8558件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長野県議会 2021-06-23 令和 3年 6月定例会本会議-06月23日-03号

県政運営の基盤であり、もっと言えば、我々行政から県民皆様方への民主主義の基礎的なものの発信だというふうに思っています。そうした観点で、これまでも、県職員に対しては、共感力政策力と併せて発信力を身につけてもらいたいということを申し上げてきています。  また、今年度から新しく次長を置きましたけれども、次長皆様方に対して私から4点期待することをお伝えしています。

宮崎県議会 2021-06-23 06月23日-06号

しかしながら、国政選挙地方選挙を問わず、県内の選挙におきまして投票率低下傾向にありますことは、民主主義根幹を揺るがしかねない事態であると危惧しているところであります。 御指摘のように、本年秋までには、衆議院議員の総選挙が行われることとなります。有権者の皆様には、国や地域のよりよい未来のために、自分思いを託し、ぜひとも貴重な1票を投じていただきたいと考えております。 

石川県議会 2021-06-22 令和 3年 6月第 3回定例会−06月22日-04号

選挙議会制民主主義根幹をなすものでございます。県選挙管理委員会といたしましても、一人でも多くの方に投票へ参加いただくことが非常に重要であると考えております。投票率向上の特効薬というものはなかなか見つからないところでございますが、これまで行ってきた啓発活動等の地道な取組を継続していく必要があると考えております。

宮崎県議会 2021-06-22 06月22日-05号

校則見直しは、最終的には校長先生の権限において適切に判断されるべき事柄ですが、見直しの際には、児童生徒が話し合う機会を設けたり、保護者から意見を聴取したりするなど、児童生徒保護者が何らかの形で参加し、自分たち社会ルール自分たちで決めることが、民主主義の基本につながると思います。これからの校則生徒指導在り方見直しを、ぜひ各小学校、中学校でも進めていただきたいと思っております。

新潟県議会 2021-06-21 06月21日-一般質問-04号

次に、本県の主権者教育現状と今後の取組についてでありますが、現在、小中学校では、社会科中心に、民主政治のあらましや議会制民主主義の意義などについて学習し、民主政治発展に寄与しようとする態度を育成しています。また、総合学習等で、県や市町村の選挙管理委員会の協力を得て、模擬投票を実施するなど、主体的に社会参画する児童生徒の育成に努めているものと承知しております。 

香川県議会 2021-06-03 令和3年6月定例会(第3日) 本文

デジタル化は、民主主義根幹を揺すぶっています。  デジタル社会は、多くの危険性をはらんでいます。にもかかわらず、骨子案ではそのことに全く言及がありません。すばらしい社会が待ち受けていますよ、乗り遅れたら未来はありませんよと、県民をあおっています。デジタル化で幸せになるのなら、デジタル化が進んだ都会が幸せということになるのでしょうけれども、どう見ても幸せなようには見えません。  

鳥取県議会 2021-06-01 令和3年6月定例会速報版(6/24 一般質問) 本文

こんなようなことでございますので、やはり計画をつくって、まずはそれに当たっていろんな議論を集約して、それで前に進めていくというのは、やはり民主主義在り方ではないかと思います。そういう意味で、そろそろ潮どきかなということがございます。  これについては、議員の御指摘両三柳中央線の延伸というお話がありました。

鳥取県議会 2021-06-01 令和3年6月定例会速報版(6/28 一般質問) 本文

民主主義でありますので、こういう議会の場、全員協議会前回もこういう議論を仕切りました。そういう全員協議会などそうしたところでの今後の議員皆様、あるいは県民皆さん、特に周辺の2つの市ですね、これらのところについてのその地域での自治体の今度は意思表示、こういうものを全部含めて最終的には判断すべきものではないかなと思います。  

宮城県議会 2021-06-01 06月25日-05号

コンセッションへの移行は、主権者である県民の参加と監視という民主主義の大事な仕組みを壊すものだと思いますが、知事の見解を伺います。 二つ目は、入札や発注など契約仕組みが変わることです。 これまでは、工事事業者との契約は県が入札をかけて発注していましたが、コンセッションにより運営権を売却するとSPC工事事業者との契約になり、民間民間の取引となります。

東京都議会 2021-06-01 2021-06-01 令和3年第2回定例会(第8号) 本文

これは民主主義国家として看過できません」旨、表明しております。ダイバーシティをうたい多様性を尊重し、東京経済発展こそが日本をけん引すると国際金融都市推進等独自の経済支援策を講じてきた首都東京知事として、なぜグローバルダイニング社を狙い撃ちするような命令を最終決裁者として了承したか所見を伺います。

山口県議会 2021-06-01 06月30日-04号

安全・安心な大会にするための具体的な方法をきちんと説明し、国民の理解を得ることが先決であり、そうでなければとても民主主義の国とは言えません。 しかし、それでもなお、回り始めた歯車は止められないようです。あとは、国民の不安と不信が現実のものとならないように祈るとともに、いざというときに備えて、県民の命と健康を守るという知事の強い決意と実行力が求められます。 以下、そうした観点から質問をいたします。 

山口県議会 2021-06-01 06月29日-03号

典型的な御飯答弁で、御飯論法を弄した許されない虚偽答弁であり、議会制民主主義を愚弄するものであります。専任教員の欠員は何人か改めて伺って、再質問を終わります。(拍手) ○副議長二木健治君) 藤田総務部理事。    〔総務部理事 藤田昭弘君登壇〕 ◎総務部理事藤田昭弘君) 再質問にお答えします。 まず、F22の空軍部隊の展開などをめぐって、様々御指摘を頂きました。 

石川県議会 2021-05-24 令和 3年 5月24日環境農林建設委員会−05月24日-01号

しかし、今の日本の国は二元代表制でもあり間接民主主義なのです。住民皆さん代表して議会制民主主義なのです。我々は本当に、地域住民皆さんの声を議会で一生懸命言っているつもりです。まして所管の委員会ですから、皆さんが強く心配して、それも1人の反論ならいざ知らず、前回委員会では多くの皆さんが同じ趣旨で物を申し上げたのに、その県民代表意見を無視して。

大阪府議会 2021-05-01 06月09日-06号

民主主義の原理に踏み込む危険な行為と言わなければなりません。 また、これによって、大阪府は、都市計画事業大阪市内中心部ベイエリアに集中させ、府域全体のまちづくりに対する責任や比重を後退させることにもつながります。そのことは、現に計画されているグランドデザイン大阪に示されたメニューから見ても明らかです。 

高知県議会 2021-03-22 03月22日-08号

毎日新聞社説でも、大事なのは、日本冷戦時代米国に頼っていれば大丈夫という思考に戻らないことだ、米国にかつての国力はない、国際秩序を安定させるには、民主主義市場経済を基調とする国々による連帯が欠かせないと主張しています。自衛隊による軍事的対応は、軍事軍事の悪循環を生み出すだけです。海上保安庁の活動不法侵入を許さず、さきに述べた政治と外交の力で解決すべきです。