5391件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2019-07-17 令和元年総務常任委員会( 7月17日)

地域資源課長(飯塚知香子)  ご指摘のとおり、平面図しか残っておらず、主に滋賀の草津本陣や現存する香川県の塩飽勤番所を参考にしている。 ○(竹内英明委員)  文化庁から事細かく指示がある。歴史的に復元するということになると、正式には平面図しか残っていないということを、展示でも説明しておかないと、おかしいと言われかねないので、事実を示すことが必要である。

福井県議会 2019-07-12 2019.07.12 令和元年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文

緊急医療用のドクターヘリについては、昨年秋からの嶺南地域を対象とする滋賀との共同運航に続いて、本年5月に岐阜県との共同運航に関する協定締結し、大野市和泉地区とその周辺を対象に運用を始めた。今後さらに、救急医療体制を強化するため、県内全域を対象とする単独の運航に向けて、ヘリ格納庫の設計などの準備を進めていく。  

福井県議会 2019-07-12 2019.07.12 令和元年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文

合わせて、最近全国で交通事故が多発しているので、そういった事故を受けて、例えば滋賀京都府などでは総点検をしている状況である。これについて、警察本部に先ほど聞いたところ、警察としての点検は今やっていないという状況であるが、土木部としての点検は、最近、緊急対策みたいなことをやっていないのか。 ◯道路保全課長  土木部としての緊急点検はまだやっていない。

福岡県議会 2019-07-11 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-11

本年五月、滋賀大津市川崎市において、子供が犠牲となる事件事故が立て続けに発生しましたが、県はこうしたことから子供を守るための対策を当初予算を組み替えてでもやるべきではなかったでしょうか。御所見をお聞きします。  二点目。川崎市のような事件を防ぐためには、不審者対策として小学校幼稚園などに警備員を配置するなどの取り組みが必要と考えていますが、いかがでしょうか。  三点目。

福井県議会 2019-07-09 2019.07.09 令和元年第407回定例会(第4号 一般質問) 本文

議会以前からドクターヘリの導入を提言してまいりましたが、県は昨年9月から滋賀との共同運航を開始しました。また、昨年から協議を進めてきた岐阜県との共同運航が、ことしの5月13日から始まりました。しかし、滋賀嶺南地方全体をカバーしているのに比べ、岐阜県のカバー範囲は大野市の和泉地区だけで、奥越地方全域をカバーしてくれるものと期待していた私たちには物足りない結果となりました。

福岡県議会 2019-07-05 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-05

ことしも滋賀大津市において交差点で信号待ちをしている保育園児らに車が突っ込むなど、子供たちの命を奪う痛ましい事故が生じております。こうした交通安全上の問題に加え、昨年は大阪北部地震によるブロック塀倒壊により女子児童が犠牲となった事故、そしてまた、ことし、川崎市ではスクールバスの乗り場が不審者の標的になった事件が生じました。

福井県議会 2019-07-03 2019.07.03 令和元年第407回定例会(第2号 代表質問) 本文

次いで5月8日には滋賀大津市で、車2台の衝突の巻き添えになり散歩中の園児や保育士ら16名が死傷する事故が発生しているなど、何の落ち度もない歩行者が車にはねられる事故が立て続けに発生しております。このような事故を踏まえ、大津市の現場には車の進入を防ぐ防護柵の設置などの対策が講じられたところであり、国も未就学児等及び高齢運転者の交通安全緊急対策を決定いたしました。

福井県議会 2019-06-28 2019.06.28 令和元年第407回定例会(第1号 開会日) 本文

救急医療用のドクターヘリについては、嶺南地域を対象とする滋賀との共同運航に続き、先月、岐阜県と共同運航に関する協定締結し、大野市和泉地区を対象に運用を始めました。今後さらに県内全域を対象とした単独運航に向け、準備を進めてまいります。  さて、原子力政策については、廃炉や40年超運転、使用燃料の中間貯蔵、放射性廃棄物の処分などのさまざまな課題があります。

