運営者 Bitlet 姉妹サービス
5734件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 兵庫県議会 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日) 重度の知的障害者である原告が兵庫県西宮警察署の警察官らによって同署に連行された上、その取り調べをするとともに、DNAを採取されました。  その際、合理的な配慮をしなかったことが違法であるとの主張により、兵庫県に対し、損害賠償請求の裁判が起こされました。  本議案は3月13日の判決により原告の請求が一部認められ、11万円の損害賠償金が発生していることを県が不服として控訴しようとするものです。   もっと読む
2019-03-19 兵庫県議会 平成31年警察常任委員会( 3月19日) ○首席監察官(岡田俊明)  ① 知的障害者の取調べの際は、誘導等があっては困るという観点から、基本的に録音・録画が警察庁から推奨されており、それに基づいた捜査を行っている。  ② 公園にはガイドヘルパーと原告がいたが、目を離したすきにマッチでポリ袋を燃やしたことを管理者が目撃していた。注意を行ったあと、自らが持っていたお茶で消火したという状況である。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 現在、週二十時間未満の就労は障害者雇用率の算定に含まれず、特に精神障害や知的障害のある方々の就労を阻む壁になっております。  都においては、現在就労支援のあり方に関する有識者会議が開かれていますが、この会議で議論の対象となっている就労困難者に含まれるシングルマザーやひきこもり、高齢者や難病患者といった方々にも短時間勤務は有効であると考えます。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 一昨年の予算特別委員会におきまして、私は精神障害者、知的障害者にも東京都庁の試験、この門戸を開くべきだというふうにして質問いたしました。それを踏まえまして、都は昨年度の障害者採用選考から精神障害者、知的障害者に対象を初めて広げたわけであります。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 知的障害などの子供が通う特別支援学級についても伺います。  私は二十代のころ、小学校の障害児学級で講師をしていました。ある日、自閉症を持つ四年生の我が子を迎えに来たお母さんに、きょう初めて風呂敷を結びましたよと伝えると、涙をこぼして喜んでくれたことがありました。  一人一人の子の課題や困難を見詰め、その子の成長を一つ一つ教師や親たちが喜び合う、障害児教育は教育の原点といわれます。 もっと読む
2019-01-23 滋賀県議会 平成31年 1月23日文教・警察常任委員会−01月23日-01号 高等養護学校に比べて、中程度の知的障害の生徒も通うことからこのような形をとらせていただいています。 ◆大橋通伸 委員  これまで高等養護学校で通学に係る課題などはありましたか。 もっと読む
2019-01-23 滋賀県議会 平成31年 1月23日厚生・産業常任委員会−01月23日-01号 2 平成29年度 障害者虐待防止法に基づく対応状況等に関する調査結果について (1)当局説明  丸山障害福祉課長 (2)質疑、意見等 ◆駒井千代 委員  まず、養護者による虐待が一番多いことについて、被虐待者は知的障害のある二、三十代の方で、虐待者は父親が多いということですけれども、ここにどのように対応するかという点において、身体的虐待に陥った原因があると思うのです。 もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年総務企画危機管理委員会 本文 開催日: 2019-01-21 そこで、精神障害または知的障害のある職員の採用について、県の見解をお伺いします。 もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 十一 知的障害特別支援学校高等部のスクールバスの利用について、保護者の希望を尊重されたい。  十二 発達障害のある子供への基礎的知識及び対応力の向上のため、専門教員の配置等、学校への支援を行われたい。  十三 都立高等学校定時制課程の廃止計画を撤回し、教育の充実を図られたい。  十四 公立中学校の夜間学級において、養護教諭を配置し、生徒の健康を管理されたい。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 ◎田中新太郎 教育長  特別支援学校には、視覚障害、聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱の5つの領域がございまして、教員免許法におきましては、特別支援学校の教員は小学校等の免許状に加えて、担当する児童生徒の障害に応じた特別支援学校教諭免許状を所持しなければならないとされておる一方で、当分の間は特別支援学校教諭免許状を所持しなくもよいと今されているところでございまして、本県の状況を申しますと、本県の特別支援学校教諭 もっと読む
