運営者 Bitlet 姉妹サービス
19882件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 委員からは、調査結果を踏まえいろいろ検討すべきこともあると思うが、発電の方向で進めることも必要ではないかとの意見が出されました。執行部からは、小国地区周辺における国の大規模深部地熱発電所環境保全実証調査の推移を見、また地元の意向も踏まえ、本県における浅部地熱開発について、事業主体や開発規模等について検討を進めていく旨の説明がなされました。  次に、水資源開発について申し上げます。   もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 地熱は、発電だけではなく、このように多目的に利用できるのが大きな特長であります。本県の場合も、地熱発電を初めとして、低温倉庫とかあるいは冷房、さらには観光事業等への利用など、温度の変化に応じて効率的な利用が期待できるところであります。  また、これまでの調査の総括として、地熱開発調査資料総合解析調査は、次のように結論を出しています。 もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 その内訳は、塩ビ樹脂関係が四億一千万円、塩ビモノマー関係が二億四千万円、液晶関係四千万円、発電所の水路等の補修費七千万円、電子材料関係等七千万円となっております。苦しい経営状況の中から、ただいま申し上げましたように、五十六年度単年度におきましても、このように八億三千万円に上る前向きの投資が行われ始めたことは評価してよろしいのではなかろうかと、このように考えるわけでございます。 もっと読む
2045-06-07 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-目次 出席議員氏名……………………………………… 151 一 欠席議員氏名……………………………………… 153 一 説明のため出席した者の職氏名………………… 153 一 事務局職員出席者………………………………… 153 一 開  議…………………………………………… 153 一 日程第一 一般質問……………………………… 154 一 広瀬博美君質問…………………………………… 154    ・地熱発電もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 世界的には、太陽光を中心に、再生可能エネルギーの発電コストは大きく下がってきており、火力あるいは原子力に比べて、既に同等の経済性に至ったとする国際機関による研究も出てきております。  再生可能エネルギーは、これまでの環境政策から、経済合理性のある成長戦略に生まれ変わる段階に来ています。 もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) ただ、木質バイオマスエネルギーについては、2012年開始のFITで、発電開始から20年間の買取期間が定められているところであるが、それが終了しても木材利用に影響が出ないよう、持続的な木材利用を考えていく必要があるのではないか。  そこで、資源循環型林業の構築に向け、県産木材の利用促進も含めて、今後どのように取り組もうとされているのか、ご意見をお伺いする。 もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 ただ、京都市からの琵琶湖疏水の感謝金については、昔は発電という名目であったのが、その後、感謝金になりました。これも水道ですから、原則としてお金をとることはありません。一方で、大阪府や京都府は、新しく開発された水利権にはお金を払っています。昔からずっととっている京都市にはありません。 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日県民生活・土木交通常任委員会−03月12日-01号 この事業につきましては、特にFITでの売電ではなく自家消費を主にしており、工場や事務所で発電したものについて、蓄電器などを使って自前で対応してもらうものです。停電のときなどに対応するため、福祉施設などでも導入していただく事業であり、金額としては1,800万円に対して1,593万3,000円と減額になっておりますが、件数としては当初の見込みより多くなっています。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 一旦原子力発電が事故を起こせば取り返しがつかないということで、原発ゼロを目指す世論、これは非常に強いということは一般質問でも申し上げた。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 ◯佐藤委員  大飯原発、高浜原発、美浜原発といった原子力発電所が近くにたくさんあるところの小浜市の警察署であるので、原子力災害にも対応できる設備とか資機材は、ぜひ準備をしていただきたいということは、重ねて要求したいと思う。   もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 ◯危機対策・防災課長  国が考えている補助対象の範囲として、住民の一時避難施設については原子力発電所からおおむね半径10キロメートル圏内の小学校区に1つずつぐらい、それから病院や福祉施設等の入所施設については半径30キロメートル圏内、あとは対策拠点についても半径10キロメートル圏内という大体の考え方が示されていて、これに基づき整備を進めている。 もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 大野であるとバイオマスの発電もやっているし、勝山もあるし、永平寺町も温泉とかがある。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18 これは、国の補正予算に伴いまして、原子力災害拠点病院の活動に必要な車両の整備及び医療機関の在宅人工呼吸器用簡易自家発電装置の整備に対する助成を行うものでございますが、年度内に事業が完了できないため、翌年度に繰り越すものでございます。   もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 農林水産委員会 本文 開催日: 2019-02-18 住民のほうから、しかしながら、住民との合意をとるということについては、事業計画策定ガイドライン、太陽光発電のガイドラインでも何度も繰り返して強調されていることではないのかと言われたら、それには法的拘束力はありませんというようなことも言っているということで、県は、県の森林審議会の際に、飯塚市のほうから法令遵守をしっかりやるように指導してほしいという要請を受けて、そのように業者に指導したというふうに書かれております もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 総務企画地域振興委員会 本文 開催日: 2019-02-18 この負担金額につきましては、通信機器や非常用発電機など、市町村などと協議の上決定いたしました設備に要する費用の二分の一という考え方で決めております。また、この負担金額につきましては、すべての市町村などから事前に承諾をいただいております。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2019-02-18 これは、一項営業費用で、発電所の運転業務に係る経費でございます。  次の五百九十六ページをお願いいたします。資本的収入及び支出でございます。収入はございません。支出は、総額で三億円余でございます。これは、一項建設改良費で、発電設備の更新などの経費でございます。  続きまして、少し飛びまして六百十六ページをお願いいたします。第一九号議案、平成三十一年度工業用水道事業会計暫定予算でございます。 もっと読む
2019-02-16 福岡県議会 平成31年2月定例会(第16日)〔資料〕 教│教育費負担の公私間格差をなくし、子どもたちにゆきとどいた教育を  │継 続│       ┃ ┃   │     │    │求める私学助成に関する請願                    │審 査│       ┃ ┠───┼─────┼────┼─────────────────────────────────┼───┼───────┨ ┃   │     │総務企画│九州電力玄海原子力発電もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 40年を超える原子力発電所の運転延長については、現場における安全対策の実施状況、国や事業者による県民への理解活動の実績などをよく確認しながら、安全・安心が確保されるよう引き続き慎重に取り組んでまいります。  「もんじゅ」でありますが、2022年度までに530体の燃料を取り出す計画としており、今年度は半年間に86体を取り出して作業を終了し、現在、定期検査に入っております。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 また、同研究会からは原子力につきましても、当分の間、原子力発電の安全性を向上させながら、これに向き合っていくことが必要であると提言が示されているところであります。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 立憲民主党との関係でございますけれども、この県議会の場でも、私、原子力発電についてのいろんな質疑がございましたが、その際明らかにした、それが私の立場でございまして、その立場はいささかも変わっておりません。 もっと読む