20125件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月11日-02号

最低限必要な国内生産を維持することは、生産保護というよりも、むしろ消費者の生活安定に役立っているということが認識されなければならない重大な事項だと思います。 また、わが国は、特別に農業を過保護にしているのではないかという意見もあるようでございますが、欧米に比べて決してそうではないようです。

滋賀県議会 2022-09-29 令和 4年 9月定例会議(第10号〜第16号)−09月29日-03号

被害に遭われた方々については、心よりお見舞いを申し上げますとともに、様々な御苦労の中、収穫を迎えられました生産方々に深く感謝を申し上げる次第でございます。  さて、水田農業を基幹とする本県では、農業生産額のうち6割を米が占めるなど、古くから関西の米どころとして、県内県外近江米を供給してきました。近年の異常気象が、米の作柄や品質に対してどのような影響を及ぼすのかが心配をしております。

滋賀県議会 2022-09-26 令和 4年 9月定例会議(第10号〜第16号)−09月26日-02号

これらの取組を通じまして、生産消費者結びつき地域内の資源循環をさらに進める中で、人や自然の健康につながるような滋賀の未来の農業を構築し、誰もがやりたくなるような、夢のある、もうかる産業に育ててまいりたいと存じます。  続きまして、河川整備に対する県の姿勢ということについてでございますが、12点、御質問をいただきました。  

愛媛県議会 2022-08-17 令和 4年地方創生・産業振興対策特別委員会( 8月17日)

県内対策としては、コロナ禍を契機として、飲食店関係者消費者の間で県産食材の利用意識生産支援の機運が高まっていることから、各市町等と連携の上、展示会形式商談会園地等を巡る商談ツアーを実施し、県内飲食店生産マッチング機会を創出することで県産農産物取引拡大を促し、地産地消のさらなる促進を図ることとしております。  9ページを御覧ください。  

滋賀県議会 2022-08-12 令和 4年 7月定例会議(第3号〜第9号)−08月12日-07号

また、所管事項調査の際、委員からは、水草、オオバナミズキンバイ等対策について、県民全体での取組を図るのであれば、まずはオオバナミズキンバイ等侵略的外来水生生物特性判別方法について県民にさらなる周知を図っていただきたい、滋賀環境こだわり農業推進条例の改正および基本計画の改定について、計画によりどのように生産利益が生じるのか、消費者利益として農作物の安全性がどのように担保されるのか計画

愛媛県議会 2022-08-05 令和 4年少子高齢化・人口減少対策特別委員会( 8月 5日)

農協や、いろいろ団体生産も一生懸命勉強しているんだけれども。世界に行って、愛媛のこれですというところまではいっていないわけですよね。愛媛でも一生懸命努力しているんですよ。少しずつ実績は上がっている。でも、その可能性があるものをもっと磨きをかけてやる必要があるんですね。それは今の農業生産や第一次生産の人にやれといったってなかなかやれるものでない。若い人らの感覚でこうやったらどうでしょうかと。

滋賀県議会 2022-08-03 令和 4年 7月定例会議(第3号〜第9号)−08月03日-05号

環境こだわり農業に率先して取り組んできた本県生産にしわ寄せや負担にならないようにということはおっしゃるとおりでございますので、その点は先ほども申し上げた国の制度においても一定配慮されるということですし、なお足りない、もしくは現場で戸惑われる農業者に対しては、丁寧に指導や助言を行っていきたいと考えております。  

滋賀県議会 2022-08-02 令和 4年 7月定例会議(第3号〜第9号)−08月02日-04号

このことは誠に喜ばしいことであり、三日月知事をはじめ、生産をはじめとする関係者方々や応援していただいた県民皆様のこれまでの取組や御協力に対して心から感謝申し上げるとともに、敬意を表したいと思います。  しかし、認定を受けたときの知事の会見にもございましたが、認定を受けたことがゴールではなく、ここからが本番になりますとおっしゃっておられました。私も同感でございます。  

滋賀県議会 2022-08-01 令和 4年 7月定例会議(第3号〜第9号)−08月01日-03号

滋賀県産の農畜水産物にスポットを当てた初の取組として、滋賀幸購入生産を応援しようというものですが、改めて、滋賀幸事業の概要について伺います。 ◎知事三日月大造) この事業では、サイトに県産農水産物特集ページを立ち上げ、3割引クーポンを活用した販売促進を行うとともに、生産等の新規出店支援したということでございます。  

滋賀県議会 2022-07-26 令和 4年 7月定例会議(第3号〜第9号)−07月26日-02号

先人から受け継いできた琵琶湖システムが評価されたことは誠に喜ばしいことであり、生産をはじめとする関係者方々や応援していただいた県民皆様のこれまでのお取組や御協力に対して心から感謝申し上げたいと存じます。  申すまでもなく、認定ゴールではなくて、これからが本番でございます。

広島県議会 2022-07-19 2022-07-19 令和4年農林水産委員会 本文

県としては、令和4年度の6月補正において、配合飼料価格安定制度における生産積立金負担が増えている部分について支援することとしましたが、その後の配合飼料価格状況を見ると、さらに価格が上昇しており、国も具体的な対応は示していない状況ですので、県として畜産経営体負担が軽減されるよう、対応を検討してまいりたいと考えております。

広島県議会 2022-07-15 2022-07-15 令和4年デジタルトランスフォーメーション推進・行財政対策特別委員会 本文

ひろしまモールは、もともとはコロナ禍広島県産品を、たくさん売って生産を助けたいということだったと思います。このたびの小売業ECイノベーションは少しやり方が変わって、民間の小売業を対象にお金の支援マッチングをして、企業が売上げを伸ばすと、ノウハウをほかの企業にも広めていくということだと受け取っております。

広島県議会 2022-07-15 2022-07-15 令和4年地域魅力向上・適散適集社会づくり対策特別委員会 本文

これが広島県の生産にとっては、一番、本当は希望しているところだと思います。  今日、県議会議員もおられますけれども、あそこで売るにはどうしたらいいだろうか、うちのを扱ってもらえないかとか、もちろん、預かる側も、安全性も含めて基準があると思います。食べ物については、賞味期限消費期限も含めて特に必要だと思いますが、そういったところも含めて、検討してもらえたらと思いますが、どのような感じでしょうか。

福岡県議会 2022-07-12 令和4年 農林水産委員会 本文 開催日: 2022-07-12

県では、マーケットインによる木材生産の実現に向け、八女地域において、工務店が求めるニーズを生産木材加工業者クラウド上で共有し、住宅建設につなげる取組支援しました。その結果、八女地域木材を中心に使用し、二十一棟の住宅が建設されました。  二ページをお願いいたします。四点目は、ノリ養殖安定生産に必要な情報の提供でございます。