1641件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文

それはなぜかというならば、毎日新聞の記者が記者会見において知事に質問をされました。最終判断が知事と顧問団による密室で下されて、情報公開という知事の方針に逆行するんじゃないかということをされたところ、知事は、回想録に残すことはできると。けれども、これは人工知能AIが決めたんだと、つまり政策決定者である私が決めたということなんだ、このように答えていらっしゃるわけであります。

滋賀県議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日文教・警察常任委員会-03月07日-01号

過日、毎日新聞の記事で「部活動の上限3.8%守らず」のタイトルで、スポーツ庁が示すガイドラインの遵守がされているかをスポーツ庁が調査したところ、3.8%は中学校ですが、高校を所管する都道府県では34%に当たる16都道府県で活動時間を、29.8%の14都道府県で休養日を緩く設定したとありますが、滋賀県は当てはまっているのかどうかをお尋ねします。  三つ目です。

滋賀県議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号

でも、どこへ聞いていいのかわからないと言われるので、担当部や児童相談所に相談すればいいのだろうけれども、毎日新聞が1週間に一度載せているでしょう。あのような記事を見て、関心を持たれるのです。やはり広報は、求めている人の目につきやすい形ですることが、一番効率がいいと思いますので、意見ですけれども申し上げておきたいと思います。

千葉県議会 2019-02-04 平成31年2月定例会(第4日目) 本文

昨年末の読売新聞や毎日新聞の世論調査でも、キャッシュレス還元反対、ポイント還元反対の声は6割を超えています。初めから増税などしなければいいという国民の声は当然だと思いますが、知事の見解を伺います。  しかも、重大なのは、毎月勤労統計の不正が明らかになり、消費税増税の前提も崩れていることです。

千葉県議会 2018-12-18 平成30年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2018.12.18

きょうの毎日新聞でも、簡易個室で暮らしていた方の声というのが紹介をされてます。埼玉県内の50代の男性。簡易個室について、夜も満足に寝られずにつらかったと。四畳半の部屋がベニヤ板で2つに仕切られて、騒音や悪臭が筒抜けだったと。こういう施設で生活保護費から家賃と1日2回の食事代などで毎月9万円を団体に支払うと、手元にはほとんど残らなかった。

長野県議会 2018-12-12 平成30年11月定例会総務企画警察委員会−12月12日-01号

◆小林伸陽 委員 読んでおられるということでありますからお尋ねしますけれども、この回答書の中身について、信濃毎日新聞でも報道されましたし、私たちも、中村元専務理事の代理人の安藤弁護士にも尋ねてお聞きをしました。この中身は、約800字程度のものなんですよね。極めて短い文章なんです。これが、私たちが公文書公開請求をする中では、全く黒塗りと。

長野県議会 2018-12-12 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月12日-01号

今月5日の信濃毎日新聞に、経営改善に向けて人件費を削減する方向になった大町総合病院が、常勤医師から基本給を削減すると。常勤医師、正職員280名が対象だというような記事が載りました。県内の公立病院で、経営状態の悪化度を示す資金不足比率が20%を超えている例はほかにないということで、大町総合病院がかなり危機的なんだろうなと。  

長野県議会 2018-12-10 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月10日-01号

信濃毎日新聞で、伊那市の保育無償化による負担増が半年で1億2,000万円という記事がありました。市立の保育園、幼稚園、認定こども園を含めて市内には24園あると。無償化した場合に、3歳以上の保育料として見込んでいた金額に、幼稚園への補助金をあわせて負担増となる額を試算したと。市長はそもそも保育料の無償化は地方から話が出たのではなく、国から一方的に話を持ち出したと。

福井県議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第404回定例会(第3号 一般質問) 本文

日本において、日経新聞、毎日新聞など全国各紙、さらには、福井新聞の県内の世論調査でも60%前後が原発に反対、新聞各社が加盟しております日本世論調査会のことし3月の調査でも、原発は将来ゼロが64%、すぐにゼロ11%。国民は原発に対して厳しい意見が多数を占めているのであります。ところが、西川知事は一貫して政府に、原子力の将来像が曖昧で明確な方向性を示すべきだと強く求めてまいりました。

