71667件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月16日-06号

しかしながら、最近、このような発展を支えてきました農産物の旺盛な需要や価格の伸びが停滞するなど農業を取り巻く情勢が大きく変化していることから、今後これまでのように順調な発展を期待することは非常に困難な状況にあるのではないかと考えております。 

熊本県議会 2045-06-01 06月12日-03号

しかし、御指摘のように、数多い運動種目の専門的な指導力を持つ教師の数は必ずしも十分ではございませんで、外部からの方をコーチとしてお願いし、部活動を推進している学校も多い状況にございます。その数は、昭和五十六年の調査でございますが、小学校で千四百四十四の部に千三百五十二名、中学校では千四百九十二の部に八百六名となっております。 

宮崎県議会 2025-09-17 09月17日-04号

このような状況ではありましたが、地元の皆様の御協力をいただき、ことし8月までにおおむね取得が完了したところであります。 ◆(日髙利夫議員) 用地取得に相当の時間を要したことはわかりました。本当に御苦労さまでした。 しかし、23年の間に状況は大きく変化しました。

宮崎県議会 2024-12-11 12月11日-07号

このことについて委員より、「保育の無償化幼保一元化に対応した施設整備が進む中、ソフト面でどのような支援を行うのか」との質疑があり、当局より、「県民意識調査では、子育てに対する不安や負担を感じる方が6割を超える状況が依然として改善しないことから、市町村と連携して、子育てについて相談できる拠点の全ての市町村への設置を目標とするなど、安心して子育てができる環境を整えたい」との答弁がありました。 

宮崎県議会 2024-12-04 12月04日-06号

どんな状況であれ、生まれてきた命と家族を社会が支えていくという動きが必要でございます。 質問初日幼保無償化について、我が会派の重松議員が、開始後の本県状況についてただしました。「本年4月1日時点入所児童数に対する10月1日時点増加率は、前年とほぼ同じであったこと、現時点では、大きな混乱もないと把握している」との答弁でした。 

宮崎県議会 2021-09-18 09月18日-05号

このひきこもり支援センター、コーディネーターの役割と支援状況について、福祉保健部長に伺います。 ◎福祉保健部長渡辺善敬君) まず、本県のひきこもりの現状でございますが、昨年度、民生委員児童委員方々調査した結果、委員が把握していた、おおむね15歳から65歳までの該当者の数は601人でございまして、ひきこもりに至った経緯は、離職や病気、不登校が多いなど、その状況はさまざまでございました。 

宮崎県議会 2020-12-03 12月03日-05号

そこで、県内介護現場における外国人材受け入れに向けた取り組み状況を、福祉保健部長にお伺いいたします。 ◎福祉保健部長渡辺善敬君) 外国人介護人材受け入れにつきましては、これまで、老人福祉サービス協議会など関係団体との意見交換や、事業所への実態調査を行いながら、就労状況受け入れに係る課題の把握に努めているところであります。