか。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 また思春期の精神障害に対応するため、中高生の心の専門外来を開設し、取り組んでいます。精神科救急におきましては、県の精神科救急医療システムにおける後方病院としての位置づけから、今年度は措置入院、いわゆる法に基づく自傷他害による強制入院のことですが、県内の20%を受け持っているところです。  2番目の地域移行支援の推進です。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 それから、精神医療センターにつきましては、2,500万円程度の黒字予算を組んでおりましたけれども、結果としまして、プラスマイナスゼロぐらいで動いていると思っております。今の説明は参考資料の5ページ、6ページ、7ページの当初予算A、それから、補正見込みを載せておりますので、その数字を少し紹介させていただいたところです。 ○岩佐弘明 副分科会長  トータルとしてはどうですか。 もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会(第5号 閉会日) 本文 県庁内では、今でも過労での精神疾患などが相次いでいるではありませんか。病人をつくり、過労死を生み出しかねない改悪であり、許されません。  次に、第24号議案福井県立病院使用料および手数料徴収条例の一部改正は、シャワーもトイレもない個室使用料を5,400円と高額な設定とするものであり反対であります。したがって、第16号議案病院事業会計予算にも反対です。   もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 1人の職員の方に相当な重労働というか、労働が集中していて、肉体的のみならず精神的にもかなり疲れてしまうと聞いている。そのあたりも考えると、外国人材の活用、さらにはいろいろな意味での処遇改善、このあたりのバランスをとりながら人材を確保していく必要があると思うけれども、部長、まとめていただけるか。 ◯健康福祉部長  私も昨年度と今年度、数多くの事業所を訪問して、意見交換をさせていただいた。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 次に、生徒に寄り添う性教育についてでございますが、学校における性教育は、人間尊重の精神に基づいて行うとともに、生徒が性に関する正しい知識を身につけた上で、適切な行動を選択できるよう進めていく必要がございます。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 犯罪被害に遭われた方は、精神的、肉体的、経済的な困難に突如直面することになり、都として適切な支援策を講じることが、安全・安心な東京の実現に資するものです。  都議会において、犯罪被害者支援に関する陳情の趣旨採択が行われましたが、私たちもこれに向けては多くの検討を主体的に進めてきました。   もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18 ただ、現状におきましてはなかなか厳しいところでございますので、県の精神保健福祉センターを初め、各医療機関において、回復プログラムということで、いわゆる覚醒剤、薬物等を今後しないような形で、認知行動療法の一環として各機関で行われていることはございます。 もっと読む
2019-02-16 福岡県議会 平成31年2月定例会(第16日)〔資料〕 四 性暴力 性犯罪、配偶者等性暴力、ストーカー行為、セクシュアル・ハラスメントその他特定の者の身体又は精神に対   する性的行為で、当該特定の者にとって、その同意がない、対等ではない、又は強要されたものを行うことにより、そ   の者の性的な問題を自ら決定する権利(以下「自己決定権」という。)又はその者の性的な問題に関する身体、自由、   精神、名誉等の人格的な利益(以下「性的人格権」という。) もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 また郷土愛護、義勇の火消し、消防の精神とともに、時代から時代へ、人から人へ、人々の命と暮らしを守るという使命感を持って、長く受け継がれてきたものであります。この消防伝統技術が県の文化財となり、福岡、博多の誇りとして末永く保存、継承されていくことを期待いたしまして、私の一般質問を終わります。  ありがとうございました。 もっと読む
2019-02-09 福岡県議会 平成31年2月定例会(第9日) 本文 誇りと伝統を礎に、日本独自の茶道の精神を表現する茶陶上野焼。約四百年の歴史に裏打ちされた品のよさ、格調高さを感じさせる器が次々と生み出されています。上野焼には、質素で静かなものを意味する茶道の精神わび、さびが色濃く反映されています。目立ち過ぎず、それでいてどこか存在感がある、それが上野焼の一番の魅力です。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 この調査により、退勤時刻をタイムカード等で客観的に確認しているのは私立で一九・六%、公立で一六・七%にとどまっていること、勤務についての精神的負担が非常に大きいと回答した教職員が、私立で一四・七%、公立で一二・五%であることから、私立学校においても抜本的な働き方改革が早急に必要であることが明らかになりました。  そこで知事は、この調査結果をどのように認識しておられるのかお聞きします。 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第4号) 本文 私は、昨年十二月に行われた起工式に出席し、改めて、三校が培ってきた伝統や思いに触れ、新設高校がその精神を確実に受け継いでいくことの重要性を強く感じたところです。  さて、新設高校の概要などについては、一昨年及び昨年八月に、説明会が開かれたとのことです。  しかし、伝統ある三校の教育課程や特色が、どのように受け継がれていくのかなど、いまだ不安を抱いている生徒や保護者の声があると聞いています。   もっと読む