滋賀県議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日土木交通・警察・企業常任委員会−06月26日-01号

2 議第137号 滋賀警察関係事務手数料条例の一部を改正する条例案について (1)当局説明  笹木生活安全部首席参事官 (2)質疑、意見等  なし (3)採決  賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決した。 ◆岩佐弘明 委員  今、予算手数料条例も全会一致ではなく、反対者がおられました。発言がない中で反対されるというのは、理解ができませんので、発言を求めたいのですが。

千葉県議会 2019-06-21 令和元年_環境生活警察常任委員会(第1号) 本文 2019.06.21

続いて3点目、先日の滋賀大津市事故や、木更津市事故において、運転者側の不注意が原因となって子供たちが被害に遭いました。運転者が不注意で運転を誤ると人の命を奪うという重大な結果が生じてしまいます。運転者の責任は重いと、改めて考えさせられたところであります。  そこで伺います。この点をしっかりと運転者に認識させる必要があると思うが、対策はどのように考えているのか伺います。

千葉県議会 2019-06-21 令和元年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2019.06.21

これまで松戸市においては、保育園の散歩コースは保育園の担当課のみが情報把握してきた経緯から、仮に危険性が認められるとしても、小学校通学路のように、警察、市の道路維持課、学校PTAなどでの合同点検は行われませんでしたが、5月8日に発生してしまいました滋賀大津市事故を受けまして、新たに子育て支援課、警察道路維持課によるコースの共有危険箇所への対応を行う方針が示されたと聞いております。

青森県議会 2019-06-19 令和元年第298回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-06-19

先般、滋賀大津市において、散歩中の保育園児が巻き込まれ、死亡する交通事故が発生しました。繰り返されるこうした痛ましい事故を絶対発生させない取り組みが求められております。その後、児童生徒の安全を脅かす事件事故が相次いでおり、登下校防犯プランを見直すなど、通学路を中心とした児童生徒の継続した安全対策が必要と考えます。  県教育委員会及び県警察の取り組みについて、それぞれ伺います。  

石川県議会 2019-06-14 令和 元年 6月第 3回定例会-06月14日-03号

谷本知事からも善田議員からもお話がありましたが、先日の滋賀大津での痛ましい事故を受けて、子供たちの安全を守ること、私も喫緊の課題と考えております。交通安全施設整備事業についてお伺いいたします。  石川県においては、ダブルラダー輝きの美知構想に基づき、能登─金沢間の時間距離を縮めるという事業がなされております。

福岡県議会 2019-06-14 令和元年6月定例会(第14日) 本文

この運動効果については、滋賀県大学院の寄本明教授滋賀東近江市)が発表した「六ヶ月間のストックウォーキングおよびノーマルウォーキングが血液性状・形態・機能に及ぼす影響」という研究発表もあります。つまり体力づくり、スタミナアップ、減量やメタボ対策健康づくりにとても効果的なウオーキングというわけです。

福岡県議会 2019-06-12 令和元年6月定例会(第12日) 本文

令和元年を迎え、人々が令和ブームで沸くさなか、五月八日に滋賀大津市で起きてしまった衝撃的な交通事故保育園側によれば、車道側から離れた歩道の端を歩き、前方、中間、後方と保育士を配置し、安全に歩行していたにもかかわらず、交差点で信号待ちをしていた歩行者へ車が突っ込んでしまい、園児と保育士を含む十五名の死傷者を出し、将来のある二名の園児は帰らぬ結果となってしまいました。

千葉県議会 2019-06-06 令和元年6月定例会(第6日目) 本文

滋賀大津市交差点では車が歩道に突っ込み、保育園児2名が巻き込まれ死亡した事故。今月4日にも福岡県福岡市で、やはり高齢者が運転する車が暴走し、6台もの車を巻き込み2名が死亡した事故。本県でも、4月23日には木更津市で登校中の小学3年生の児童が横断歩道を横断中にはねられ死傷。5月15日には市原市公園に車が突っ込み、居合わせた園児をかばった保育士が大けが。