長野県議会 2018-10-15 平成30年 9月定例会総務企画警察委員会−10月15日-01号

9月28日に、千曲市の建設工事5件で、このときは業者から市へ、金抜設計書から予定価格を含む金額情報が読み取れるという情報提供がありまして、29日の信濃毎日新聞朝刊で報道されたところでございます。その3日後、10月1日に、今度は県の現地機関であります北信建設事務所、ここでは、保守点検業務委託で同様の案件が存在するということで、このときは、その新聞社の指摘で発覚したという経過でございます。

山口県議会 2018-10-12 平成 30年 9月定例会-10月12日−07号

この堤防強化策については、先月四日付の毎日新聞が取り上げました。国交省をやめて、同省が設置した淀川水系流域委員会の委員長となり、耐越水堤防の整備をダム建設より優先すべきだとする意見書をまとめた宮本博司元近畿地方整備局河川部長は、「もはや治水の解は耐越水堤防の整備しかないが、裏のりの強化も加えて三点セットにすると、かつて我々が主張して国が否定した対策をやることになる。

長野県議会 2018-10-10 平成30年 9月定例会本会議-10月10日-07号

去る9月30日の信濃毎日新聞によれば、塩尻市と箕輪町で捕獲されたカラフトヒゲナガカミキリの体内からマツノザイセンチュウが検出されたと報道されました。カラフトヒゲナガカミキリは、より冷涼な場所に生息することから、標高800メートル以上の地域にも広がる可能性を含め、県林業総合センターが詳しい調査を始めていると報じておりますし、昨日もそのようなことが表明されました。  

長野県議会 2018-10-09 平成30年 9月定例会本会議-10月09日-06号

〔21番堀内孝人君登壇〕 ◆21番(堀内孝人 君)信濃毎日新聞のスポーツ面の特集で、「信州高校球児・白球つなぐ」というタイトルで、野球少年や野球に親しむ人の減少により発生している諸課題、それを乗り越えようとする提案や取り組みについてシリーズで報道されているところです。

滋賀県議会 2018-10-04 平成30年10月 4日文教・警察常任委員会−10月04日-01号

三つ目、8月17日に県の教育委員会会議で教科書採択がされまして、そのときの翌日の記事が毎日新聞と中日新聞で取り上げられているのですが、傍聴された方からそのときの様子を少し伺いましたので、お尋ねをします。  議題が幾つかある中で、教科書採択の議案に入ったときに、非公開と決するという手続を経て傍聴人の方に退席を指示されたわけですが、このことに間違いはありませんか。

滋賀県議会 2018-10-02 平成30年 9月定例会議(第9号~第15号)-10月02日-06号

(8月20日毎日新聞)ことが判明した。  これは、政府の意に沿わない自治体に対して、賠償を請求することで自治体を萎縮させ、憲法の保障する地方自治を破壊する動きにほかならず許されない。  辺野古への米軍新基地建設に対して、当該の沖縄県民はこれまでの国政選挙・地方選挙において、明確に「反対」の意志を表明している。  

京都府議会 2018-09-28 2018.09.28 平成30年総務・警察常任委員会及び予算特別委員会総務・警察分科会9月定例会2日目 本文

この問題にかかわって4月17日に防衛省は、日本共産党の井上哲史参議院議員に、「米軍の運用上やむを得ない場合を除き要請を認めるものと承知している」と説明しているということについて、代表質問で知事は、「それは承知をしていないのでコメントを差し控えたい」というふうに答弁されたんですけれども、毎日新聞の報道によりますと、防衛省は同社の取材に対して、「朝鮮半島の緊張が高まるなど運用上の理由で米軍は停波しない場合

京都府議会 2018-09-26 2018.09.26 平成30年9月定例会(第6号)  本文

8月の毎日新聞には、京都府木津川市の「もやもや病」の80歳の男性が、手術を受けて症状が安定したために軽症となり、認定から外されたが、ことし4月末に急変して脳梗塞で入院。医療費助成の再申請を行ったのはことしの6月4日で、医療費の自己負担が20万円かかったという事例が報道されていました。  

北海道議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会-09月21日-03号

今月3日付の毎日新聞の世論調査では、次の首相に期待するものとの問いに対し、上位は、「年金・医療」や「景気対策」で、「憲法改正」はわずか4%にすぎません。  国民の意識とかけ離れた首相の改憲ありきの姿勢は、世論にも時代にも逆行する異常なものと考えないのか、伺います。  次に、道民生活に関し、まず、貧困対策等についてです。  10月から生活扶助が削減されます。