運営者 Bitlet 姉妹サービス
30239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 これに対し、委員側から、行財政改革を進める上で特に大切なことは、組織の活性化を図る中で、全職員が正しい県民奉仕の精神、自覚など意識の高揚、改革が最も重要視されなければならない。また意識の改革を実行する上で職員の信賞必罰の確立を図るべきであるとの強い要望がなされました。   もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 本県における昭和五十六年六月末の調査によりますというと、精神病院に在院をいたしております患者さんだけでも八百二十八名に上っているわけでございます。今後の老齢化の急速な進行に伴いまして、痴呆性老人はさらに増加をしていくものと考えておるわけでございます。したがいまして、今後の老人福祉問題を考えます場合、この痴呆性老人対策はきわめて重要な問題になってくると考えておるところでございます。   もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 しかし、今後さらに厳しい情勢が続くと覚悟しなければならない時期でございますので、あくまでも中長期的な展望に立って、この総合計画の基本的な精神に沿った整合的な施策の推進が必要であると考えておる次第でありまして、総合的かつ計画的な県政の運営を行っていきます中で、計画の実現に最大限の努力を傾注してまいりたいと考えております。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 現在、週二十時間未満の就労は障害者雇用率の算定に含まれず、特に精神障害や知的障害のある方々の就労を阻む壁になっております。  都においては、現在就労支援のあり方に関する有識者会議が開かれていますが、この会議で議論の対象となっている就労困難者に含まれるシングルマザーやひきこもり、高齢者や難病患者といった方々にも短時間勤務は有効であると考えます。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 DV相談の対応に当たっては、父親が母親へ暴力を振るっていた、そのおびえる日々を過ごし精神的に苦痛を受ける、いわゆる面前DVの被害を受けている子供からもし相談があったとしたら、ウィメンズプラザは区市町村や警察など、関係機関と迅速に連携をし、きめ細かな対応をすると確認をしています。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 258 ◯中井教育長 都教育委員会は、学校問題解決サポートセンターにおいて、弁護士や臨床心理士、精神科医などを講師として、管理職や教職員を対象とした初期対応に関する講演会を実施し、問題発生時の関係機関との迅速な連携などについて周知を図り、学校の組織的な対応力を向上させる取り組みを進めてまいりました。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 次に、生徒に寄り添う性教育についてでございますが、学校における性教育は、人間尊重の精神に基づいて行うとともに、生徒が性に関する正しい知識を身につけた上で、適切な行動を選択できるよう進めていく必要がございます。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 犯罪被害に遭われた方は、精神的、肉体的、経済的な困難に突如直面することになり、都として適切な支援策を講じることが、安全・安心な東京の実現に資するものです。  都議会において、犯罪被害者支援に関する陳情の趣旨採択が行われましたが、私たちもこれに向けては多くの検討を主体的に進めてきました。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 名簿・議事日程 第二百三十五号議案   都立学校等に勤務する講師の報酬等に関する条例の一部を改正する条例 第二十八 第二百十一号議案   東京都児童育成手当に関する条例の一部を改正する条例 (委員会審査報告) 第二十九 第二百十二号議案   東京都重度心身障害者手当条例の一部を改正する条例 第三十 第二百十三号議案   東京都心身障害者福祉手当に関する条例の一部を改正する条例 第三十一 第二百十四号議案   東京都立総合精神保健福祉 もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文          財政委員長 大松あきら  東京都議会議長 尾崎 大介殿      ─────────────    厚生委員会議案審査報告書  第二百十一号議案   東京都児童育成手当に関する条例の一部を改正する条例  第二百十二号議案   東京都重度心身障害者手当条例の一部を改正する条例  第二百十三号議案   東京都心身障害者福祉手当に関する条例の一部を改正する条例  第二百十四号議案   東京都立総合精神保健福祉 もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 県民栄誉賞やスポーツ賞など選手は表彰をもらうだけでも、非常に次につながる精神的なエネルギーになります。  