395件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森県議会 2021-06-24 令和3年第306回定例会(第5号)  本文 開催日: 2021-06-24

それに対して平準化運用基準額というのは、三%ということであれば二千二百万円ほどになりますので、うちの場合は、取崩し型ではなかった当時につきましては、割合が二八・八から三二・九%という実績になっておりますが、直近の令和年度につきましては、平準化運用基準額二千二百六十七万九千円に対して、六五・六%の活用実績となっております。

愛媛県議会 2021-06-21 令和 3年第375回定例会(第1号 6月21日)

これら慰労金応援品の財源につきましては、個人や法人からの寄附をこれまで積み立ててきた新型コロナウイルス感染症対策応援基金を活用させていただき、多くの関係者の感謝と応援の気持ちを医療従事者等に届けるとともに、同基金活用実績につきましては、後日、寄附をいただいた方々にその用途を報告させていただきたいと思います。  

新潟県議会 2021-06-21 06月21日-一般質問-04号

先月末からの開始のため、活用実績の把握はこれからになりますが、有効活用されるよう、さらなる周知に努めていくとともに、町村やひとり親家庭等就業自立支援センター等連携を強化し、伴走型の支援を行うなど、きめ細かな対応を進めてまいります。   〔教育長稲荷善之君登壇〕 ◎教育長稲荷善之君) 8点についてお答えいたします。 

宮城県議会 2021-06-01 06月24日-04号

昨年十二月からの本制度活用実績を伺います。 また、本県ホームページのトップページに掲載するなど、本制度周知に努めるべきと考えますが、当局の所見を求めます。 新型コロナの影響で、若年者の自死増加が顕著であります。本県では、昨年に比して、十代女性の自死が三・五倍、二十代、三十代女性の自死が倍増しており、若年女性層の自死リスク増加が顕著であります。

北海道議会 2021-03-18 令和3年第1回予算特別委員会第2分科会-03月18日-03号

まず、ふるさと納税制度活用実績について伺います。  冒頭に申し上げましたとおり、道では、民間取組と連動する形でふるさと納税制度を活用した寄附を呼びかけ、当初目標額を1億円とし、寄附募集後に事業を実施するとしておりましたが、募集期間を延長し、事業実施までに時間を要したと承知しております。  

北海道議会 2021-03-18 令和3年第1回予算特別委員会第1分科会−03月18日-03号

◎(木下官民連携推進室参事) 資金活用実績についてでございますが、道におきましては、ふるさと納税活用先として、地域振興施策赤れんが庁舎改修事業北海道立学校ふるさと応援事業など、五つの使途をお示し、今年度は、2月末現在で、個人や企業、団体の方々から、約3600万円の御寄附申出をいただいているところでございます。  

鹿児島県議会 2021-03-15 2021-03-15 令和3年総務委員会 本文

107 ◯青山財政課長 お尋ねの地域振興局費でございますが、その前に、企画部所管地域振興推進事業という市町村に対する補助事業がございまして、こちらは特別枠という二億円の枠を設けておりましたけれども、近年の活用実績等を踏まえまして、一億円減額しているということが減額の大きな理由になっているのではなかろうかと考えておりますが、詳細につきましては企画部のほうに

茨城県議会 2021-03-08 令和3年第1回定例会(第5号) 本文 開催日: 2021-03-08

そのため、県では、金融機関を通じた3年間無利子の融資制度を創設し、これまでに、昨年度県制度活用実績の8倍を超える4,600億円以上の資金需要対応してまいりました。  制度運用に当たりましては、融資が円滑に実行されるよう、広く県内の金融機関に対し、迅速な融資の実現に加え、条件変更やさらなる資金需要への柔軟な対応を繰り返し要請するなど、事業者に十分配慮した支援を求めているところであります。  

大分県議会 2020-12-03 12月03日-04号

こうした農林水産物販路拡大に係る坐来大分活用実績と今後の展望について伺います。 ○麻生栄作議長 大友農林水産部長。 ◎大友進一農林水産部長 坐来大分との連携についてお答えします。 平成18年の開設以来、生産者首都圏への販売にチャレンジするための商談の場として、坐来大分を活用しています。これまで、ヒオウギ貝やサフランなど330件を超える取引が成立しています。

北海道議会 2020-12-01 令和2年第4回定例会-12月01日-03号

計画推進体制として、ほっかいどう応援団会議等を活用した民間との連携を挙げていますが、これまでの活用実績について伺います。  昨年6月、市町村における子どもの貧困対策についての計画策定が努力義務化されました。  道では、市町村計画策定支援するとしていますが、どのような支援を行い、計画策定済みは何市町村なのか、伺います。  

群馬県議会 2020-11-13 令和 2年第3回定例会行財政改革特別委員会−11月13日-01号

県民会館が果たしてきた役割や活用実績には、大きな貢献があったと考えているが、これから先を考えたときに、30億円の事業費を投じて改修して使っていくことでよいのか。文化的観点での議論というのもあるかと思うが、行財政改革観点から、多くのホールができている中で、県民会館が本当に必要なのかという議論もすべきと考えている。

北海道議会 2020-11-10 令和2年決算特別委員会第2分科会−11月10日-04号

◎(鈴木畜産振興課長) 事業活用実績などについてでございますが、本事業については、ホクレン及びサツラク農協から、平成31年2月に交付申請があり、道では、30年度中に交付決定を行ったものの、全道的な配電盤への需要の高さなどから納品が遅れたため、全額、翌年度に予算を繰り越したところです。