運営者 Bitlet 姉妹サービス
36112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 昭和五十七年六月二十二日           熊本県議会議長 幸 山 繁 信 内閣総理大臣  鈴 木 善 幸 殿 大蔵大臣    渡 辺 美智雄 殿 農林水産大臣  田 沢 吉 郎 殿 通商産業大臣  安 倍 晋太郎 殿    ―――――――――――――――――――― 議員提出議案第二号    熊本県議会議員の定数を減少する条例の制定について  右の議案を別紙のとおり地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号 もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 一方、民間の熟年一一〇番で多いのは、夫婦問題、家族問題、法律相談、健康問題、経済問題の順になっています。  平均寿命が八十歳に近くなった現在、この熟年層は働き盛りであり、六十、七十代でもまだまだ現役。人生の中で最も活力にあふれ、思慮深く経験も豊かな年代であるべき世代に種々の問題が生じているわけであります。 もっと読む
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 そのため、昭和五十四年四月に関係法律が一部改正され、国は県に対し環境衛生営業指導センター等を設置するよう指導をしてきたと思いますが、これに伴い全国で二十九の都道府県で指導センターの設立がなされていると聞いております。   もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 第三点の体力向上のことに絡みましての体育教員の問題でございますが、小学校に体育の専科教員を配置いたしますことにつきましては、教職員の定数が公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律等で定められておりまして、特別な別枠の配置は困難でございますが、体育指導の中心となる教員の配置につきましては十分意を用いてまいりたいと考えております。 もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 これは輸入制限の法律の網の目をくぐり抜けた偽装乳製品を輸入して、利潤追求に手段を選ばぬ独占企業の影響によるものであると言われております。  畜産一つ考えてみましても、このように日本の農業生産品に対する対外貿易の影響というのは、直ちにそれらの需要の中に出てまいっております。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 45 ◯内藤福祉保健局長 動物の愛護及び管理に関する法律によりまして、ペットショップ等の動物取扱業者は、犬猫等の販売に際し、購入予定者に書面などを用いまして、適正な飼養等のために必要な情報や遺棄の禁止その他関係法令による規制等について説明しなければならないとされております。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 日本国憲法第92条には「地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定める。」とある。知事や全国知事会では、この地方自治の本旨が分かりづらい。私もそう思うが、地方自治の本旨を明確化するため国に憲法改正を求めておられる。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 22 ◯浜生活文化局長 東京ウィメンズプラザは、男女平等参画社会の実現に向けた拠点として、また法律に基づく配偶者暴力相談支援センターとして、さまざまな取り組みを行っており、昨年度は約三十二万人の方にご利用いただいております。  女性活躍推進に向けては、働く女性への支援や男性の家事、育児参画などをテーマとしたシンポジウムやセミナーを開催しております。 もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 ◆木沢成人 委員  環境こだわり農業につきましては、琵琶湖の保全及び再生に関する法律が施行され、琵琶湖を国民的に意識してもらう形ができたことはいいとしても、例えば、東京都民の方が私たちが琵琶湖の周辺で一生懸命農業をしてその環境を守っていることを意識できるかというと、直接的にはなかなか難しいと思います。国は生物多様性と地球温暖化防止が二つの大きな柱で共通メニューになっています。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 要するに上位法の国の法律にのっとって、この自治事務が裁量が広がったにしても、地方自治体の行政執行というのができるわけです。国とは全く違うということを改めて指摘をさせていただきたいというふうに思います。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日県民生活・土木交通常任委員会−03月12日-01号 これは法律に基づく義務となります。  耐震診断にかかる経費を法令に基づいて公費で負担しており、次のステップとして、耐震改修に向けての設計、それから改修工事の補助をするものです。  ちなみに、平成30年度におきましては、耐震診断の補助が5棟、設計の補助が1棟、改修工事の補助がゼロでした。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会環境・農水分科会−03月08日-01号 ◎廣瀬 森林政策課長  法律の中には、市町が一定の事務的な手続を経て、必要に応じて手入れが必要であれば実施できることが書かれてはおりますけれども、実態としては、森林所有者の意向を無視してやることはなかなか難しく、ここは粘り強く、いろいろな働きかけを図っていくのが、実際の手続になると考えております。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 それから、外国人材受け入れサポート事業ですけれども、法律の施行が4月からということですが、法務省の説明会が3月15日に滋賀県で開催されまして、そこで国から説明されることになっています。これに県内の企業から今のところ600名を超える申し込みをいただいているところです。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日環境・農水常任委員会-03月08日-01号 ◎田本 下水道課長  こちらの負担金につきましては、法律に基づき、各市町の意見を聞いた上で県議会で議決を得ることになっております。基本的に各市町に同意をいただいた上で、議会にお諮りするのが通常の流れかと考えております。 ○杉本敏隆 副委員長  消費税ですけれども、これは特別会計が入ってきて、この消費税を国へ納める必要はないのですよね。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 もちろんいろいろな法律でいわゆる内部告発で不利益な取り扱いを受けないなど、そういう観点で各法人に指導するところです。 ◆藤井三恵子 委員  現在、結果として職を奪われたことになって、戻りたいと思っていても、そういう状況だということです。本来ならば、県が監査をしてそういう不正の確認をしないといけないのですけれども、それができていなかったことについては問題があると思います。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日環境・農水常任委員会−03月07日-01号 今回、琵琶湖が国民的資産という中で生まれた法律の中において、県が、日本農業遺産として認定されることになったわけですから、さらに世界農業遺産に認定されようとするのだったら、財源が必要です。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 ◎丸山 障害福祉課長  1点目の障害者差別解消総合推進事業にかかる地域の状況ですが、障害者差別解消につきましては、既に法律によりまして、市町においても相談支援体制をつくることになっています。市町で相談窓口を設定し、既存の仕組みの中で解決を図っていく取り組みをされております。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会環境・農水分科会−03月07日-01号 まずはしっかりと生産基盤を強化していく、そして先ほど御質問いただきました、国の法律に基づくGIというものをしっかりと全面に出しながら、近江牛をPRしていきたいと思っております。  そのPRの方法ですけれども、まずは近江牛の品質が高品質であるということ、これをしっかりとPRする。それを消費者の皆さんに知っていただくためにいろいろなところで発信をしていくことを考えております。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 ただ、かつてゲーム大国と言われた日本ではまだまだ浸透していないし、2018年に日本eスポーツ連合ができてeスポーツ元年というような年になったが、やはり日本人のスポーツはこうあるべきというような固定観念があったり、法律で選手のビザの問題や、賞金の問題でゲーム会社が賞金を出すと不当景品類及び不当表示防止法に抵触するおそれがあり、なかなか賞金が上がらないといったこともある。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 ◯島田委員  業者というよりも、行政のほうの指導が厳しくなったというような話も聞いているのだが、法律とか何かが変わってきたということか。 ◯循環社会推進課長  法律とかが変わったということではなくて、従来から同じ基準であったのだが、立入検査等に行った際に、そういったところでちょっと守られなかったことが見受けられたので、それをきちんとしてほしいというような指導をした事例はある。 もっと読む