235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2027-09-30 09月30日-08号

令和 年 月 日      熊本県議会議長 井 手 順 雄衆議院議長       大 島 理 森 様参議院議長       山 東 昭 子 様内閣総理大臣      安 倍 晋 三 様財務大臣        麻 生 太 郎 様農林水産大臣      江 藤   拓 様  ―――――――――――――――――議員提出議案第6号   核兵器禁止条約への参加を求める意見書 上記の議案を、別紙のとおり熊本県議会会議規則

群馬県議会 2020-03-26 令和 2年 第1回 定例会−03月26日-付録

 果   │参 考        │ │  │                                │      │           │ │  │                                │      │           │ ├──┼────────────────────────────────┼──────┼───────────┤ │2  │日本政府核兵器禁止条約

群馬県議会 2020-03-26 令和 2年 第1回 定例会−03月26日-08号

──────────────────────────              閉会中継続審査(調査)特定事件申出書 総務企画常任委員会  第2号 日本政府核兵器禁止条約参加・調印・批准を求める意見書提出に関する請願  第3号 日米地位協定の抜本的改定を求める意見書を国に提出することを求める請願  第4号 「憲法9条改憲国会『発議』を行わない」意見書採択を求める請願  1 自主財源の伸長について

神奈川県議会 2020-03-25 03月25日-09号

町田市の境界変更について   定県第 44 号議案 境界変更に伴う財産処分に関する協議について   定県第 45 号議案 包括外部監査契約締結について   定県第 46 号議案 地方独立行政法人神奈川県病院機構中期計画の認可について   定県第 47 号議案 令和2年度神奈川県一般会計補正予算(第1号)第2 定県第 180号議案 令和元年度神奈川県一般会計補正予算(第9号)第3 請願第12号 「核兵器禁止条約

福島県議会 2020-03-19 03月19日-委員長報告~閉会-10号

せて示すことを求める意見書、同第27号トリチウム水の処分方法について慎重な判断を求める意見書、同第28号汚染水の海洋放出を行わず、当面地上保管を継続しながら国の責任で世界の英知を結集し根本的な解決を図ることを求める意見書、同第29号憲法が掲げる平和主義の理念の堅持を求める意見書、同第30号憲法第9条の改定に反対する意見書、同第31号台風等の自然災害における被災者支援の充実を求める意見書、同第32号核兵器禁止条約

群馬県議会 2020-03-18 令和 2年 第1回 定例会−03月18日-07号

               名       │区   分    │意      見  │ │号│                        ├──┬───┬──┤          │ │ │                        │採択│不採択│継続│          │ ├─┼────────────────────────┼──┼───┼──┼──────────┤ │ 2│日本政府核兵器禁止条約

群馬県議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会総務企画常任委員会(企画部関係)-03月10日-01号

◎延命 企画課長   (第2号「日本政府核兵器禁止条約参加・調印・批准を求める意見書提出に関する請願」について説明した。) ○井下泰伸 委員長   説明は終わりました。  第2号の取扱いについて、いかがいたしましょうか。  (「継続」の声あり。)  それでは、挙手により賛否を問います。  継続に賛成の委員は挙手願います。  (挙手多数)  挙手多数であります。  

埼玉県議会 2020-02-01 03月02日-05号

二〇一七年、国連で画期的な核兵器禁止条約が採択されました。今年は被爆七十五年です。核不拡散条約再検討会議も開かれます。埼玉県では、これまでも被爆者援護や原発死没者の慰霊に一貫して取り組み、前知事も多くの首長とともに、核兵器禁止を求める「ヒバクシャ国際署名」に協力してきました。七十五年という節目の年に当たり、核兵器禁止条約の意義について、知事の見解をお示しください。 

山梨県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会(第7号) 本文

記  一 事件   1 請願 核兵器禁止条約日本政府署名批准を求める意見書採択について   2 請願 国に対し「消費税率五%への引き下げを求める意見書」の提出を求めることについて   3 請願 選択的夫婦別姓の導入など、一日も早い民法改正を求める意見書を国へ提出することについて   4 請願 「桜を見る会」の疑惑解明のため徹底審議を求める意見を提出することを要望することについて   5 総合計画

奈良県議会 2020-02-01 03月09日-06号

七月の国連総会では、核兵器禁止条約が百二十二カ国の賛成で可決され、五十カ国が批准すればその条約が発動されます。現在、三十五カ国が批准し、あと十五カ国に迫ってまいりました。年内には五十カ国に届くだろうと言われております。実行されれば、核兵器使用はもちろん、持つこともつくることも全てが禁止されることになります。人類の危機から抜け出すことができます。 