2018-12-17 滋賀県議会 平成30年12月17日文教・警察常任委員会-12月17日-01号 ただ、この中で知的障害を有する卒業生の就職率がかなりの割合を占めており、一定の認知面の理解力、力のある者の就職の可能性が高くなっておりますので、30%以下ということはないと考えておりますが、さりとて40%を大きく上回るとは考えがたいため、当面の目標を30%と設定させていただきました。   もっと読む
2018-12-17 千葉県議会 平成30年_文教常任委員会(第1号) 本文 2018.12.17 本年度から出願資格をこれまでの身体障害者から精神障害者、知的障害者まで拡大をいたしまして、一般選考とは別の枠で選考を実施することといたしました。なお、募集人員につきましては5名程度としておりまして、本年度の選考は来年1月9日に実施をいたします。  以上です。 ◯委員長(茂呂 剛君) 中村副委員長。 もっと読む
2018-12-14 滋賀県議会 平成30年12月14日厚生・産業常任委員会−12月14日-01号 実際の対象の児童ですが、近江学園については基本的に学齢期以上の子供を対象にしておりまして、医療的ケア等のない子供、発達障害、あるいは知的障害の子供、その中でも特に被虐待の子供の保護が大きな役割としてあります。   もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 国土交通省が発行している知的障害、発達障害、精神障害のある方とのコミュニケーションハンドブックなどを参考にした応対方法の周知を進めてほしいと要望するが、所見を伺う。 ◯知  事  ヘルプカードの普及であるが、誰が何のためにお持ちのカードなのか、カードをお持ちの方にどういった支援が必要なのかを広くわかっていただく必要がある。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月12日-01号 知的障害者の場合ですが、全体が18,800人余の中で、65歳以上が1,830人余ということで、約9.8%でございます。精神障害者の場合ですと、20,700人余の中で65歳以上は4,100人余ということで、約20.2%という状況でございます。 ◆備前光正 委員 わかりました。 もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年農林水産委員会 それを養殖をやっている漁師の代表の方が社会福祉協議会に行って、誰かこういう作業をやってくれる人はいないかと相談を持ちかけたところ、知的障害者の方で、やってみようかという作業所がありまして、そして作業を行っていただいたところ、大変熱中してすごくきれいに仕事をしてくれると。このことが発端になって、大変成功した。 もっと読む
2018-12-11 福井県議会 2018.12.11 平成30年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 というのも、特に再犯を繰り返すような方というのは、軽度、重度を問わず、知的障害のある方がかなりいらっしゃるということ、また、この高齢出所者の中には、認知症を発症されている方なんかもいらっしゃるといった実態が世間では言われている。   もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年教育警務委員会 特別支援学校につきましては、平成22年度までに、6校で複数の障害種別を教育の対象とし、また、平成25年の4月に軽度知的障害生徒の就労支援を目的とした高等特別支援学校2校を開校したところでございます。   もっと読む
2018-12-11 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月11日-03号 聴覚障害や知的障害など、さまざまな障害の種別があり、障害の特性に応じて対応が求められることから、避難場所等で支援する方々はその特性を理解をして対応することが大切であると考えます。  そこでお伺いをいたします。避難場所の指定やその体制を整備しなければならない市町では、障害者の特性に応じた災害時の対応マニュアルを作成すべきではないかと考えますが、県としての御所見をお伺いをいたします。   もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月11日-01号 例えば、県庁には知的障害者でもできる業務もたくさんあるというような御意見。また、障害者の方お一人お一人違いますので、本人と十分にお話をさせていただきながら業務を決めていくだとか、また職場に専属に相談できる人、窓口、そういうものも必要じゃないかというような意見も出ております。 もっと読む