336件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

愛知県議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第5号)〔資料〕

しかしながら、この法改正により、性犯罪として認定される事例は増加し たものの、裁判で被害者の意に反した行為であると認定されながらも加害者 が無罪とされる事例が相次いでいることや、性犯罪の発生から被害認識・被 害申告までに長期間を要する事例などが見られることから、強制性交等罪な どの構成要件明確化公訴時効の延長・撤廃など、性犯罪に関する刑事法 の更なる見直し必要性指摘されている。  

愛知県議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第5号) 本文

こうした中、国は平成二十九年に、刑法性犯罪に関する規制を大幅に改正したところでありますが、強制性交等罪構成要件明確化など、刑事法のさらなる見直し必要性指摘されております。  本年、法務省が設置した検討会が公表した報告書においては、より適切に対処するための刑事法改正に向けた取組を迅速に進めることが求められております。  

東京都議会 2021-02-17 2021-02-17 令和3年第1回定例会(第1号) 本文

b 地域政党であり、知事一期目の選挙を支援した「自由を守る会」の解党強要は、二元代表制に反するばかりか、結社の自由、政治活動の自由を侵し、刑法強要罪構成要件にも該当するものです。さらに、私を含めて、各党員は著しく精神的苦痛を受けました。この点につき、知事のご所見をお示しください。また、よもや知事の指示によるものとは無いと考えますが、この点についても、ご説明ください。   

東京都議会 2020-10-02 2020-10-02 令和2年厚生委員会 本文

憲法学大林啓吾教授罰則対象となるケースも曖昧、また、複数の都幹部が、構成要件が曖昧で罰則は無理があるというコメントをされております。  これについて、構成要件が曖昧という指摘について私の意見を述べたいと思いますが、例えば傷害罪刑法二百四条傷害罪は、次のような構成要件です。人の身体を傷害した者は十五年以下の懲役または五十万円以下の罰金に処する。非常に広範な規定であります。  

鳥取県議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第4号) 本文

先ほど御紹介がありましたそういうふうなケース構成要件としてこの脅迫罪に当たる可能性があります。つまり、刑事罰を受ける可能性があるということですね。また、そのほかにも、例えば名誉毀損罪ということ、これは230条、それから231条の侮辱罪、さらには233条の業務妨害罪、偽計を用いた業務妨害、こういうものも処罰対象ということになります。

千葉県議会 2020-03-09 令和2年_環境生活警察常任委員会(第1号) 本文 2020.03.09

したがいまして、誤って写真機等を人に向けたような場合には犯罪構成要件を充足しないため、本条例違反には該当いたしません。  以上です。 ◯委員長(中村 実君) 茂呂委員長◯茂呂 剛副委員長 人の下着や身体を撮影するという意図の行為規制対象となるということですので、適正な運用をお願いしたいと思います。  

石川県議会 2019-12-11 令和 元年12月第 5回定例会−12月11日-03号

その上で、法改正に伴いまして従来の強姦罪構成要件が見直されたことを踏まえまして、産婦人科医を初めとする専門科医との協力体制を確立したほか、本年七月からは事情聴取による二次被害を防止するため、被害者の方が希望する性別の捜査員が対応できるよう、女性の性犯罪指定捜査員に加えまして男性を新たに指定し、合計約八十名体制に増強したところでございます。  

香川県議会 2019-11-03 令和元年11月定例会(第3日) 本文

しかし、冒頭の事案のように、人の出入りに制限がある校舎内や会社等の建物内は「公共の場所」に該当しないとして、条例構成要件から外れ、取り締まり対象外となっております。そのため、そうした場所での盗撮の場合、立件が見送られる場合や、条例ではなく軽犯罪法違反等の他法令で検挙する場合もあります。  しかし、その量刑は、条例に比べ相当軽いものになっております。

群馬県議会 2019-10-10 令和 元年第3回定例会農林環境常任委員会(森林環境部関係・農政部関係)−10月10日-01号

◎富田 畜産課長   その部分が、まさしく、ワクチン接種プログラム構成要件の一つとなる。  いつ、どこで、何人が、何頭に接種するのか、ワクチン接種プログラムにおいて、現在、検討しているところである。 ◆橋爪洋介 委員   承知した。いかに早く国から推奨地域指定を受け、いかに早くワクチン接種プログラムを提出し、いかに早くプログラムの確認を受けて了承を得るか。

滋賀県議会 2019-10-01 令和 元年 9月定例会議(第9号〜第15号)−10月01日-05号

消防の統計につきましては、県警察としてコメントする立場にはございませんが、警察の犯罪統計における放火につきましては、刑法第9章に規定する、現住建造物放火罪等各種放火罪延焼罪消火妨害罪構成要件を充足すると証拠上認定された事件について計上しているものでございます。