110件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北海道議会 2018-10-09 平成30年第13回北方領土対策特別委員会会議録-10月09日-01号

また、過去には、「エトピリカ」の前の「コーラルホワイト」がだめになり、道の練習船や北大水産学部の練習船などを活用しながら、何とかやってきた経緯があり、「エトピリカ」が完成すると、運営費については「国が負担する」との話だったものを「北海道で負担」という話もありました。  建造費についても、国から「北海道が使用するのだから、北海道が負担することでもおかしくないだろう。」

長崎県議会 2018-09-25 平成30年  9月定例会 農水経済委員会-09月25日−02号

長崎大学を中心にいたしますが、学部の内訳としましては工学部が20名、環境学部が20名、水産学部が10名となっております。 ◆山田[博]委員 これは考え方の違いと思いますけれども、長崎大学の学生を中心にするというのであれば、いいですか、長崎大学の水産学部や工学部、環境学部の方に地元の子どもたちが行くように導くというのも大切なことだと思うんですよ。  

鹿児島県議会 2018-09-20 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文

また、漁業・水産業に関しましては、鹿児島水産高校において、スーパー・プロフェッショナル・ハイスクールの取り組みの一環としまして、海洋科が、藻場の再生に関する調査研究について、鹿児島大学水産学部との連携を図ることとしております。  県教委としましては、これらの取り組みを通して、将来の地域産業を担う人材育成が図られることを期待しているところであります。  

福井県議会 2018-09-05 2018.09.05 平成30年第403回定例会(第4号 一般質問) 本文

卒業後の進路につきましては、県立大学海洋生物資源学部や長崎大学水産学部など国公立大学への進学がふえております。全国の水産高校の中でも4年生大学への進学率はトップでございます。また、就職におきましても、かまぼこやささ漬けを製造する複数の地元の食品加工会社で即戦力として活躍をしております。  

福井県議会 2018-08-31 2018.08.31 平成30年第403回定例会(第2号 代表質問) 本文

さらに、卒業後の進路でございますが、県立大学海洋生物資源学部とか長崎大学の水産学部など、国公立大学への進学実績がふえているほか、かまぼこであるとかささ漬けを製造する地元の複数の食品加工会社への就職など、即戦力として活躍をしております。  今後とも、地元水産業界や県立大学との連携を強化し、地域や産業の振興に貢献できる人材の育成に努めてまいります。  3点目でございます。

鹿児島県議会 2018-06-11 2018-06-11 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文

中でも、水産学部においては、水産資源と食料の問題、地域沿岸に生息する生物の実態など、多様性のある出前授業が提供され、これらは、鹿児島水産高校生にとって身近に感じるだけでなく、将来を見通した進路選択に大きく寄与するものと考えております。  このように、鹿児島県が誇る複数の教育機関が連携・交流することは、鹿児島県だけでなく、海洋立国日本にとって大変意義があることではないかと考えております。  

鹿児島県議会 2018-03-12 2018-03-12 平成30年産業経済委員会 本文

鹿児島大学水産学部から大学院、私、実は大阪出身でIターン組でございますが、鹿児島でずっと水産にかかわってきたわけでございます。水産業界で実は将来の発展性を考えて、鹿児島県の職員になるのが一番いいのではないかなと思って就職したということを思い出しているところでございます。  本県は非常に有利な漁場環境とか海域特性を持っておりまして、漁船漁業とか養殖漁業とか、まだまだ今から発展が期待できると思います。

鹿児島県議会 2018-03-08 2018-03-08 平成30年予算特別委員会 本文

まず、お尋ねのございました鹿児島水産高校におきましては、教育庁からいただいたデーによりますと、平成二十七年度から二十九年度までの三年間における専攻科を含む卒業生三百三十六名のうち、水産学部のある大学等への進学を除き、漁業に就業されたのは三十名であり、卒業生の約九%となっております。  

鳥取県議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第6号) 本文

しかしながら、先ほども述べたとおり、境港や本県を取り巻く環境は当時と一変しており、鳥取県の水産業を先端産業に押し上げるためにも、水産学部の新設に向けていま一度、可能性を追求してみてはと思いますが、知事の御所見を伺います。  次に、働き方改革についてお尋ねします。  

大阪府議会 2017-10-27 平成29年9月定例会環境農林水産常任委員会-10月27日−01号

それから、実際には大阪府立大学にも農学部があり、あるいはまた、もうちょっと広げたら、近畿大学の農学部、水産学部もありますけども、京大の農学部もあって、その全体のいろんな意味の連携を、明確というか、いろんなデータを出し合いながら、最善のものを選択しながらこの戦略を組んでいくということで、非常にその連携が私は物すごい大事なことではないかと思うんですけど、その点についてはどうお考えなのか、お聞かせいただけますか

