運営者 Bitlet 姉妹サービス
24785件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 環境衛生関係営業については、科学技術の進歩、国民の生活水準の向上、利用者または消費者の態様の変化に伴い営業の形態、内容も変わってきており、それぞれの環境衛生同業組合においては、消費の低迷に対する対応、営業者の増加に伴う経営対策等の問題点があり、また県に組織されている十一の環境衛生同業組合に共通した問題として、組合組織の強化、アウトサイダーに対する組合加入の促進等問題点も数多くあると思われます。   もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 昭和五十六年度の公立高校入試の結果を見てみましても、たとえば「最近の科学の進歩は著しい」、この「著しい」という漢字が読めない者が全受験者の二五・七%を占めております。また「要点をカンケツにまとめる」という「簡潔」というかなを漢字で書かせた出題におきまして、六六・八%が誤っておる実態がございます。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 文部科学省は、昨年三月に高等学校の新学習指導要領を公示し、二〇二二年度から学年進行で実施していく方針を発表しましたが、そのポイントの一つとして、学校のICT環境整備とICTを活用した学習活動の充実に配慮すると掲げられております。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 県内には大型放射光施設SPring−8やX線自由電子レーザSACLA、また、今年8月で供用が終了するがスーパーコンピュータ、京など、世界をリードする科学技術基盤を有している。  スパコン、京については現在、後継機として開発を進めているポスト、京プロジェクトへの期待も大きく、これらの本県の特性を一層生かした時代が来るのは間違いないと考える。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 具体的には、来館する子供たちが多様な関心や興味に応じて自由に利用できるよう、必要な設備機材や材料等を用意した科学工作コーナーや音楽スタジオなどを設置するとともに、子供たちが遊びを通じてさまざまな知識や技術を自然に習得できるよう、専門の講師による化学実験や木工教室などの体験型イベントを実施してまいりました。   もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 田中水・大気環境局長の視察では、琵琶湖環境科学研究センターで、TOCの研究の状況について説明し、連携協力を築いていくことをお話させていただきました。  さらには、現在、県の課題になっている南湖の湖底環境の実態を確認いただき、これが湖底の低酸素の状況につながっていることを説明しました。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 40 ◯中井教育長 都教育委員会は、生徒や産業界のニーズを踏まえて、科学技術高校の開校やデュアルシステム科の設置、エンカレッジスクールの指定など、工業高校の改革を推進してまいりましたが、その一方で、昨今の産業を取り巻く環境の変化は目まぐるしく、引き続き改革を進めていくことが必要でございます。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 ◆生田邦夫 議員  ある面で皆さん、科学者でしょう。飲める国はあります。  国の状況がどう変わってきているか。国のインフラ整備で、全体の生活水準も上がってきているかどうかが水ビジネスなのです。バルブを売ることが行政として扱う水ビジネスではありません。わかっているはずです。そこに取り組む姿勢として、県が扱う水ビジネス、それから大きな市が扱う水ビジネスは、上水道をセットで売り込むことです。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日文教・警察常任委員会-03月07日-01号 京都府などでそういった対応が徐々に広がってきていると聞いていますのと、2015年4月から文部科学省は直接先生を派遣できなくても、ICTを活用した遠隔教育ができるように制度を変えました。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会環境・農水分科会−03月07日-01号 こういった中で、アユの資源高度化研究につきましては、今やっております手法に加えて、さらに新たな手法といいますか、詳しい調査方法により、例えば科学計量魚探というものを用いて、当委員会でも一度報告させていただいたことがありますけれども、今は琵琶湖の魚群数の調査について、琵琶湖周辺の30メートル水深のライン上の調査になっておりますけれども、この科学計量魚探を用いた調査では日数はかかりますけれども、琵琶湖全域 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 この嶺南の教育に関連して、若狭高校の海洋科学科について伺う。  先日の新聞で、海洋科学科の今回の高校入試の志願倍率が1.13倍というふうに出ていた。若狭高校は宇宙食としてJAXAが認証したサバの缶詰をつくるなど、日本海側でも有数の水産系学科として活躍している。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 ◯生活安全部長  通学路の環境整備、設備に関する防犯カメラとかドライブレコーダーの関係は、文部科学省のほうで必要な予算づけをする。県、市町のほうで取り組んでいただいていると承知していて、警察は、設置とか運用に関する指導とか助言、どういう場所がいいのか、危険箇所の設置場所としてふさわしいのかなど、いろんな状況を相談させていただいている。 ◯長田分科会長  ほかに発言はないか。        もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 先月21日には文部科学省から、今回処理できなかった残りの燃料については9月からの次回作業において取り出し、残る4年間の全体計画に影響を及ぼさないとの説明を受けている。  工程の変更が繰り返されることは、原子力機構だけでなく、国への信頼にかかわる大きな問題である。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 都立中高一貫教育校の充実についてでございますが、都立中高一貫教育校では、六年間の計画的、継続的な教育により、生徒の資質、能力の伸長を図ることで、大学進学のみならず、国際科学オリンピックなど、文化、スポーツのさまざまな分野で、生徒がすぐれた実績を上げております。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 文部科学省は、インクルーシブ教育について、同じ場でともに学ぶことを追求するとしつつも、通常の学級、通級による指導、特別支援学校といった連続性のある多様な学びの場を用意しておくことが必要としています。   もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 さらに、第32回宇宙技術および科学の国際シンポジウム、ISTS福井大会が、6月15日から21日までの7日間開催される。ISTSでは、学術発表のほか国際宇宙展示会が開催されるため、県内企業の出展を支援し、福井の技術力を世界に向けて発信する。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 警察委員会 本文 開催日: 2019-02-18 この改正の背景といたしましては、遺失物業務の増加やシステム化や科学捜査の重要性の増大によりまして、現在、警察官以外の一般職員が担当する業務というものの必要性が高まっておりますところ、この一般職員という名称が警察官の補助的な位置づけとして見られがちであることや、県民にとって本県警察の職員としてはわかりづらいものとなっているという状況があるところでございます。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18 一つ目の生涯にわたる科学的根拠に基づく虫歯予防におきましては、児童生徒や保護者などのフッ化物の効果や安全性の理解を促進し、小学校におけるフッ化物洗口の実施拡大などに努めるなど、効果的な虫歯予防について普及啓発を行います。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 文教委員会 本文 開催日: 2019-02-18 二目社会教育施設費五億八千九百万円余の主なものは、説明欄の一番下の青少年科学館運営費でございます。  三百四十七ページの三目文化財保護費三億五千七百万円余の主なものは、文化財管理費でございます。  三百四十八ページをお願いいたします。四目九州歴史資料館費一億二千九百万円余の主なものは、同館の運営費でございます。   もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2019-02-18 44 ◯松本商工政策課長 先ほどの繰り返しになるんですけれども、一つには、工業技術センターに限らず、例えば、飯研機ですとか、福岡県産業科学技術振興財団、アイストとかにおいてそれぞれ得意分野を持っていまして、先ほど委員がおっしゃったような人材育成という取り組みもしているところでございます。   もっと読む