35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

千葉県議会 2019-06-20 令和元年_総務防災常任委員会(第1号) 本文 2019.06.20

◯仲村秀明委員 私のほうからは防災備蓄品について、特に乳児用の液体ミルクについて伺いたいと思います。  昨年、厚生労働省におきまして乳児液体ミルクの製造と販売を可能にする規格基準を定めた改正省令施行し、国内でも企業が製造販売できるようになりました。液体ミルク常温で保存できまして、容器に吸い口を装着すればすぐに飲めて、また、哺乳瓶の洗浄や消毒する必要もなくて、授乳が格段に容易になっています。

群馬県議会 2019-06-06 令和 元年第2回定例会防災・減災対策特別委員会-06月06日-01号

◆大林裕子 委員   現在の県の備蓄品の中に粉ミルクがあるが、利便性の高い液体ミルクについても備蓄すべきと考えるがどうか。 ◎堀越 危機管理室長   今年度から県の備蓄に加える方向で準備を進めている。 ◆松本基志 委員   災害ボランティアについて、議会資料No.2-(2)(特別委員会)に、「大規模災害に備え、円滑なボランティアの受入れ体制づくりを支援する」、とあるが詳しく教えてほしい。

東京都議会 2019-03-28 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7号) 本文

次に、福祉保健医療施策では、児童相談所の人材確保、育成、一時保護所の定員拡充、特別区における児童相談所設置、虐待防止、子供子育て支援、乳幼児液体ミルク、不妊に関する普及啓発、待機児童対策障害者施策、音響式信号の設置促進、障害児の学習補助器具、高齢者福祉高齢者補聴器、受動喫煙防止、ドクターヘリ、医療的ケア児、がん対策、若年性認知症国民健康保険、都立病院における臨床研究健康寿命の延伸、動物

石川県議会 2019-03-13 平成31年 3月13日総務企画県民委員会-03月13日-01号

液体ミルクに関してです。先般、一部報道液体ミルクに関して、日本では今までは認められていなかったのですが、厚生労働省乳児の発育に適する特別用途食品の乳幼児調製乳に液状乳を追加して、平成30年8月8日に国内での製造、販売を解禁しました。  実は12月の県議会でも谷内議員質問されたのですが、そのときは実はまだ国内では販売されていませんでした。

富山県議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第12日・3月4日) 本文

東日本大震災熊本地震では、被災地に輸入液体ミルクが届けられ好評を博したそうであります。昨年八月、いよいよ乳幼児向け液体ミルクの国内製造販売が解禁されました。災害時には非常に有効で、備蓄できるそうで、液体ミルク備蓄してもよいのではと考えますが、市のお考えをお聞かせ願いたいと思います。  五点目、避難所に一時避難された方が福祉避難所医療機関等へ移ることも考えられます。

東京都議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号) 本文

また、記載内容の中に、乳児液体ミルクがあります。「東京くらし防災」でその存在を知った方も多く、大変に大きな反響がありました。発刊当時、乳児液体ミルクは国内で製造販売が認められていませんでした。その後、東京都からの要望や公明党の推進などで、厚生労働省規格基準を定め、一月三十一日、国産で初めて二社による製造を承認いたしました。

群馬県議会 2019-02-22 平成31年 第1回 定例会-02月22日-02号

それからもう1点、昨年8月の法改正によりまして、液体ミルクの製造販売が解禁されました。こちらについても、今日ちょっとお持ちしたのですが、これは使い捨ての哺乳瓶です。非常にコンパクトで、これが4個入りで1,000円です。ですから、1つが大体250円です。このような形で目盛もついているのですね。使い捨ての哺乳瓶になると。

香川県議会 2019-02-04 平成31年2月定例会(第4日) 本文

国内での製造・販売が解禁された、乳児用の液体ミルク等を備蓄するとのことであります。このコンソーシアムは、文京区内にある日本女子大学、跡見学園女子大学東洋学大学貞静学園短期大学の四大学と江崎グリコ株式会社株式会社フレーベル館の二社、事務局文京区で構成されるとのことであります。

石川県議会 2018-12-11 平成30年12月第 5回定例会−12月11日-03号

そうした中、海外からの救援物資液体ミルクがありました。これは常温でもすぐに乳児に与えることができ、非常に役に立ったと聞いております。これを受け、今年八月からは待望しておりました液体ミルクが国内でも製造や販売ができるようになりました。災害時に乳幼児液体ミルク災害備蓄品の一部として導入する考えはないか、お伺いをいたします。  

宮城県議会 2018-10-04 平成30年  9月 定例会(第365回)-10月04日−07号

子育て負担軽減や災害時の備えとして期待される、乳幼児用液体ミルクの国内製造販売が本年八月八日から可能となりましたが、準備や手続もあり、実際の販売は一年程度かかる見通しです。液体ミルク常温で保存でき、ふたをあけて吸い口を装着するなどすればすぐに飲むことが可能です。夜間や外出時の授乳が手軽になり、水や燃料が確保できない災害時にも有効とされます。

東京都議会 2018-10-02 2018-10-02 平成30年総務委員会 本文

戦略の1のところにも掲げられたということですが、ここに書いてある液体ミルクの普及とか、なかなか進まなかったという話もありますが、東京都庁意思を持ってやるということがこの重点政策方針ということであれば、しっかりとPDCAサイクルを回して進めていただきたいというようなことを申し上げて、質問を終わらせていただきます。

高知県議会 2018-09-01 平成30年  9月 定例会(第345回)-目次

活用状況、高知発のソフトの活用)について… 112    4 県民の健康増進と医療費適正化(課題解決に向けた取り組み、糖尿病患者数と医療費及び重症化予防、特定健診受診率と特定保健指導実施率の向上、高齢者への肺炎球菌ワクチン接種、医療費削減効果、未接種者への対応)について………………… 113    5 自然災害への対応(公共土木施設等の災害復旧、全国規模で直面する災害、豪雨災害対策推進本部、国産液体

滋賀県議会 2018-08-02 平成30年 7月定例会議(第2号~第8号)-08月02日-06号

ライフラインなどの早期復旧に向けた体制や、老朽化した水道管対策、ガスコンロやブルーシートなどの備蓄品の確保、水や燃料が確保できない災害時に使用できる赤ちゃん液体ミルクの確保などの取り組みを強く求めるところです。  特に、赤ちゃん液体ミルクにつきましては、国内では製造、販売がなく、東日本大震災熊本地震の際、海外からの救援物資として大変喜ばれました。

  • 1
  • 2