73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2021-02-10 令和 3年議会運営委員会( 2月10日)

項目7も案1で良く、項目8は、濃厚接触としておいた方が良いのではないか、また、「感染リスクを避けるために、オンライン出席を希望する委員」の定義として、感染まん延期状況では、高齢であったり基礎疾患がある方などは、一定配慮する必要があるのではないかと考える。 ○(岸口みのる委員)  追加で発言願いたい。

石川県議会 2020-12-15 令和 2年12月15日予算委員会−12月15日-01号

徳田博 教育長  県立学校におきましては、3月の休校期間中から感染者濃厚接触に対する偏見差別は許されないという指導を徹底いたしており、市町立学校におきましても同様の指導がなされているところでございます。  そして、県立学校市町教委に確認いたしましたところ、これまで学校での新型コロナウイルスに関する差別偏見、いじめの事例はなかったとのことでございます。

千葉県議会 2020-12-14 令和2年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2020.12.14

クラスター発生地域等での高齢者施設等に対します一斉定期的な検査につきましては、症状のある方や濃厚接触への行政検査に影響が出ないよう、地域での感染状況等を踏まえながら検討してまいりたいと考えております。  それから、国が市町村を対象実施してます一定高齢者等への任意検査状況ですが、先ほど委員からも御指摘のとおり、現在まで16の市町事業実施または実施を予定してるところです。

東京都議会 2020-12-08 2020-12-08 令和2年第4回定例会(第21号) 本文

感染拡大を防ぐためには、無症状の方を含め、濃厚接触に迅速に検査実施することは有効です。  本年九月十五日の国の通知では、クラスター発生など、地域における感染状況を踏まえ、感染拡大防止する必要がある場合は、現に感染発生した施設等に限らず、地域関係者に対し幅広く検査することが可能となっております。  

青森県議会 2020-12-07 令和2年環境厚生委員会 本文 開催日: 2020-12-07

検査需要の算出の根拠が知りたいわけですが、その際、医療確保計画検査需要375件とした根拠の一つとして、濃厚接触が8人という想定がありました。8月の当委員会では、この8人は濃厚接触者に限らず、本県感染拡大防止の観点から、濃厚接触者以外にもPCR検査を行っていて、その実例から算出したものだという答弁がありました。濃厚接触の「等」のところをよく見てほしいということだったんだと思います。

北海道議会 2020-12-07 令和2年第4回予算特別委員会第1分科会−12月07日-03号

◎(堤政策局参事) 医療提供体制負荷に関する状況についてでありますが、道においては、濃厚接触検査をはじめ、感染が確認された方の入院先の調整などを通じまして、医療提供体制負荷度合い等について、毎日、多くの医療機関情報交換を行い、常に危機感を持ちながら対策に取り組んでいるところでございます。  

北海道議会 2020-12-04 令和2年第4回予算特別委員会第1分科会−12月04日-02号

具体的には、集団感染発生した施設におきましては、保健所助言指導の下、ゾーニングを行うとともに、施設内の消毒を徹底するほか、濃厚接触体調管理PCR検査を行うなど、感染拡大防止、収束に向け、取り組んでいるところでございます。 ◆(佐藤禎洋委員) 次に、医療機関からの要請への対応について、まず、自衛隊の派遣要請についてであります。  

福島県議会 2020-12-04 12月04日-一般質問及び質疑(代表)-02号

新型コロナウイルス感染症に係る感染経路調査につきましては、感染拡大防止のため、各保健所において感染者行動歴を確認し、感染源の推定や濃厚接触の把握を行っております。 また、国のクラスター対策班協力の下、7月から10月までの感染状況を分析し、今後の対策に生かすとともに、県民に分かりやすく伝え、今後の行動について注意を促してまいりました。 

滋賀県議会 2020-12-02 令和 2年11月定例会議(第17号〜第23号)−12月02日-02号

同時に、電話相談業務濃厚接触健康観察業務本庁で一括して業者に委託するなどにより、業務の大幅な軽減も図ったところでございます。  また、集団感染発生するなど一時的にさらなる人員が必要となった保健所には、本庁から保健師中心とした技術職員のチームを派遣し、対応に当たっております。  

青森県議会 2020-11-30 令和2年第304回定例会(第2号)  本文 開催日: 2020-11-30

その後、十五日までに計二十名の感染が確認され、市内の飲食店中心としたクラスター発生していることが認められたため、厚生労働省クラスター対策班による専門家派遣を受けて感染の封じ込めに当たるとともに、感染者濃厚接触検査対象者が急激に増加したことを踏まえ、関係機関の御協力を得ながら、保健所機能検査体制受入れ病床の増床や新たな宿泊療養施設確保など、医療提供体制の強化を図りながら感染拡大を抑え

北海道議会 2020-11-24 令和2年第16回文教委員会会議録-11月24日-01号

次に、10月28日ですが、道の警戒ステージステージ1からステージ2に移行したことに伴い、道立学校において、国の衛生管理マニュアルに定める学校行動基準レベル1からレベル2に移行し、同居の家族に発熱等風邪症状がある場合、出席停止の措置を取ること、身体的距離が十分確保できる場合を除き、マスクの着用を徹底するよう改めて指導すること、濃厚接触に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことがないよう改めて