418件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千葉県議会 2019-06-20 令和元年_総合企画企業常任委員会(第1号) 本文 2019.06.20

本議案は、平成30年12月12日に公布されました水道の一部改正に伴い、関係条例を一部改正し、手数料の新設を行うため、規定の整備を行うものでございます。  議案の詳細につきましては担当課長から説明させますので、よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、諸般の報告として2点申し上げます。  初めに、企業局の発足について申し上げます。  

群馬県議会 2019-05-27 令和 元年 第2回 定例会-05月27日-04号

そうした中で、人口減少や節水機器の普及に伴う水需要の減少、配水管の耐震化や水道施設の老朽化等への対応など、水道事業者にとって今後厳しい状況が予想されることから、昨年12月に基盤強化のための改正水道公布されました。県内の水道事業者である市町村においては将来を見据えた対応が必要と考えますけれども、水道事業の現状と今後の取組についてお聞かせください。 ◎武藤幸夫 健康福祉部長 お答えいたします。  

滋賀県議会 2019-03-15 平成31年 2月定例会議(第23号〜第31号)−03月15日-09号

および不均一課税に関する条例の一部を改正する条例案   可決すべきもの  議第35号 滋賀県使用料および手数料条例の一部を改正する条例案            可決すべきもの  議第37号 滋賀県行政財産使用条例の一部を改正する条例案              可決すべきもの  議第39号 滋賀県住民基本台帳法施行条例の一部を改正する条例案            可決すべきもの  議第61号 滋賀県水道

鹿児島県議会 2019-03-08 2019-03-08 平成31年環境厚生委員会 本文

89 ◯郷原委員 今回、県の水道ビジョンということで策定されるということですが、今般、国において、水道事業の運営権を民間事業に売却するという水道の改正がされたわけですけれども、そこで民間事業者がこのような事業に参入できるということで、コンセッション方式というのが採用されるということですが、そことの絡みといいますか、そういったものが県の水道ビジョンにも反映

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日総務・政策・企業常任委員会-03月08日-01号

、今江委員、中沢委員 4 出席した説明員   福永総合政策部長、桂田企業庁長および関係職員 5 事務局職員     横江主幹、岡崎主任主事 6 会議に付した事件  別紙次第書のとおり 7 配付した参考資料  別紙のとおり 8 議事の経過概要   別紙のとおり                  議事の経過概要 開会宣告  10時14分 《企業庁所管分》 1 議第61号 滋賀県水道

千葉県議会 2019-03-05 平成31年_総合企画水道常任委員会(第1号) 本文 2019.03.05

◯本間 進委員 この議案第21号平成31年度の千葉県特別会計予算でありますけど、我が国の水道事業は、人口減少に伴う水需要の減少や水道施設の老朽化などの諸問題に直面しており、この課題に対するため、先般の水道が改正されたところでありますけれども、この上水道事業会計において、平成31年度の当初予算において、純利益が前年度予算に比べ半減しているが、経営上これで問題がないのか、また、今後の見込みはどうか、

鹿児島県議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

昨年十二月に、水道の一部を改正する法律成立いたしました。改正水道は、水道の基盤強化を前提にはしていますが、公共施設等運営権方式、いわゆるコンセッション方式の導入を容易とするものでもあります。そのようなことから、水道は、これまでも幾度か大きな改正を行っていますが、今回のように与野党の対立法案となったのは初めてと言われています。  

群馬県議会 2019-02-28 平成31年 第1回 定例会-02月28日-05号

なお、譲渡の時期につきましては、地域住民への給水サービス、これは日々欠かせませんので、これに支障が出ないように、浄水場の運転あるいは管理などをきちっと引き継ぐことにどうしても一定の期間を要すること、また、水道認可、あるいは国庫補助金で取得しておりますので、その財産の処分手続きにも期間を要します。

滋賀県議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会議(第23号~第31号)-02月28日-06号

