9463件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2021-04-16 令和 3年農政環境常任委員会( 4月16日)

また、土石流の模型実験として、土を流した際の防災ダム効果や、森林整備による土砂の流出抑止といった勉強ができるものを活用しながら、各地を回ったりいろんなイベントを行って、普及をしている。コロナ関係で去年はできなかったけれども、そういったことを学校関係も含めて引き続きやらせていただきたい。 ○(山口晋平委員)  しっかりそういう模型だったり、あるいは現場を見ていただきたい。

茨城県議会 2021-03-24 令和3年第1回定例会(第9号) 本文 開催日: 2021-03-24

体制強化について、新型コロナウイルス感染症対策について、メンタルヘルス対策について、コロナ差別の防止に向けた取り組みについて、営業戦略関係では、県内地域における工業団地開発等について、日本製鉄株式会社東日本製鉄所鹿島地区高炉休止について、産業戦略関係では、外国人材が安心して働ける環境づくりについて、宇宙ビジネスにチャレンジするベンチャー企業等への支援について、農林水産関係では、森林湖沼環境税と今後の森林整備

宮崎県議会 2021-03-17 03月17日-08号

そのほか、森林資源循環利用実現に向けて、再造林等森林整備の推進や、木育など、木材を利用する意義についての普及啓発人材確保育成についても規定をしております。 この条例を契機として、県産木材を利用する機運が高まり、森林の有する多面的機能発揮、脱炭素社会実現及び持続可能な循環型社会の構築につながることを期待するものであります。 

兵庫県議会 2021-03-11 令和 3年度予算特別委員会・速報版(第7日 3月11日)

実施計画では、工場・下水処理場からの栄養塩供給、ため池のかいぼり、環境配慮型防波堤の採用、森林整備などの施策を連携し推進しているところである。  さらに、漁業関係者企業、国や沿岸市町などから構成される湾灘協議会環境審議会で毎年進捗状況の点検・評価を行い、実施計画を見直し持続的改善を図っている。  今国会で瀬戸内法が改正され、県知事が栄養塩管理計画を策定できる制度が創設される予定である。

大分県議会 2021-03-11 03月11日-08号

今後も県民の安全・安心な暮らしを守るため、森林整備治山施設整備による災害に強い森林(もり)づくりを進めていきます。 ○嶋幸一議長 井上明夫君。 ◆井上明夫議員 いろいろな対策のお話があったところですが、急傾斜地に広葉樹を植えるということでありますが、平成3年の台風19号のときも風による倒木という大規模な森林災害で、これは山地災害というより倒木が主でした。

茨城県議会 2021-03-09 令和3年第1回定例会(第6号) 本文 開催日: 2021-03-09

そこで、森林整備による二酸化炭素吸収と固定が重要であるとするカーボンニュートラルの視点を踏まえ、人工林の主伐・再造林と県産木材需要拡大による森林資源循環利用をどのように推進していくのか、農林水産部長に伺います。  次に、医療従事者への支援について伺います。  

大分県議会 2021-03-08 03月08日-05号

この流域治水プロジェクトには、森林分野施策として、森林整備治山対策など、水源涵養機能等発揮に向けた施策を盛り込む予定です。 今後は、この協議会において、短期、中期、長期にわたる様々な施策進捗状況をフォローアップするとともに、新たな技術や知見も取り入れながら、治水対策に取り組んでいきます。 3点目、日田-阿蘇間の道路整備についてお答えします。 

宮城県議会 2021-03-04 03月04日-07号

このため県では、間伐・再造林などの森林整備治山対策計画的に推進しているほか、平成二十八年にガイドラインを策定し環境に配慮した皆伐施業の普及に取り組んでおります。今後ともこうした取組を通じて自然災害に強い健全な森林育成保全に努めてまいります。 以上でございます。 ○副議長齋藤正美君) 一番金田もとる君。 ◆一番(金田もとる君) それぞれ御答弁ありがとうございました。 

愛媛県議会 2021-03-04 令和 3年第373回定例会(第4号 3月 4日)

森林所有者の特定など困難な問題もあると思いますが、今後、県内でも、本格的に新たな森林管理システムによる森林整備が進んでいくものと期待しております。  そこで、お伺いします。  新たな森林管理システムの運用をどう支援し、林業成長産業化森林資源適正管理につなげていくのか、お聞かせください。  次に、四国遍路世界遺産登録に向けた取組についてお伺いします。  

奈良県議会 2021-03-03 03月03日-02号

市町村は、このゾーニング図を基に、森林法に基づく市町村森林整備計画を策定することになっており、県は、森林法及び条例に基づき、その内容を確認することになっております。 また、本年4月に開校いたします奈良県フォレスターアカデミーでございますが、入学定員をおおむね20人といたしましたところ、22人が試験に合格していただきました。

宮崎県議会 2021-03-02 03月02日-05号

環境森林部長佐野詔藏君) 温室効果ガス排出量を実質ゼロとするため、県では、引き続き、エネルギー使用量の多い事業者への温室効果ガス排出量の報告の義務づけや、太陽光、小水力発電等再生可能エネルギー導入拡大に取り組みますとともに、森林吸収量確保するため、除間伐などの森林整備によるCO2吸収機能の高い森林づくりを進めることといたしております。