福井県議会 2017-09-19 2017.09.19 平成29年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文

海洋資源学部があっても水産学部の色合いが強い。海洋国家としては、排他的経済水域は面積で約7番目であり、資源についても体積で言えば4番目というレベルにあるが、そのような海洋資源全般について研究をする学部は、全国的にないわけである。県立大学の学部をそのような方向で広げていく考えはないか。

東京都議会 2016-10-24 2016-10-24 平成27年度各会計決算特別委員会第3分科会(第3号) 本文

特に今、高校生でほぼ大学全入時代になりまして、専門性を持って、畜産であるとか、あるいは水産学部であるとか、きちんと勉強された大学生がなかなか就職先が見つからない。そういった中で、東京都が運営をしている動物園や水族園は非常に高度な技術を擁し、また世界にも誇れるような展示をされているということで、働きたいという若者も多いと思います。

長崎県議会 2016-09-26 平成28年  9月定例会 総務委員会-09月26日−02号

医学部は医学でありながらも、長崎県の医学というものとか、長崎県の水産学部が他国の水産とのかかわり合いとか、そういうものがいろんな開発、あるいは連携によって一つひとつ前向きに取り組まれる経緯があると、また、そういうふうに起こる姿勢があると、このように思いますから、もう少し大学を有効に、それと連携活動をしてほしいと思うし、早急にそれは、各部各学科がどのように考えておられるか知らないけど、それはまとめて、

長崎県議会 2016-06-14 平成28年  6月定例会 文教厚生委員会-06月14日−02号

考えてみますと、例えば、長崎大学の水産学部の生徒さんがこういう場面があったのかなということも我々も想起しております。できれば早急に投票ができるようなことを国のほうが考えていただけるようなことを何か訴える場があればと考えているところでございます。 ◆堀江委員 昨年の11月に、当該高校としては、こういう場合も投票ができないということもあり得ますよということがわかって、市の選管に相談をしていると。

長崎県議会 2014-12-09 平成26年 11月定例会 環境生活委員会-12月09日−03号

そして、健康影響につきましても、今年度、新たな試みとしまして、福建省の福建医科大との連携を今考えておりまして、長崎大学病院や水産学部と当課の出先機関である長崎県環境保健研究センターが連携しまして、大気汚染物質の健康影響に係る情報の共有化、そして、それに対する対策、さらには、これを共同研究につなげていきたいと思っております。  

鹿児島県議会 2014-09-25 2014-09-25 平成26年産業経済委員会 本文

関連して、将来何で飯を食っていくのかということで、水産技術センターの研究についてなんですけれども、私も指宿のほうに伺ったことが一年目のときにあるんですが、水産関係の研究開発機関としては、やはり鹿児島大学の水産学部というものも本県は有しているということで、こことの連携、役割分担をどのように考えているのかということを示してください。

鹿児島県議会 2014-03-14 2014-03-14 平成26年産業経済委員会 本文

多様な連携の推進につきましては、特に鹿児島大学水産学部との連携を強化しており、毎年、水産研究交流セミナーを開催して情報交換を行っております。このようなセミナーの成果もありまして、二十五年度は、漁業資源、海洋環境、水産加工、魚病の四つの分野の合計七課題について、水産学部と共同研究に取り組んでおります。  最後の業務指標については四点記載しておりますので、お目通しください。  

長崎県議会 2013-11-28 平成25年 11月 定例月議会-11月28日−02号

これは大学の話でありますけれども、九州内の国立大学で農学部に水産学科を設置、または水産学部の研究室を設置している大学は、九州大学、宮崎大学、佐賀大学、熊本大学などがあります。最近は陸上養殖などの栽培技術が進んでおり、農業高校に水産学科があってもおかしくない、水産後継者の育成に大いに貢献できると思いますが、どうでしょうか。 ○議長(渡辺敏勝君) 教育長。

福島県議会 2012-06-27 平成24年  6月 定例会-06月27日−一般質問及び質疑(一般)−05号

そのためにも、世界に先駆ける農林水産業の放射能研究機関として県内大学に農学部、水産学部の設置は欠かせないものと考えます。  矢吹町には農業短期大学校、私の地元、郡山市日和田町には農業総合センター、いわき市には水産試験場という県の施設もありますが、県内の4年制大学には農学部、水産学部がありません。周りの他県には国立大に農学部が設置されております。