17139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日総務企画県民委員会-03月18日-01号

加藤隆佳 総務部長  国家公務員については、国家公務員倫理法等により職務上の利害関係者から供応接待を受けることが明確に禁止されている一方で、地方公務員については供応接待に関して明確に定めた法律がないという状況です。  こうした中、本県ではこれまでも課長課長補佐といった職員の職責段階ごとに幅広く公務員倫理に関する研修を実施しているところです。  

兵庫県議会 2021-03-01 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第6日 3月 1日)

しかし、兵庫県警では、大阪府警が適用した条例と同様の兵庫暴力団排除条例第13条暴力団事務所等の運営禁止適用事例が今までないと聞いています。このことについてもっと積極的に条例を適用してほしいとの声を聞いております。万が一、条例が実態に合わない場合は、改正に向けた検討を行うとの発言もいただきました。

東京都議会 2021-02-26 2021-02-26 令和3年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

例えば、企業名が入りました営利目的広告でも、その広告料収入環境美化行政情報の発信など、公益的な取り組みに充当するものにつきましては、条例に基づき、良質なデザインや安全性を確保することなどを条件に特例許可を行うことによりまして、広告禁止区域等での掲出を認めております。  

東京都議会 2021-02-25 2021-02-25 令和3年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

中国によるプラスチックごみ輸入禁止を受け、国内処理課題となっておりますが、ごみ焼却から得られるエネルギー回収は、リサイクルの観点温暖化防止観点から議論があるところです。  今後、二〇五〇年カーボンニュートラルに向け、焼却量の削減を図り、廃プラスチックをより高度にリサイクルする資源循環の流れをさらに加速すべきと考えますが、都における施策進捗状況目標達成に向けた見通しについて伺います。  

兵庫県議会 2021-02-12 令和 3年警察常任委員会( 2月12日)

また、防犯という観点から業界団体の方と連携して、例えば自動車の盗難防止装置であるイモビライザーの投入を促進するとか、自動販売機も堅牢化したり、容易には開けられないようなタイプの自動販売機を投入する、法令面においては、ピッキングという言葉を委員も聞かれたことがあるかと思うが、要は鍵をこじ開けるなどして家の中に侵入する、盗みに入るというものであるが、そういった特殊開錠用具の所持を禁止するという法令ができたということもあって

石川県議会 2021-02-09 令和 3年 2月 9日総務企画県民委員会-02月09日-01号

意見の中には、「県の責務市町等の連携を盛り込むようにしてほしい」というような意見や、あるいは、禁止する行為については、「表現を「その他の権利、利益を侵害する行為」みたいな形で表現してはどうか」といったような御意見が寄せられたというところです。  県としましては、いただいた御意見を真摯に受け止め、条文作成の際の参考にしていきたいと考えているところです。  

愛媛県議会 2021-02-03 令和 3年防災減災・エネルギー対策特別委員会( 2月 3日)

まず、発電所員への対策としては、毎日の健康状態の確認、3密の回避、四国外への出張は原則禁止などの取組を行っております。  次に、発電所員のうち、特に運転員への対策としては、運転員用通勤バス運転員以外乗車禁止、運転員が常駐する中央制御室への入室制限などの取組を行っております。  また、構内の関係会社協力会社への対策としては、新規入構者については、入構前2週間にわたって毎日の健康状態を確認する。

石川県議会 2021-01-21 令和 3年 1月21日総務企画県民委員会-01月21日-01号

(2)差別等の解消については、何人も不当な差別的取扱い誹謗中傷、その他これらに類する行為を行ってはならないと、明確に禁止することにしています。  (3)責務及び役割については、県の責務としては、国や市町などの関係機関と連携して、啓発、教育その他の必要な施策の推進、相談体制の充実を図ることにしています。  

茨城県議会 2021-01-01 令和3年1月臨時会(第1号) 本文

また、殺処分対象外のあひるについては、移動禁止措置を行い、約2週間の経過観察をしてまいります。  引き続き、県内での発生予防蔓延防止のため、防疫体制の強化に全力で取り組んでまいります。  次に、提出議案等について御説明申し上げます。  今回の提出議案は、予算補正に関するもの1件、報告1件であります。  まず、一般会計補正予算についてであります。