神奈川県議会 2019-12-18 12月18日-16号

政務活動費の指針」を見直し、証拠書類に使用した議員名を記載することを求める請願   請願第3号 県議会ホームページで神奈川県議会政務活動費の領収書等の公開を求める請願   請願第8号 政務活動費の支出伝票の閲覧の改善を求める請願   請願第10号 肢体不自由児者及び医療的ケアを必要とする障がい児者への支援の充実を求める請願   請願第11号 精神障害医療費助成についての請願   請願第12号 「核兵器禁止条約

群馬県議会 2019-12-16 令和 元年 第3回 定例会−12月16日-付録

──────┴──────┘ 【参考】後期定例会に継続された請願                総務企画常任委員会 ┌───┬────────────────────────────────────┐ │番号 │件          名                        │ ├───┼────────────────────────────────────┤ │   2│日本政府核兵器禁止条約

群馬県議会 2019-12-16 令和 元年 第3回 定例会−12月16日-12号

               名       │区   分    │意      見  │ │  │                        ├──┬───┬──┤          │ │  │                        │採択│不採択│継続│          │ ├──┼────────────────────────┼──┼───┼──┼──────────┤ │  2│日本政府核兵器禁止条約

福島県議会 2019-12-16 12月16日-一般質問及び質疑(代表)-04号

世界の流れに逆らい、唯一の戦争被爆日本核兵器禁止条約署名せず、マドリードで開催されましたCOP25で日本は開会中2回も不名誉な化石賞を受けました。さらに、ことし10月からの消費税10%増税による影響は深刻で、どの経済指標を見ても悪化しています。 憲法平和、暮らし、民主主義、そして地方をも壊す安倍政権の暴走政治から県政が県民の命と暮らしを守る防波堤となるよう求めまして、以下質問に入ります。 

岡山県議会 2019-12-06 12月06日-03号

2017年,国連に加盟する122カ国の賛成で,核兵器禁止条約が採択されました。その発効に向け,現在,34カ国が批准しています。来春4月に,国連でNPT再検討会議が開かれます。そのときに合わせて,「核兵器廃絶,気候危機の阻止と反転,社会的,経済正義のために」と題して,アメリカ運動団体が呼びかけた原水爆禁止世界大会が行われます。

群馬県議会 2019-12-06 令和 元年第3回定例会総務企画常任委員会(企画部関係)−12月06日-01号

◎延命 企画課長   (第2号「日本政府核兵器禁止条約参加・調印・批准を求める意見書提出に関する請願」について説明した。) ○井下泰伸 委員長   説明は終わりました。  第2号の取扱いについて、いかがいたしましょうか。  (「継続」の声あり。)  それでは、挙手により賛否を問います。  継続に賛成の委員は挙手願います。  (挙手多数)  挙手多数であります。  

神奈川県議会 2019-12-05 12月05日-15号

市負担金について   定県第 142号議案 神奈川県道路公社の有料道路整備事業計画変更に対する同意について   定県第 143号議案 当せん金付証票の発売について   定県第 144号議案 地方独立行政法人神奈川県病院機構中期目標第3 請願第10号 肢体不自由児者及び医療的ケアを必要とする障がい児者への支援の充実を求める請願   請願第11号 精神障害医療費助成についての請願   請願第12号 「核兵器禁止条約

滋賀県議会 2019-12-03 令和 元年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月03日-02号

軍縮枠組みの崩壊危機が叫ばれる今、ぜひとも、唯一の被爆国として、率先して核兵器禁止条約への批准を進めていただきたいと考えます。まさに桜を見ている場合ではありません。  滋賀県においては、三日月県政も2期目、6年目に入り、今年度から新しい基本構想もスタートしました。  

山形県議会 2019-12-01 12月06日-02号

世界で唯一の被爆国である我が国が、米国に追従する余り、核兵器廃絶決議案は提出しているものの核兵器禁止条約には反対、批准すらされていないことを踏まえ、痛烈に批判されたものと思っております。 フランシスコ教皇は次のような言葉を残しております。「勇気が必要なのは闘うためであり、必ずしも勝つためではありません。勇気が必要なのは、意見をまくし立てて攻撃的になることなく、別の道を見つけるためです。