県立中央病院には、年間九千何百人もの子供たちが入院していますので、選手が知事のところへ行き表彰されて、そのまま帰るのではなく、せっかくですから少し足を延ばして子供たちに「皆さん、大変だろうけど頑張ってね」と言葉をかけることで、私は金メダルに相当する喜びを与えるような気がします。 もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 実は法律制定以前にされたところの精神みたいなものが国の法律に反映されて国の障害者差別解消法というのができたんだろうというふうに思いますけれども、逆な言い方をすると、国の法律ができた後に条例をつくるとするならば、単に理念条例だけをつくったんではあんまり意味がないんじゃないかと素朴に思うわけです。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 国土交通省が発行している知的障害、発達障害、精神障害のある方とのコミュニケーションハンドブックなどを参考にした応対方法の周知を進めてほしいと要望するが、所見を伺う。 ◯知  事  ヘルプカードの普及であるが、誰が何のためにお持ちのカードなのか、カードをお持ちの方にどういった支援が必要なのかを広くわかっていただく必要がある。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 重度心身障害者医療費助成制度を精神障害者の方も対象にしているのは、富山県の精神障害者家族会の資料によると、予定を含め二十六都道県。窓口負担が一割の自立支援医療の対象は精神の疾病に関してだけで、それ以外の疾病で病院にかかれば通常どおり三割負担が強いられます。身体、知的、精神、三障害平等の理念に基づき、精神保健福祉手帳一級・二級をこの助成制度の対象にするよう求めます。見解を伺います。   もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月12日-01号 精神障害者の場合ですと、20,700人余の中で65歳以上は4,100人余ということで、約20.2%という状況でございます。 ◆備前光正 委員 わかりました。 もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第17回保健福祉委員会会議録−12月12日-01号 次に、「(3)事業全体の評価」につきましては、一つ目といたしまして、患者の受療動向や将来の人口減少を見据えた病床規模の適正化など、地域医療構想調整会議による議論等を踏まえつつ、将来にわたり持続可能な経営体制に向けた検討を進めること、二つ目としまして、上半期は、江差病院や子ども総合医療・療育センターで前年度より収益が改善したことは評価する、三つ目といたしまして、一方、精神科病院は、前年度より収益が減少 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 名簿・議事日程 東京都市計画事業泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業施行規程 第十 第二百十号議案   東京都建築安全条例の一部を改正する条例 第十一 第二百十一号議案   東京都児童育成手当に関する条例の一部を改正する条例 第十二 第二百十二号議案   東京都重度心身障害者手当条例の一部を改正する条例 第十三 第二百十三号議案   東京都心身障害者福祉手当に関する条例の一部を改正する条例 第十四 第二百十四号議案   東京都立総合精神保健福祉 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 次に、都立中部総合精神保健福祉センターについて質問します。  我が党は本年五月、同センターを視察した際、執務場所スペースが狭小であるため、多くの弊害が生じていることを感じてまいりました。  この施設は、精神障害者保健福祉手帳の交付業務と、精神通院医療費助成認定業務を行っていますが、最近五カ年で、手帳の件数が一・三六倍、医療費助成の件数が一・二六倍と処理件数が著しく増加しています。 もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会ぐんまの雇用戦略特別委員会-12月12日-01号 最後になるが、40から50代のひきこもり当事者と、70から80代に差し掛かり精神的・経済的に限界を迎えている親の問題がクローズアップされている8050問題についてである。内閣府の調査によると、ひきこもり状態にある方は、全国に40歳以下で54万人いるとされているが、40歳以上については調査対象外なのでどの程度いるのか分からない。推測でおそらく100万人いると言われているが、本県の状況はどうか。 もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会弱者・高齢者対策特別委員会-12月12日-01号 なお、作業療法士については、主に医療現場において病気や怪我等が原因で、不自由な障害を抱える人に対して日常生活に必要な能力を取り戻す訓練や指導をし、精神的なリハビリも担当するなど社会復帰の支援をする仕事と認識しており、認知症に関しては高度の知識を有し、認知症の方や家族に対するアドバイスも的確に行えると考えている。   もっと読む