32号 滋賀県条例の一部を改正する条例案  議第33号 滋賀県産業廃棄物条例の一部を改正する条例案  議第34号 滋賀県税の課税免除および不均一課税に関する条例の一部を改正する条例案  議第35号 滋賀県使用料および手数料条例の一部を改正する条例案  議第37号 滋賀県行政財産使用条例の一部を改正する条例案  議第39号 滋賀県住民基本台帳法施行条例の一部を改正する条例案  議第61号 滋賀県水道

栃木県議会 2019-02-27 平成31年 2月生活保健福祉委員会(平成30年度)-02月27日-01号

県が経営する水道用水供給事業の水道技術管理者等の資格につきまして、水道施行令を参酌してこの条例で定めているところでございますが、今般、専門職大学制度が創設されることに伴い、水道施行令に定める水道技術管理者等の資格専門職大学の前期課程修了後に一定の実務経験を有する者が加えられたことから、条例においてもこれと同様の改正を行うものであります。  

北海道議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会-02月22日-04号

昨年12月には水道が改正され、水道事業者は、長期的な観点から水道施設の計画的な更新に努めることとされ、都道府県は、必要に応じ、水道の基盤強化のために計画を定めることができるとされたことから、道や水道事業者には、老朽施設の更新や災害に強い水道整備など、水道基盤強化のための一層の対応が求められるところであります。  

北海道議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会-02月21日-03号

水道が直面する課題に対応し、将来にわたって水道事業の持続性を確保するため、昨年12月に、国、都道府県水道事業者が、それぞれの立場で水道の基盤の強化に関する施策を推進するとした水道の改正がなされ、都道府県には、水道事業者間の広域的な連携を推進する役割が加わったところであります。  そこで、道では、この法改正を契機として、どのように広域連携の取り組みを推進していく考えなのか、伺います。  

栃木県議会 2019-02-13 平成31年 2月議会運営委員会(平成30年度)-02月13日-01号

第26号議案は、水道施行令の一部改正に伴い、県が経営する水道用水供給事業の水道技術管理者の資格等を定める条例について一部改正するものであります。  第27号議案は、学校職員の定数を表のとおり改定するため、同条例を改正するものであります。  第28号議案は、公立学校職員給与条例につきまして、茂木町立中川小学校の移転に伴い、改正するものであります。  

千葉県議会 2019-02-06 平成31年2月定例会(第6日目) 本文

このような中、昨年12月、水道の改正が行われ、法律目的を計画的な基盤整備から基盤の強化へと変更するとともに、関係団体責任を明確化しました。そこには、県は市町村の区域を越えた広域的な水道事業者間の連携を推進するよう努めなければならないとあります。現在、策定を進めている県の水道ビジョンにおいても、法律の規定と整合性が求められます。

千葉県議会 2019-02-05 平成31年2月定例会(第5日目) 本文

本年1月に開催された千葉県水道事業運営審議会において、昨年12月に成立した改正水道について、この法律に携わった滝沢智先生から説明を受けました。滝沢先生によりますと、今回の改正は、これまでの水道基盤を整備、拡張し、水道サービスを全国に普及させるというこれまでの目的を、人口減少が進む中で施設を適切に更新していくため、水道基盤の強化を図る目的に変更するために行われたとのことであります。  

千葉県議会 2019-02-02 平成31年2月定例会(第2日目) 本文

このような中、水道の基盤強化を図るため、水道が改正されるなど、各事業者はこれまで以上に経営基盤の強化に取り組み、将来にわたって持続的な経営を確保していくことが必要であると考えます。  そこで伺います。水道事業の経営環境が大きく変化する中、県営水道の経営にどのように取り組んでいくのか。  また、水道水の安定供給のためには、水道管路のみならず、浄水場や給水場の緊急時対策も喫緊の課題と考えます。

宮城県議会 2019-01-21 平成31年  1月 建設企業委員会-01月21日−01号

最近というのは、要は水道が改正になっていないとその手続を進められませんから、水道が改正になって上工下水のみやぎ型管理運営方式を進めますよというふうに決めましたのは、昨年の政策財政会議の中です。 ◆(遠藤いく子委員)   ずっといろいろな経過で追ってみて、こんな質問をしましたのは、懇話会が平成28年に3回行われておりますが、これは、非公開ですよね。