2518件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千葉県議会 2019-06-20 令和元年_総務防災常任委員会(第1号) 本文 2019.06.20

この内訳といたしましては、交通事故道路交通法違反関係が5件、現金や物品の窃盗などが5件、暴力行為が2件、このうち1件はパワハラ、またセクハラが2件、その他4件というふうになってございます。 ◯委員長(斉藤 守君) 網中委員。 ◯網中 肇委員 たしかその前の年はそんなになかった。

群馬県議会 2019-06-04 令和 元年第2回定例会文教警察常任委員会(警察本部関係)-06月04日-01号

平成30年中の県内における来日外国人総検挙人員を罪種別に見ると、不法残留等の入管法が最も多く、次いで、窃盗、粗暴犯、薬物事犯の順である。 ◆岸善一郎 副委員長   犯罪を犯すような外国人は、最初から犯罪目的で来日しているのか。 ◎大場 刑事部長   研修等を目的として入国するが、その後、犯罪に手を染めるパターンもある。 ◆岸善一郎 副委員長   通訳の運用について伺いたい。

鹿児島県議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年文教警察委員会 本文

次に、窃盗犯についてであります。  二ページをごらんください。  窃盗犯の認知件数は五千五十一件で、三十件減少し、検挙件数は二千三百四十九件、検挙率は四六・五%となっております。  今後も、県民の平穏な生活を脅かす重要犯罪住宅対象の侵入盗など、悪質な窃盗犯の検挙に重点を指向した捜査を推進してまいります。  次に、知能犯罪についてであります。  三ページをごらんください。  

兵庫県議会 2019-03-06 平成31年度予算特別委員会・速報版(第6日 3月 6日)

普通に考えれば、男性にやったことは詐欺窃盗であり、被害者は彼女であるはずにもかかわらず、警察の判断は、直接被害者アマゾンであるということ。そして、そのために彼女が幾ら訴えても、彼女自身の法律上の被害者とはならないということを言われたという。私は、最初びっくりした。何で彼女が被害者にならないのかということである。

福井県議会 2019-02-27 2019.02.27 平成31年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文

次に、刑法犯の約7割を占める2の窃盗犯の認知・検挙状況であるが、認知件数は、下の表の5段目にあるように2,228件で、前年とほぼ同数であった。検挙件数は、その下の1,189件で、前年より20件増加しており、検挙率を見てみると、最下段の53.4%で、全国第14位であった。  

京都府議会 2019-02-26 平成31年予算特別委員会当初予算審査小委員会 書面審査 警察本部 本文 開催日: 2019-02-26

8 ◯垣内刑事部長  現在、特殊詐欺のほか、特殊詐欺と同視し得る窃盗の被害も増加しているということで、この窃盗につきましては、キャッシュカードをだまし取るんではなくて、「保管しておいてください」と言って封筒にキャッシュカードを入れまして、そして「割り印をしますので、印鑑をとりに行ってください」と言って、印鑑をとりに行っているすきにキャッシュカードを抜き取

滋賀県議会 2019-02-20 平成31年 2月定例会議(第23号〜第31号)−02月20日-02号

また、昨年は議員が言及されました死体遺棄や殺人事件以外にも、連続発生の住居侵入窃盗事件や強制性交等事件などの県民の皆様に不安を与える重要事件の解決に至ったところでもあり、その他の重要事件につきましても、現在、解決に向けて捜査を継続しているところでございます。  

長野県議会 2019-02-19 平成31年 2月定例会本会議-02月19日-02号

当該システム捜査に活用することにより、連続発生する窃盗や性犯罪等に対する検挙力の強化を図ることができます。また、犯罪発生リスクの高い場所を地図上に表示させ、効果的なパトロールルートを作成することが可能であり、これを警察官のパトロールに活用するほか、表示された結果を地域住民に対する情報提供や防犯ボランティアとの協働活動などにも活用し、犯罪の抑止活動を効果的に行うことが期待できるものであります。  

長野県議会 2019-02-13 平成31年 2月定例会本会議-02月13日-01号

罪種別では窃盗が大きく減少し、中でも車上狙いや自転車盗が減少しております。  全国の刑法犯認知件数の減少率は10.7%であることから、本県の減少率は全国よりもやや少ない状況であります。  一方、検挙率は47.2%で、前年と比較して5.7ポイント上昇いたしました。全国の検挙率は37.9%であることから、本県は9.3ポイント上回っている状況であります。  

兵庫県議会 2019-02-13 平成31年警察常任委員会( 2月13日)

ただ、同一罪種では13.8%であり、性犯罪だけ特に多いわけではなく、窃盗強盗など金に絡んだ犯罪の再犯率が高い。欲望関係の犯罪は、一旦止めれば止まる可能性があり、法務当局の矯正施設との連携が今後必要と考える。なお、特に児童等に対する性犯罪については事前に情報提供をいただき、定期的な面接を行い、所在を確認することで再犯防止に努めている。  ② 異常死体については、100%検死をしている。

石川県議会 2019-02-06 平成31年 2月 6日商工観光公安委員会−02月06日-01号

窃盗犯が最も多くの割合を占め、94人ですが、前年と比べ41人減少しました。特に万引きは窃盗犯の半数以上を占め、48人で、前年と比べ24人減少しています。  次に、3の不良行為少年補導状況についてです。  これは、犯罪行為には該当しないものの、深夜徘回や喫煙などの不良行為により補導された少年のことで、人数は2,328人で、前年に比べ52人減少しました。

京都府議会 2019-02-01 平成31年総務・警察常任委員会(1日目)及び予算特別委員会総務・警察分科会(3日目)2月定例会 本文

この減少の要因でありますが、刑法犯認知件数の4分の1を占めます自転車盗、これは資料の項目2の(4)に記載しておりますけれども、前年比でマイナス510件、マイナス10.7%、そして侵入窃盗、これは資料2の(3)のところに記載しておりますけれども、前年比でマイナス176件、マイナス18.3%と、大きく減少したことなどが挙げられます。  

愛媛県議会 2019-01-30 平成31年スポーツ文教警察委員会( 1月30日)

その2つ目は、侵入窃盗、特殊詐欺サイバー犯罪など県民の身近で発生する犯罪の早期検挙・摘発による、犯罪の続発防止であります。  県民の身近で発生する侵入窃盗や特殊詐欺は、体感治安に大きな影響を与えます。防犯広報啓発等の被害防止対策とあわせて、被疑者の早期検挙により被害の続発防止を図るとともに、特に特殊詐欺については、他県警察とも連携して、上位被疑者への突き上げ捜査を推進してまいります。  

石川県議会 2019-01-16 平成31年 1月16日商工観光公安委員会−01月16日-01号

次に、3の窃盗犯です。  認知件数は3,563件で、前年から大幅に減少し、525件の減少です。全刑法犯認知件数の減少要因となっているところです。一方、検挙件数等はやや減少傾向にあるものの、検挙率は前年と同じ40%台で推移しています。  下半期における検挙事例ですが、他県警と合同捜査を展開し、広域連続金庫破り事件や高級車のタイヤを対象とした窃盗事件の常習窃盗被疑者を検挙しています。