4107件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井県議会 2020-12-18 令和2年予算決算特別委員会 本文 2020-12-18

もちろん燃料サイクルも進めつつであるが、やはり、今ある発電所をどう安全性を担保するのか、また、トータルに新しい技術をどう取り入れていくのか、こういったところを含めて、長い目で見て原子力、ソフトもハードも含めて安全にどう運営していくのかといったことを主眼に置きながら、これから検討していく必要があると考えている。

福井県議会 2020-12-11 令和2年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 2020-12-11

34 ◯笹岡委員  使用済燃料中間貯蔵施設についてお伺いする。  知事関西電力に対して、県外使用済燃料中間貯蔵施設候補地年内に示すことを強く求められている。再稼働前提条件だというふうに強く設定されているということであり、関西電力年内に示す約束を果たそうというふうに答えている。

福井県議会 2020-12-02 令和2年第413回定例会(第2号 代表質問) 本文 2020-12-02

私は、国の総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員もさせていただいておりますので、委員会が開かれるごとに燃料サイクルの問題、それから新増設、リプレース、こういったような課題に正面から取り組んで、エネルギー自給率の観点からも準国産エネルギーである原子力発電についての方向性を明示すべきだというふうに申し上げているところでございます。  

茨城県議会 2020-10-21 令和2年決算特別委員会  本文 開催日: 2020-10-21

上から3つ目,No.3の電源立地促進対策事業につきまして,前年度決算額と比較して,2,886万1,000円の増となっておりますが,その理由といたしましては,契約電力実績の増及び燃料等取扱税増等により,給付金がふえたことによるものでございます。  事業の成果及び今後の課題につきましては,先ほど御説明いたしましたとおりでございます。  以上が,政策調整課関係でございます。  

福井県議会 2020-10-14 令和2年予算決算特別委員会 本文 2020-10-14

一方、燃料税については、価格割の減により約11億円の減となった。次に、県税収入率は過去最高の99%となり、前年度と比べ0.1ポイント増となった。  6ページをお開き願う。科目別調定収入状況である。内容記載のとおりである。  7ページをお開き願う。県税収入額構成比及び過去の推移のグラフである。内容記載のとおりである。  8ページをお開き願う。一般会計歳出目的別決算状況である。  

青森県議会 2020-10-08 令和2年第303回定例会(第7号)  本文 開催日: 2020-10-08

三村知事は、国に対して、燃料サイクル協議会開催を要請し、国は開催を準備しています。これらの機器を整備する前に、まずは国の原子力、そして燃料サイクル政策の基本的な考え方を再確認すべきと考えます。  東北電力東通原発は、いまだに横浜断層基準地震動の問題を抱え、既に新規制基準適合性審査から六年が経過しております。

福井県議会 2020-10-07 令和2年第412回定例会(第5号 閉会日) 本文 2020-10-07

この法律はもともと際限なき原発推進、つまり原発増設燃料サイクル推進を狙いとしておりますが、御承知のように福島原発事故は、それまでの政府や電力会社の「日本原発は安全」、「原発はコストパフォーマンスが高い」などの神話を打ち砕きました。高速増殖炉もんじゅ」の破綻燃料サイクル破綻にほかなりません。原発推進に国民の支持は得られないのが現状です。  

青森県議会 2020-10-07 令和2年原子力・エネルギー対策特別委員会 本文 開催日: 2020-10-07

経済産業省資源エネルギー庁電力ガス事業部河野太志原子力立地燃料サイクル産業課長です。  同じく、電力ガス事業部那須良放射性廃棄物対策課長です。  次に、原子力規制庁原子力規制部燃料施設審査部門古作泰雄企画調査官です。  同じく、原子力規制部地震津波審査部門小山田巧安全規制調整官です。  

青森県議会 2020-10-07 令和2年原子力・エネルギー対策特別委員会 名簿 開催日: 2020-10-07

      長     坂本 敏昭             参      事     笹山  斉            [エネルギー総合対策局]             局      長     若木 憲悟             原子力立地対策課長    藤田 裕士        参考人 [経済産業省]             資源エネルギー庁電力ガス事業部             原子力立地燃料

千葉県議会 2020-10-05 令和2年_商工労働常任委員会(第1号) 本文 2020.10.05

─────────────────────────────        六ヶ所再処理工場稼働中止燃料サイクル政策の破棄を求める意見書(案)        関係 ◯委員長伊豆倉雄太君) 次に、意見書が1件提出されておりますので、御協議を願います。  意見書の文案はお手元に配付してあります。

新潟県議会 2020-10-01 10月01日-代表質問-02号

次に、柏崎刈羽原発6、7号機の使用済燃料プールはほとんど余裕がない状況にあることから、東京電力はこの先の6、7号機の再稼働を見据え、6号機の使用済燃料の一部を3号機のプールへ移動させ、今後も7号機から2号機への号機間輸送を行うとしています。 これについて原子力規制庁は問題ないとの見解を示していますが、号機間輸送移動先が安全な号機であることが大前提でなければなりません。